2019年12月03日

黄冬雲便りNo.3:黄落

今月は「黄冬雲便り」として記事を書いていますが、黄色い冬の読み方は「おうとう」で旧暦12月の異名になります。おうとう…音だけきくと「黄桃」を連想してしまう私です〜白桃より黄桃が好きなので(笑)




冬菊の黄色ばかりが絡みあふ



横山房子(よこやまふさこ:1915~2007)さんの俳句です。紫の菊は秋で黄色は冬のイメージがなんとなくあるかな〜大輪の菊もあれば小菊もありますが、絡み合っているということは、手入れも不十分な野菊なんでしょうか?



赤く色づく葉は艶やかですが、冬の陽を浴びて黄金色に輝く葉も美しい。そう言えば、敷き紅葉とか散り紅葉とかあるけれど、散り黄葉とかは聞いたことがないな〜と公園横の歩道にハラハラどうだった舞い散ったイチョウの葉を見て思いました。


「黄落」という木の葉や果実が黄色に色づいて落ちることをいう秋の季語がありますが、読み方が「こうらく」と「おうらく」とあるようで……私は前者で三遊亭好楽師匠を思い浮かべます。お後がよろしいようで……!?



【黄落の俳句】
http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?ids=19961112,19971116,19971130,20001103,20001126,20011022,20021202,20041123&tit=%89%A9%97%8E&tit2=%8BG%8C%EA%82%AA%89%A9%97%8E%82%CC




rohengram799 at 20:10コメント(4) |  

コメント一欄

1. Posted by さち   2019年12月03日 21:10
冬の黄金色に輝く落ち葉といえば、今や、あのシーンしか浮かばない私です。
「ヴィクトリアン・レディーのための…」試し読みして先が気になったので、図書館で予約してしまいました。「いるのいないの」はやめた方がいいですかねえ(;^_^A
2. Posted by オスカー   2019年12月03日 23:51
さち様
あの場面はスロー映像で何回も見たいです💕
「いるのいないの」は小さい頃の恐怖心がよみがえります〜怪談えほんシリーズはどれもゾワゾワします。「ちょうつがい きいきい」とかも ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル …… ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ な絵本でした。
3. Posted by 猫ムスメ   2019年12月04日 09:17
奇遇にも好楽師匠の息子さんが三遊亭王楽(おうらく)ですね(^^)
イケメン落語家として人気で私の知人マダムに熱狂的なファンがいます(^_^;)

こうらくとおうらく、2人でなにかしらのネタに出来そうですね♪
4. Posted by オスカー   2019年12月04日 10:38
猫ムスメ様
王楽さんのことは知らなかったので検索してブログを読んできました〜確かにイケメン✨ 黄色い声援を浴びそう(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ