2022年11月21日

水霜雲便りNo.14:十二ヶ月

おはようございます🥸

『日本が見えない』の竹内浩三の『十二ヶ月』という詩を知りました。 まだ振り返るには少し早い気がしますが、どんな1年だったでしょうか? 



『十二ヶ月』  竹内浩三


一月――
凍てた空気に灯がついた
電線が口笛を吹いて
紙くずが舞上った
木の葉が鳴った
スチュウがノドを流れた

二月――
丸い大きな灰色の屋根
真白い平な地面
つけっぱなしのラムプが
低うく地に落ちて
白が灰色に変った

三月――
灰色はコバルトに変り
白は茶色に変った
手を開けたら
汗のにおいが少しした

四月――
ごらん
おたまじゃくしを
白い雲を
そして若い緑を

五月――
太陽がクルッと転った
アルコホルが蒸発して
ひばりが落ちた
虫が少し蠢いてみて
また地にもぐりこんで
にやりとした

六月――
少年が丘を登って
苺を見つけて
それを口へ入れ
なみだぐんだ

七月――
海が白い歯を見せ
女が胸のふくらみを現す
入道雲が怒りを示せば
男はそっと手をさしのべる
ボートがゆれた

八月――
ウエハースがべとついて
クリームが溶けはじめた
その香をしたった蟻が
畳の間におちこんで
蟻の世界に椿事が起り
蝉が松でジーッとないた

九月――
石を投げれば
ボアーンと響きそうな
円い月が
だまって ひとりで
電信柱の変圧器に
ひっかかっていた

十月――
ゲラゲラ笑っていた男が
白い歯を収め 笑いを止めて
ひたいにシワをよせ
何事か想い始めた
炭だわらの陰でコオロギが鳴いた

十一月――
空は高かった
そして青かった
しかし 俺はさみしかった

十二月――
ラムプがじーと鳴って
灯油の終りを告げた
凩こがらしが戸をならして
「来年」のしのびやかな
足音も聞えた



ドイツでは「ゴールデン・オクトーバー」という表現があるようです。ビール祭りだけじゃなかったのか🍻
萩尾望都さんの漫画に『ゴールデン・ライラック』ってあったような気がする。あとフランスに初めてのコンビニという記事を読みました。日本のイメージからはかなり遠い(@_@;)
https://www.oshiri2hi.com/article/493683594.html


ではでは、今週もご安全に!


rohengram799 at 06:40コメント(2) | 青空文庫  

コメント一欄

1. Posted by さち   2022年11月21日 16:04
こんにちは🍀
『ゴールデンライラック』好きです。でも、昔の漫画あるあるなのか、ハッピーエンドになるまでが長いですよね。そういう紆余曲折がじれったくて、中々しんどく感じてしまうお年頃です💦
最近『こいいじ(志村貴子)』を二巻まで無料で読んで、我慢できずに全巻買いました。ラストまで、回り道くねくね~~🎶でした(;^_^A
2. Posted by オスカー   2022年11月21日 19:52
さち様
「こいいじ」タイトルからして気になりますね。最近は長い本も漫画もなかなか読む気力がなくて……なんか波がやってきます😓 ドイツもフランスももうとっても寒いそうです。行く気がないのに気になってアレコレ海外暮らしのブログとか読んでしまいます💦

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ