2020年02月17日

花春雲便りNo.16:女ひとり

♪京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり〜


高校の修学旅行(11月)で 大原・三千院に行きましたが、あまり記憶に残っていないのが残念…! そしてこの歌のタイトルが『女ひとり』だと知った時には「は?」と思いました。もう少し洒落たタイトルがついていると思っていました。下記ブログ記事の米欄も興味深いです。「水面」は「みなも」以外に読み方なんかないだろ?と思っていましたが「みずも」と歌っていた…!? にはショーゲキでしたわ。


【女ひとり 二木紘三のうた物語】

http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/08/post_33f4.html



この歌を思い出したのは、京都にこんな場所があるなんて〜!と驚いたので……いや、京都らしいのかしらん? お酒は飲めませんが、このブログ記事に写真がたくさんあるので、その雰囲気だけでも酔える気がします(笑)


【歴史ある禅寺の中にある雰囲気抜群の隠れ家 Bar!閑臥庵@京都】

https://stressless.exblog.jp/238724667/



皆さま、今週も「ご安全に!」 (*・ω・)ノ



rohengram799 at 10:45コメント(2) |  

コメント一欄

1. Posted by 猫ムスメ   2020年02月18日 15:24
いやぁ〜このBARは穴場中の穴場じゃないでしょうか(><) 素晴らしすぎますよ。
こんな静謐な雰囲気の中で一度飲んでみたい…酒飲みなら誰もが憧れるのでは?

カクテルが美味しくないというのがまたいいですね(笑)
2. Posted by オスカー   2020年02月18日 18:34
猫ムスメ様
行ってみたいですよね〜! 京都のタクシー運転手さんのブログを読みましたが、ただでさえ閑散期なのにコロナウィルスが加わり、あちこちガラガラ状態らしいです。マナーの悪い観光客は減ってかまいませんけど、ある程度の賑わいは欲しいですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ