2021年11月26日

霜秋雲便りNo.16:青い棘 〜 I hear your voice

秋陰や生木に五寸釘のあと 鯉江一童子

なんとも言えない執念、怨念を感じる俳句であります。秋陰という季節(季語)がまた……春でも夏でも冬でもない、秋のくもり空の下で見つけてしまったコレ……((((;゜Д゜))) 作者の名前は「ひとし」と読むのでしょうか? 検索してもわからなかったです。

「あと」といえば傷痕……? 加虐趣味があるわけではありませんが、キズの漢字と意味がコチラ。

瑕 宝石の表面で光るのを妨げる部分。
疵 物の表面で不完全と思われる部分。
傷 体の表面についたケガなどの部分。
創 物や体で刃物などを受けてできた部分。

*****

昨晩は『青い棘のジレンマ』という短編を読みました。タイトルと表紙買い。はじめての作家さんかと思いましたが『スマート泥棒』を読んでいました。

https://colorful.futabanet.jp/list/books/6152c1947765610f32000000

養護教諭の先生との会話場面はちょっと笑いました。

「あの、好きな人を急に嫌いになるってどういうときですか?」
「うーん。相手に幻滅した時かしら」
「幻滅って、例えば?」
「あなたたちくらいの年だったら、しょっちゅうあることだと思うわ。例えば、好きな男の子が意外に体毛が濃かったとか、鼻くそがついてるのを見ちゃったとか、私服がダサかったとか、それくらいですぐ幻滅しちゃうでしょ?」
(P177〜P178)

全体的に楽しい話ではないのだけれど(虐待や離婚とか)この年頃だったらあるだろうな、なクラスでのやり取りなど「青」は「青春」の「アオ」なんだろうな、って思いましたが、この棘はきっと抜けないんだろうな、とも感じるラストでした。枷のようにも思える。

作品の中に出てきた歌です。 もしかしたら創作?と思ったのだけれど、いろいろ疎い私でも聞いたことがある名前が出てきたので、探してみました。コレを聞いて、小説の内容を思い返すとまたなんとも言えない気持ちに。中学生って一番危うい存在なのかも。

【Voice】
https://youtu.be/8wTm9ouWrTo


ではでは皆さま、有意義な週末になりますように ヾ(´ー`)ノ



rohengram799 at 09:45│Comments(6)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by さち   2021年11月29日 22:59
きずという漢字、4つもあるんですね。
最後の「創」は初めピンときませんでしたが、「満身創痍」に使われていると知って納得しました。勉強になります(#^.^#)
2. Posted by オスカー   2021年11月30日 09:10
さち様
「銃創」が一番に浮かんだ私です(´∀`;)
漢字の世界、言葉の世界は奥深くて……妄想の力をかりて学ぶことばかり! 妄想といえば漫画「失恋ショコラティエ」を読んだのですが(3巻まで)コチラに出てくる妄想も面白かったです🍫

3. Posted by イネス   2021年11月30日 10:54
生木に釘、という生々しくも忌まわしくどこか官能的でさえある言葉選び、すごいです。
一読しただけで忘れられなくなる感じ。
4. Posted by さち   2021年11月30日 11:00
「失恋ショコラティエ」読み始めました。
絵も綺麗だし、面白い🎵なかなか一筋縄ではいかない展開ですね。
3巻までゆっくり読みたいです(#^.^#)
5. Posted by オスカー   2021年11月30日 18:31
イネス様
生木はなかなか燃えませんしねぇ……愛憎を俳句にするとこうなるのかも。長い黒髪のスレンダーな美女にカンカン打ち付けてもらいたいです(笑)
6. Posted by オスカー   2021年11月30日 18:42
さち様
お高いチョコレートが食べたくなりますよね(*´∀`)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ