2021年07月26日

細蟹雲便りNo.23:恋しくて

村上春樹氏翻訳アンソロジー『恋しくて』を読み始めました。

https://bookmeter.com/books/6997179


彼の訳がうまいのかどうかはよくわからないのですが、おかしな日本語にはなっていないと思います(笑)


「恋しくて」というとBEGINの歌を思い出します。まだお昼にメロドラマ枠があった時代に『新金色夜叉 百年の恋』という作品があって、主題歌だったのですが、新聞のテレビに関する投書欄に「歌が暗すぎてドラマに合わない」みたいな意見があったのも思い出しました。

https://sp.uta-net.com/song/1797/


本つながりで、昨日の読売新聞の書評欄で見つけた『うん古典』! いやぁ、 興味深いです! 読みたい!

https://www.shinchosha.co.jp/book/335094/


*****


オリンピックで着物が登場することはないのでしょうか? 櫛かんざし美術館のブログ記事で、着物を洋服にリメイクした写真を見て思いました。

https://ameblo.jp/kusikanzasi/entry-12687345570.html


かんざしで検索していた時に、Wikipediaに

「江戸の力士の中には話題性を狙って遊女のように二枚の櫛を身につけていた変わり種もいたという。」

とあって、うわぁ(o゚Д゚ノ)ノ となりました。絵草紙とかあったら見たい(笑)


かんざしに恋文……とか色っぽい話を見つけたいものです( 〃▽〃)


【櫛かんざし美術館】
http://kushikanzashi.jp/

【古都奈良かんざし美術館】
https://par-ple.jp/outing/20190226_osampo19/


この記事へのコメント

1. Posted by さち   2021年07月26日 10:58
「恋しくて」聴きました🎵そんなに暗いですかね?どんなドラマだったか知らないので何とも言えませんが。
「冬の花」とか、もっと暗い歌聴いた後だからでしょうか(;^ω^)

「シャム猫ココ」シリーズ三冊目読み始めました📖 どの本も年季が入っていて味わい深いです。
2. Posted by ミューちゃん   2021年07月26日 16:37
オスカーさん、こんにちは
昨日、ワクチンの2回目の接種に行って来て、今朝は副反応なのか熱がちょっと上がりまして、解熱剤を飲んで、今に至ります。頭が少しボッーとしてますね

BEGINは僕の中では、「涙そうそう」「しまちゅ」のイメージが強いですね。また、さんまさんの無茶ぶりで27時間テレビ内で「笑顔のまんま」を作ったんですよね(笑)
3. Posted by オスカー   2021年07月26日 20:18
さち様
私もドラマはうろ覚えなんですか(あんまり面白くなかったんだと思う)その前のドラマが『ラストダンス』というヤツで、コチラの方が好きでした😳
主題歌は倍賞千恵子さんが歌う♪ラストダンスは私に だったので、私たちの親世代にしたらBEGINの歌はなんかよくわからないメロディだったのかも? 今はメロドラマがないのでつまらないです😧

4. Posted by オスカー   2021年07月26日 20:26
ミューちゃん様
体調はいかがですか? 年代が若い人の方が副反応が強い、とダンナさんも職場で接種した時に言っていました。無理なさらずに休んで下さいね。 私はBEGINを見ると『さよなら人類』を歌っていた「たま」が浮かんできます😅
5. Posted by 猫ムスメ   2021年07月26日 21:40
村上春樹の翻訳と言えば「グレート・ギャツビー」が有名ですよね。
私はたまたま大学の翻訳の授業で原文を読み、その数年後に村上春樹版を読みましたが、すごく読み易いなと思いました。
ただ、原文に忠実でありながらもどこか村上春樹なんですよね(笑)。流石だな〜と思いました。
6. Posted by オスカー   2021年07月27日 08:19
猫ムスメ様
村上春樹さんの翻訳作品は『ティファニーで朝食を』と『ポテトスープが大好きな猫』くらいしか読んでいないような…海外作品を原書で読むって憧れです〜スゴい!今回のアンソロジー、 最後に恋愛甘苦度が★マークで評価されているけれど、自分とは多少ズレがあるかもしれない😅

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ