2022年08月02日

夕菅雲便りNo.1: 八朔

8月になりました。もう朝から空気がアツくて出掛けたくない〜! 熱中症警戒アラートの防災無線が流れてきました。イヤイヤ買い物に出かけると、ハイビスカスのような、フヨウのような色とりどりで、やたらデカい花が咲いているのが目に入ります。去年もあったっけ? この巨大な花は「タイタンビカス」というらしいです。
https://www.jp-akatsuka.co.jp/production/taitanbikasu/

シルフィードという品種は花びらが扇風機のハネのように見える💦
https://www.akatsuka.gr.jp/bosco/green268/

*   *   *   *   * 

8月1日というと「八朔(はっさく)」〜ミカンではなく(笑) 旧暦の8月1日は今でいうと8月下旬〜9月頃。本格的な収穫を目前にした稲穂が実り始める時期で、古くから各地で「豊作祈願」の行事が行われたそうです。田の実りを祈願することから「田の実の節句」と呼ばれ、「田の実」が「頼み」に通じることから、農村ではよく頼み事をする相手(お世話になっている恩人や親族など)に初穂(収穫に先立ち供える稲穂)を贈る風習もあったとか。鎌倉時代には、武家や町人の間でも贈答品をやり取りするように。天保18年(1590年)8月1日に徳川家康が江戸城に入城。江戸幕府はこの日を祝日に定め、正月に次ぐ重要な日として毎年祝うように🎉

今年は8月27日が旧暦の八朔になるそうで……夏休みの宿題にアタフタする時期ですなぁ。来年は9月15日らしい。

*   *   *   *   * 

声消してごらん夕菅ひらくから    原ゆき

夕方に咲いて翌日の午前中には閉じてしまう、百合に似たレモンイエローの花、ユウスゲ。今月はこの花から夕菅雲便りにしてみました。
https://pino330.com/archives/23363

俳句というと「俳句を無形文化遺産にしたくない」という坪内稔典さんの記事を読みました。私もこういう肩書?権威?みたいなものはいらないと思います。
https://ameblo.jp/sakadachikaba/entry-12756383996.html

*   *   *   *   *

ではでは…今月もよろしくお願いいたしますヾ(・ω・*)ノ



rohengram799 at 09:10│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by さち   2022年08月02日 11:02
タイタンビカス。そんな花を道端で見かけたら、ここは沖縄か?って思うかも🌺
シルフィードというとジェロ様に変換されてしまう。毒されているなぁ💧
夕菅可愛いです。毎月、何年も違うタイトルを思いつくのって大変そう。でも考えるのって意外と楽しいんですよね(*´▽`*)
今月もよろしくお願いいたします💕
2. Posted by オスカー   2022年08月02日 16:59
さち様
シルフィード…やはり思い浮かべますよね(笑) ジェロさんには薔薇を枯らしてしまう呪いがかけられているので、かわりにシルフィードを育てている現パロとか妄想してしまう(笑)  月ごとのタイトルは実際の雲の名前も異名もだいたい使ってしまったので、今は歳時記のお世話になっています(;´∀`) また仲良くして下さいませ🍧


3. Posted by 猫ムスメ   2022年08月04日 22:21
もうこの暑さは災害レベルですよね(><)
朝しか出かけられません。息子の保育園も暑すぎて外遊び出来ず…です。
でもコロナよりこちらの方が致死率高そうなんで無理もありません。ホント、こちらの方で行動制限した方が良いのでは? と思っています。


ところでさっき夫に
「今日で会社を辞めて5年だね♪」と言われて気付いたんですが、本当に5年経ってました‼︎(笑)
最後に出勤したのが2017年8月4日だったんですよ。早いものです。あれほど馬車馬のように働いていた人間が5年間1秒も労働していないなんて…信じられません(^◇^;)
4. Posted by オスカー   2022年08月05日 08:07
猫ムスメ様
退職してからの年月がそのまま結婚してからの年月になるのですね(ウチもですが)〜これからもご家族仲良く楽しくお過ごし下さいませ🍀
猛暑に豪雨、同じ日本でこれほど天候が違うとは…ダンナさまのご実家周辺は大丈夫でしょうか? 落ち着いた夏に早く戻ってほしいですね。
5. Posted by イネス   2022年08月10日 11:31
俳句=平和のシグナルという理屈がすでにわからないです💦
すべての俳句が平和を願って詠まれてるわけではないし。ドナルド・キーン氏だったかな……「日本では、あらゆる年代の人たちが自由に気軽に詩(俳句のこと)を詠んでいる。他の国ではあまり無い現象だ」とおっしゃっていたのを思い出しました。大上段に構えず楽しめる俳句、それでいいじゃないかと思います。何かのシンボルに持ち上げられてもねー。
6. Posted by オスカー   2022年08月10日 16:39
イネス様
今、読売新聞で長谷川櫂さんが『ドナルド·キーンと俳句』からキーンさんの俳句を四季という囲みコラムで毎朝一句紹介してくれています。今朝は「白たまの消ゆる方(かなた)に芳夢蘭(ホームラン)」でした。芳しい夢の蘭でホームラン⚾ こういうのもいいなと思いました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ