2021年10月21日

鹿茸雲便りNo.22:ワインカラーのときめき 🍷

旧暦十月の異名は神無月……なので『すべての神さまの十月 2』を読んでいます。2017年にも「十月になったから」と前作を読んでいました(笑) サクサクと読みやすい短編集です。

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-90154-1


十月と認識しているはずなのに「今月はボジョレー・ヌーボー騒ぎがないわ」と思っていました……ヾ(・д・`;) 来月でしたね……今月のイベントはハロウィンでしたわ。


熟すまま来世紀まで寝かしおく葡萄酒千本そして恋人


口移されしぬるきワインがひたひたとわれを隈なく発光させる


この前見つけた松平盟子さんの色気のある短歌に酔ってしまった!ということにしておいて下さいませ(;^ω^)

http://petalismos.net/tag/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E7%9B%9F%E5%AD%90


タイトルを「ワインレッドの心」にしようかと思いましたが、すでに過去記事で使っていたのでコチラにしました。懐かしい (*μ_μ)♪

【ワインカラーのときめき】
https://sp.uta-net.com/movie/38605/



rohengram799 at 10:20コメント(2) |  

コメント一欄

1. Posted by イネス   2021年10月22日 10:09
いつものお散歩コースに豊玉媛を祭神とする神社があるのですが、今朝『今はいらっしゃらないのね〜』と思いつつ通ったとこなので、なんだかタイムリーでした(^^)

松平盟子女史の歌…艶っぽくて素敵ですね。
口ずさむと響きのなめらかさにまさに酔いそうです。
2. Posted by オスカー   2021年10月22日 15:02
イネスさま
お散歩コースに神社! 素敵ですね。『神様の御用人』は神様の名前にふりがながないと読めない〜!だったのですが『神さまのいない十月』は童話テイストでホッコリしました。
お耽美テイストの短歌を見つけるのも楽しみのひとつです🎃

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ