2019年12月20日

黄冬雲便りNo.18:音読と朗読

長男が高校時代に使っていた現国の教科書に中島敦の『山月記』が載っていて、おお、懐かしい〜!と女学生の気分に戻って声を出して読んでいたところ………「おかーさんのは音読で朗読じゃないから、うるさい」とダンナさんに言われてしまいました………滑舌の悪いワタクシ、日常生活でも誰かと会話をする機会が少ないので、声を出してみようかと思ったのに( o´ェ`o)


そして疑問に思ったことが……音読と朗読の違いはなんだ(´・ω・`)? 丁寧に文科省が教えてくれましたわ。そうなのか……とわかったフリをする (゜゜;)\(--;)


https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/002/007.htm




甲府駅からちょっと歩くのだけれど「朗月堂」という本屋さんがありました。実家近くの本屋さんとそこよりは少し大きい隣の市にあった本屋さん(塩山駅近くに2軒あった)、甲府のデパート内の書店しか知らなかった私には、このいかにも「書店」な雰囲気にはぁ〜!となったものでした。朗月堂はなんと明治35年(1902年)に創業でした。知らなかった!


ブックカバーもグレーでローマ字で書かれた店名にまたまたほぉ〜!となった中高生の私がいました。この店にいくと「宝塚グラフ」とかも置いてあったのです(笑)


その後、兄が進学で東京でひとり暮らしを始めたこともあり、田舎の子は鈍行で新宿へ……紀伊国屋に行き、また神保町に行くことを覚えてしまいました〜ついでに同人誌を買うことも覚えた!


「朗」の意味もついでに調べました。

https://www.47news.jp/17335.html


朗月は明るく澄みきった月の意味なんですね〜本は悩み大き暗闇の日々を明るく澄みきった月のように光をもたらして存在なのかも。




rohengram799 at 00:00│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2019年12月20日 21:30
中学生の時「朗(あきら)先生」がいて、「明朗会計の朗だ!」とドヤ顔でいつも言っていたのを思い出しました(^_^;)
2. Posted by オスカー   2019年12月21日 07:50
猫ムスメ様
「明朗会計」という言葉、文字に反してなんかピンク系の繁華街のイメージがつきまとうのはなぜでしょう(^。^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ