2022年07月24日

天涼雲便りNo.11:50周年🎉

「知的腕力とは、その人にしかない自分の言葉を持つということ。」


どこで見つけた言葉なのか、保存されていた「知的腕力」という文武両道みたいなヤツ。自分の言葉って難しい。そこにある重みをちゃんと理解しているオトナ出どころありたいと思うのですが「痴的腕力」ならソコソコあるかなぁ、と考えてしまう時点でダメ人間決定(。•́︿•̀。)!


さてさて、今年は『ベルサイユのばら』50周年ということで、作者の池田理代子先生もインタビューなどでお忙しくされているようです。ブログを読んだらダンナさまがこんなことを書かれていました。

………
ベルばらの華やかさばかりが世間のイメージですが、この50年の間、理代子さんがどんなに苦しんだり辛い思いをしてきたりしたか、彼女の高校時代の親友だけはずっと見守っていて理解してくれているようで、それが、何よりの慰めだそうです。
そうそう、ベルばらの連載時代何万通ともらったファンレターの中に、一通、こういうのがあったそうです。
「あなたという女がこの世にいるだけで目障りだ。あなたがこの先落ちぶれていくのを、私は見届けてやりたい」

理代子さんは今年後期高齢者になりますが、これ書いてよこした人は、今どうしているのでしょうね。
老いることは、決して落ちぶれることではありませんし、少なくとも私がいる限り、彼女のことは守っていくつもりです。

http://baramyu-manatsu.sblo.jp/s/article/189689928.html


わざわざこんな手紙を書いて送った人ってなんでしょうねぇ……男性なのかなぁ?



明日はジャンプの発売日。『HUNTER×HUNTER』が再開する時は本当に来るのだろーか? ほとんど読み飛ばしているのだけれど、最近は『あかね噺』を読んでいます🍀
https://www.shonenjump.com/j/rensai/akane.html






rohengram799 at 17:50│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by さち   2022年07月25日 07:36
おはようございます🌹
理代子先生、人気と同じくらいの妬みも受けていたでしょうね。大変な50年だったと思います。連載時代にそんな手紙を受け取って(同業者かも)、とても傷ついたでしょうね(´;ω;`) ネガティヴな文章がどれだけ相手の精神を持っていくか、書いている本人は一生理解できないでしょう。
2. Posted by オスカー   2022年07月25日 12:12
さち様
「ベルばら」の内容が気にいらなかったのか、理代子先生に嫉妬したのかなんなのかわかりませんがヒドいですよね。他の漫画家さんや作家さんにも送っていた可能性もあるのかなぁ…書いた本人は忘れているかもしれませんが、ずっと残りますよね。
以前、藍川京先生のブログに先生が審査をした文学賞を受賞した作品について納得出来ない!みたいなコメントを連投していた人がいました。こういう人は何を言われても納得しないんだろうなと思いましたわ。
3. Posted by イネス   2022年07月26日 09:48
嫌いなら無視しておけばいいものを、そういうネガティヴなことを頭で考えるだけでなく実際に便箋と封筒を用意して、自分の手で書いて、切手を貼ってポストに入れるという手間をかける陰湿な行動力にちょっと恐怖を覚えました。
それでも『ベルサイユのばら』という作品がわたしたちファンに与えてくれた光は小揺るぎもしませんけどね✨
知的腕力、いい言葉ですね!自分の腕力磨きつつ、それをふるう時と場所を見極められる人間でありたいと思います。能力を振りかざすだけでなく抑えることも大切。そう思うようになったのも『ベルサイユのばら』のおかげです🌹✨
4. Posted by オスカー   2022年07月26日 16:49
イネス様
木原敏江先生が新撰組を扱った「天まであがれ!」を連載すると決まった時にもかなり反対の手紙が来たようです。私はDOZIさまのこの作品で土方さんミーハーになったのですが😅 二次創作なども自分がお金を出して書いてもらった作品ならいろんなことを言ってもいいと思いますが、たまに自分の理想と違うからといってもう書くなとかオリキャラや夢主は出すなとかコメントする人たちってナンなんだ?となりますね(~_~;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ