2020年03月18日

花春雲便りNo.21:金色姫 と おかいこさん

3/15(日)の読売新聞に載っていた『養蚕と蚕神』の書評がありました。


【昭和初期、220万戸あった日本の養蚕農家はすでに300戸を下回る。女性たちは時に背や腹で温めて卵を孵(かえ)し、素手で桑の葉を与え、「お蚕様」が繭にこもるまで、ひと月に及ぶ家内労働を繰り返した。】


おかいこさんを背や腹で温めるぅ〜!? Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ! ムリムリ〜 想像したくない……ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!


【養蚕と蚕神】
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_76642644/



「金色姫」の伝説も初めて知りました。こちらもなんかスゴい物語(´・ω・`; )

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/33744/entry-10487281975.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAfGKrYH4yrm5ArABIA%253D%253D


本の中では

【〈金色姫の受苦の多い辛い生涯が、彼女たちが身体感覚を接近させ育てた弱い生命体・蚕の生涯と共に密に連動していたからであり、蚕の死に対峙する場面において、その死を受け入れるための一つの物語が必要であった〉。また、〈養蚕農家の女性たちによって身体感覚から誘発されることによって繰り返し立ち現れる女神〉だったからこそ、安産や厄除け、救済や豊作まで願いを集めたことを例証していく。】


と、女性たちにこの俗信が強く受け入れられた理由を推察していました。皇室行事にもなっている養蚕、美智子さまから雅子さまへきちんと受け継がれたでしょうか? ちょっと気になる……(´-ω-`)



あと「蠶 」は「 蚕」の旧字体なんですね。今まで見たことがない漢字のひとつかも。

https://okjiten.jp/sp/kanji1009.html


rohengram799 at 12:10│Comments(2)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2020年03月18日 13:27
子供の頃、うちでお蚕さんを育てたことがあります。背や腹で温める…は無理ですね(><) 幼虫になった時の事を考えるとヒィーっです。

今も「桑」の付く地名って日本中に沢山ありますよね。千葉にも匝瑳市の山桑、八千代市の桑橋・桑納などがあります。そういう地名を目にすると、もしかしてこのあたりは養蚕で栄えたのかな? なんて思います。
2. Posted by オスカー   2020年03月18日 16:40
猫ムスメ様
北海道にも桑園という地名があって、やはり養蚕が盛んだったそうです。北海道でおかいこさん、ってちょっとイメージがわきませんが、桑の新芽はテンプラ揚げにすると桑のふわっとした香りが口の中に広がり美味で、桑の葉のお茶も健康に良かったらしいです。桑の実は食べたことがあるけど、新芽の天ぷらはなかった…食べてみたい😋

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ