2022年04月21日

喜春雲便りNo.16:薔薇🌹と音楽🎻の日々

昨日は穀雨でしたね。昼頃、結構激しい雨になって「酷雨」ではないのか、と思ってしまいました。気温も思ったよりあがらなくて肌寒さを感じました。

* * * * *

バラの名は娘の名ベツテよ狂ひ咲き

作者はスコット沼蘋女……読めない(´・д・`)
調べると「しょうひんじょ」と読むようです。
「蘋」はうきくさ。水面にうかんで生えるの総称らしいです。安定しない生活と気持ちを名前に込めたのでしょうか。

http://myksn94.blog101.fc2.com/blog-entry-661.html

薔薇はベッティーナのことかな? 可愛らしさと艶やかさがありますね。
https://www.ogafarm.co.jp/smartphone/detail.html?id=000000004414


騎士の鞭ふれてこぼるゝライラック

こちらもスコット沼蘋女の作品。花を散らそうとしたのではなくふれてしまった、その結果、ライラックの花がこぼれ落ちるという光景が美しい✨ ライラックについての考察もこちらのブログにありました。コメント欄も読んで、ほー!となります。奥深い世界ですねぇ。

http://hw02.blogspot.com/2010/05/17.html?m=1

* * * * *

【小説の中のクラシック】
http://www.ne.jp/asahi/aquaria/hanging.gardens/music2.html

【漫画の中のクラシック】
http://www.ne.jp/asahi/aquaria/hanging.gardens/manga2.html

* * * * *

タイトルを「薔薇と音楽の日々」にしましたが、私の日常はこの優雅からはかけ離れております……もちろん脳内は別です!

ではでは皆さま、華やかな木曜日をお過ごし下さいませ(*´∀`)ノ




rohengram799 at 08:40│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by さち   2022年04月21日 21:35
ベッティーナといえばオル窓のモーリッツの奥さんが浮かびます。可愛らしさと艶やか、オレンジの色も合っている気がします✨
漫画の中のクラシック、小説より馴染みがあるのはやっぱり絵があるからでしょうか🎶知っている本を見つけると嬉しくなりますね(*´▽`*)
2. Posted by オスカー   2022年04月22日 06:57
さち様
おはようございます。昨晩は【「スウェーデンのモーツァルト」の二つ名で知られる、南ドイツ生まれのヨーゼフ・マルティン・クラウス (1756-1792) 】という記事を見つけてぶはっ!となっていました。クラウス、やはり「ベルばら」の世界と関わりが!? となりました(笑)

3. Posted by イネス   2022年04月23日 13:09
美しい俳句ですね〜特にライラックの歌は、情景が浮かぶようです。騎士といえばサー・ランスロット。凛々しく麗しいサー・ランスロットの鞭に触れてこぼれるライラックは、アストラットの美姫エレインでしょうか。(勝手な妄想😅)
薔薇繋がりで…先日友人の引っ越し祝いを探しに行った園芸店で『アンドレ・グランディエ』という薔薇を見つけて気づいたら買っていました🌹🤣植物育てるの苦手だというのに…頑張って育てます!
4. Posted by オスカー   2022年04月23日 16:56
イネスさま
薔薇の季節がやってきました(*´∀`) 新聞にも京成バラ園の記事が✨ オスカルさまの薔薇を育てている方のブログは読んだことがあるのですが、アンドレ氏や他の方々の薔薇は読んだことがない〜イネスさまの甲斐甲斐しいお世話でどんな素敵な成長を遂げるのか、とても楽しみです(*´▽`*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ