2021年11月19日

霜秋雲便りNo.9:別式女 詰め合わせ その2

「秋曇・秋陰(しゅういん)」は秋の曇った天気のことですが、今日も晴れています。霜秋も秋の季語なので、今月のタイトルに使っています。ではでは「別式女」ほかごちゃまぜの備忘録記事をどうぞ(о´∀`о)


【オートミール】
今はいろんな商品が売られているけれど、やっぱり苦手。美味しく食べようと工夫が出来る人はスゴい🍴
https://www.pixiv.net/artworks/88263192

【パスポート】
今年度の成田空港はスゴい赤字らしい……まぁそうだろうなぁ。私は飛行機を利用するような旅行はしないけれど。第一、パスポートがない( ̄0 ̄;) パスポートは5色もあるのですね。知らなかった!
https://tabizine.jp/2019/02/20/238164/

森村誠一さんの昔の作品に「虹への旅行券(パスポート)」という小説があるけれど、最近「二次(創作)へのパスポート」と脳内変換されるようになってしまった!

【慫慂】
ショウヨウと読む。他人がその行為をするように強く勧めることを意味する。「慫」も「慂」も「すすめる」という意味らしい。「そうすることがあなたのためである」というニュアンスを含む……強要より控え目なのかしら……自発的にそうするように仕向けているのか? まぁ使うことのない言葉ですな。

【別式女】
べっしきめ……時代小説を読むと知らない言葉が出てくるものだが、これも初耳。
https://gamp.ameblo.jp/genshijin3/entry-12467923532.html

【破蕾】
沖方 丁が書いた連作短編集小説のタイトル。文庫化にあたりペンネームを公募したらしい。シュリンク包装されていたことから内容は推して知るべし! 私には官能小説というよりSM小説擬きに感じてしまった。
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784065257883

破蕾について、植物のブログ記事にあったのですが
「蕾が大きくなって上面を覆っている薄い膜(甘皮)が破れて,いよいよ花弁の色が見え始める直前を破蕾」というそうです。咲くまでにはこれからまだまだ時間がかかります。

【アナリストと評論家の違い】
評論家は文句をつけるのが仕事……?
http://www.st39.net/yokuwakaru-chigai/z0442.html

【花換え祭り】
桜の花(枝)を交換して気持ちを伝えるとはロマンチック(ノ´∀`*)
http://kanegasakigu.jp/hanakae/



その3……あります(笑)



rohengram799 at 14:35│Comments(2)詰め合わせ 

この記事へのコメント

1. Posted by イネス   2021年11月30日 10:51
『破蕾』は表紙の絵が綺麗だったのと、帯の『まさか官能小説で泣くなんて!』という文に惹かれて読みましたが…あまりピンときませんでした💦SMプレイに関心ないせいか?(SとMの関係性については興味深いなと思う)
けど『香華灯明、地獄の道連れ』の筋運びは鮮やか。
2. Posted by オスカー   2021年11月30日 18:29
イネス様
あの帯の文章には「どこで泣いたか教えてくれ〜!」と言いたいです。そういうタイプの作品には思えなかったので。捕縛アレコレは興味深かったですが、なんか消化不良な感覚が(;´∀`)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ