2022年10月18日

醸成雲便りNo.9 : 象の眼と最強のうさぎ

おはようございます🐦

なぜか日曜日、ウチの郵便ポストに朝日新聞がΣ(゚∀゚ノ)ノキャー!!(笑) ウチは読売新聞オンリーで、お試しコースなども頼むことはなく……昨日も今朝も入っていなかったので両隣のお宅と間違えたのかしらん? とりあえず読んだダンナさんが言ってましたけど、やっぱり新聞により主義主張が違いますね。朝日新聞は引っ越してきた時の強引な勧誘が恐ろしかったので、関わりたくないですわ。でもせっかくなのでとりあえず文芸欄の発売中の歌集の記事は読みました⁠(⁠‾⁠.⁠‾⁠“⁠)⁠


【寂しさでしか殺せない最強のうさぎ】
https://ajirobooks.stores.jp/items/62bbfd9b0046077304346d23


山田航第3歌集のタイトル〜「うさぎは寂しいと死んじゃうんだよ」って言いますね。この短歌が好きです。恋の駆け引き感があるお茶会にドキドキ💗

手渡しは危ないからさテーブルに置くよ紅茶もこの感情も


もう1冊は【奥村晃作『象の眼』 第18歌集】でこちらの短歌が紹介されていました。

<象の眼>と妻が言いたり<象の眼>は疲れ切ったる時のわれの眼


ちょうど青空文庫で野口雨情の「子供と象」という詩を読んだところでした。
野口雨情 『螢の燈台』(たくさんの童謡・詩があります)https://www.aozora.gr.jp/cards/000286/files/49175_39008.html

象の鼻が長いのはお鼻でお乳を飲んだからで、眼が小さいのは幼い時に居眠りしてたから、だそうで……ずっと寝ていたからなかなか目があかないって感じなんでしょうか? 子供の問いかけにこたえた象さんは若い象さん?お年寄りの象さん?そんなことも考えました。奥村さんの短歌は見たくないものも見てきた企業戦士を想像したりします。


【新型コロナ下の暮らしを短歌に 飯田市出身の歌人奥村晃作さんが18作目の歌集(信濃毎日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース】https://news.yahoo.co.jp/articles/52cd0a4711e43aeae22dc992bf0766d257c02d8f


ではでは、よい1日をヾ⁠(⁠˙⁠❥⁠˙⁠)⁠ノ




rohengram799 at 08:40コメント(4) | 青空文庫  

コメント一欄

1. Posted by さち   2022年10月18日 10:27
理由は知りませんが、うちは朝日新聞オンリーです。私は番組欄さえあればいい|д゚)でも今はそれすら余り見なくなりました。

兎は寂しいと死んじゃうのかぁ🐰
ユリウスを兎に例えたのは偶然か。
今日も妄想の元をたくさんありがとうございます✨
2. Posted by オスカー   2022年10月18日 11:19
さち様
ウチはダンナさんが巨人ファンなので読売オンリーなのですよ。もっと購読料が安いところにしたいのですが。実家は毎日新聞と地方新聞の2紙でしたが、商売をしていたので付き合いからだと思っています😅 
うさぎは寂しいと死んじゃう説はドラマの「ひとつ屋根の下」でそういうセリフからだとか。私は見てないのですが。実際はそんなことはないそうですけど(カチカチ山のウサギとか復讐心がスゴいし💦)イメージ的にはアリ!ですよね😆
3. Posted by 猫ムスメ   2022年10月18日 14:20
うわぁ、便所紙が入ってたんですか(><)
それはお気の毒としか言いようが…

私の実家は朝日を取ってますが帰省した際、見出しを見るだけでお腹一杯になります。早く潰れないかなぁ…(^_^;)
4. Posted by オスカー   2022年10月18日 15:05
猫ムスメ様
紙面自体も見慣れていないからか、読みにくい…という印象でした。7月のあの酷い川柳を選んで紙面に載せたこと、川柳ということを考慮してもやっぱりどうかしていないか?と思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ