noteの記事で「AIのべりすと」というモノを知ったワタクシ!

https://note.com/kazarashi0609/n/nd4c3b20994cc

自分の書いた話が煮詰まってしまってもAIが書いてくれるなんて〜結構細かい設定も出来るようだけれど、ものぐさな私は出てきた画面をほとんど変えることなくチャレンジしてみた(笑) 以下、入力した、ちょっと長い私の駄文。



暑い日に冷房の効いた喫茶店で飲むクリームソーダは美味しい。
「口紅ってどのくらいで使い終わるの?」
アイスコーヒーを注文した人はガムシロもミルクも入れずにのんでいる大人だ。バニラアイスを口に運ぶお子さまな私にそれを聞くのかなぁ。
「なんで?」
ちょっと不機嫌な声が出てしまった。
「サルスベリって百日の紅って書くからさ、なんとなく」
そういえば公園の草むしりのボランティアを始めたと言っていたな。今までサルスベリなんて名前も漢字も知らなかっただろうに。


以下、AI さんが考えてくれた話の続き (*´∀`)


「リップグロスなら二週間とか三週間ぐらいじゃない? ティント系じゃなければそんなもんだと思うけど」
「そっかー。結構持つんだね」
「ちなみにそのグロスどこのブランド?」
「んっとねぇ……。確かキスミーだったと思うよ」
「へぇ~、そうなんだ」
「あ! また私のこと子ども扱いしてる!」
「いや、別にそういうわけでは……」
「わかってますぅ~。どうせ私は中学生ですよぉ~」
唇を突き出して拗ねるフリをする。高校生にもなってこんなことをしたらイタい人認定されてしまうかもしれないが、相手はこの女たらしである。多少あざとくても問題はないはずだ。
「ごめんてば。もうしないから許してよ」
ほらね。少し困ったように眉を下げながら笑っている。イケメンはこれだからずるいのだ。



ほー、こういう展開にするのか! 当然のことながら私が考えていたものとは違うのだけれど面白い〜! そして永遠に終わらない気もする(笑)

ところで「ティント系」の口紅ってナニ? (´∀`;)