2021年07月08日

細蟹雲便りNo.9:忘れていいの…… ?

「キンカンナマナマ」という金沢弁があるとか。雪道がかたく凍ってツルツルになっている状態のことで、金柑の皮は新鮮であればあるほど表面がつるつるしていることから 「金柑生生」になったらしい。ツルツルしているものって他にもあるような気がするけど、雪に太陽の光が反射するとキラキラまぶしいので、そのあたりも含まれているのかな?

もともと「踏み固められた新雪」だった「キンカンナマナマ」という話もありましたが、使うのは80代以上の方が多いようです。新しく生まれる言葉もあれば、知らぬ間に消えていくものもたくさんあるのでしょうね。



さてさて……タイトルの「忘れていいの」は小川知子さんと谷村新司さんの歌の話ではありません(^_^;)

https://sp.uta-net.com/movie/66145/


買い物に出かけて必ず1つは買い忘れがあるこの頃……杉山平一さんの『生』という詩を知りました。



ものをとりに部屋へ入って

何をとりにきたか忘れて

もどることがある

もどる途中でハタと

思い出すことがあるが

そのときはすばらしい



身体がさきにこの世へ出てきて

しまったのである

その用事は何であったか

いつの日か思い当るときのある人は

幸福である



思い出せぬまま

僕はすごすごあの世へもどる



忘れてもいつか思い出す……いつか、は人によりけり何でしょうけれど、思い出した時には心身が一体化して自分が考えている以上に「生きている」実感があるのかも? いろんな大切なものを置き忘れたことに気がついて、それを取り戻すためにまた人は生まれて来るんでしょうかねぇ?



「一月十七日暁闇」という作品もありました。

https://www.artm.pref.hyogo.jp/bungaku/jousetsu/book/b4553/


”イギリスの放送は
神戸とは神の戸口の意味だと解説した
見るがよい
戸口には早くも光が見えてくる”


神戸ルミナリエを思い浮かべました。

https://www.kobe-luminarie.jp/



rohengram799 at 18:30│Comments(2)わたしにできること 

この記事へのコメント

1. Posted by さち   2021年07月09日 07:49
おはようございます。
今年はルミナリエは中止か~と行ったことも無い癖に思いました。平常でも、あの人混みに行く気はしません(-_-;)

ところで、シャム猫ココシリーズ『猫は手がかりを読む』を読み始めました。
その中に、「ベッドを置いたアルコーヴのある居間」というのがあって、「アルコーヴ」って何だ? と思い調べました。
https://suvaco.jp/doc/alcovebed-160808
素敵なので、SSで彼の部屋に設置しちゃいました(*^^)v
2. Posted by オスカー   2021年07月10日 06:58
さち様
>アルコーヴ
目にしても読み流していたような横文字(^_^;) 今回私も勉強になりました。うん、いいですね〜素敵!
ルミナリエは本来の意味から遠く離れてしまったような気がしますが、どんな時でも「光輝くもの」は心の支えになると思います✨

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ