2022年07月27日

涼天雲便りNo.13:一つだけ……

昨日は雨の中でも蝉が煩く鳴いていましたわ。こちらの「暑中見舞い」のイラストが風情があって素敵だったのでご覧下さい(◍•ᴗ•◍)
https://ameblo.jp/kame-kyu/entry-12754926925.html


『生きるかなしみ』というアンソロジーに川柳作家の時実新子さんの「わたしのアンドレ」というエッセイがあり、それを読み返しながら、この人の川柳って知らないかも…と今頃思ったワタクシ、好きな作品をいくつかご紹介。いつものように「おやぢのつぶやき」がセットになっています٩(♡ε♡ )۶


〈百合みだら五つひらいてみなみだら〉
五つという数字はなんだろ?と思った時に北村峰子さんの「熱帯夜抱かれて五感とりもどす」を思い出して「五感」のことなのかも、と。純潔の象徴にも使われる百合とその香りとみだらの取り合わせにクラクラしますわ。

〈悪い男と心ひとつに薔薇を見た〉
「薔薇を天井から吊るし、その下での話は秘密にしたというローマ時代の逸話がある。『薔薇の下で』が『秘密に』という意味にもなった」……コレを思い出しました〜ワケありな密会かしら…ドキドキ🌹

〈一つだけ言葉惜しめばまた逢える〉
友だち以上恋人未満な関係なのか、もし「好き」と言ってしまったら今の関係が壊れてしまいそうで結局言えなくて「じゃまた」とか言って手を振るのかなぁ、と。男女間ではなく、殿方ふたりの姿が浮かんでしまうのは貴腐人のサガでしょうか?(笑)

〈女かなリンゴがあれば爪立てん〉
リンゴがある…殿方の喉仏に喰らいつく妖艶な美女を想像してしまいます。おとなしく食べられて下さいな🍎

〈もしかして椿は男かもしれぬ〉
「老いながら椿となつて踊りけり」( 三橋鷹女)は女性のイメージだけれど。椿はお寺によく似合うと思う。そしてお坊さんの墨染めの衣に赤い椿も白い椿も似合うと思う。


【生きるかなしみ】
https://ddnavi.com/book/4480029435/

【時実新子】
https://www.artm.pref.hyogo.jp/bungaku/jousetsu/authors/a108/


rohengram799 at 10:30│Comments(6)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2022年07月28日 14:27
この暑中見舞いのイラスト、すごい好きです‼︎
パッと見でもう涼しげですよね(*'▽'*)
自分の暑中見舞いに使いたいくらいです(書かないですが)笑


そして川柳。
「便所紙」の川柳と違ってこちらは艶やかで粋ですね(^_^;)
川柳作家という肩書きの人を初めて見ましたが、あの新聞のせいで川柳のイメージが悪くなったのでは…と心配しています。
2. Posted by オスカー   2022年07月29日 08:24
猫ムスメ様
未だに「この川柳には季語がない!」という人がいると聞きました。新聞に「飼い主のスマホ不安げ散歩犬」という川柳があって、ベビーカーを押しながらスマホに夢中なママもいるよなぁ、と思いました。こういう川柳なら共感出来るのに〜アレは本当にヒドかったですわ。
あらためましてお誕生日おめでとうございました✨ 毎年ケーキがカワ(・∀・)イイ!! 来月は息子さんですね💐
3. Posted by 猫ムスメ   2022年07月29日 11:22
2度目のコメントすいません💦

季語と言えばこの間、稲川淳二さんのツイートがリツイートされてきました。俳句協会から「稲川淳二が夏の季語になりました」という連絡が来た…と。

稲川淳二が!
しかも俳句協会から本人に連絡が来るもんなのか!

二重に大笑い(笑)。
サザンとかも季語なんですね〜(o^^o)


※毎年お誕生日コメントありがとうございます! ケーキはいつも夫が、毎年別の店を探して注文してくれています(味やデザインを比べるために)。お陰で市内のケーキ屋は制覇しました😂
4. Posted by オスカー   2022年07月29日 11:49
猫ムスメ様
コメントは書くのもいただくのも大好きです〜ありがとうございます😆
季語って時代により新しいものがうまれて、歳時記も出版社によりマチマチのようですね。四季の感覚がだんだん薄れていく中で、人物が象徴的に扱われて、そういう季語がこれから増えていくのかも。それはそれでまた楽しいですね。
こちらはパン屋さんが増えて来ているようです~小さいお店があちこち開店していて気になります🍞
5. Posted by イネス   2022年08月01日 10:40
「わたしのアンドレ」めちゃめちゃ気になります!
こんな官能的な川柳を詠む人のアンドレ論……明日本屋にいきます。無ければ注文します。
「悪い男」という言葉にくらくらしました〜悪い男にもいろいろ……一見いい人だけど、わたしにとっては悪い男、っていうのが最高にくらくらするシチュエーションかも。妄想が爆走します……教えていただき感謝です✨
6. Posted by オスカー   2022年08月02日 07:28
イネス様
「生きるかなしみ」はアンソロジーなのでチマチマ読めていいです〜「私のアンドレ」はそんなに長くはなくてアンドレ氏のカッコよさを語るものではないのですが、夫婦関係についてフム!となります(・ω・*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ