2023年03月23日

柳絮雲便りNo.18:モジモジ宇宙

おはようございます🥸

昨晩『テミスの剣』を読み終わりました。
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167908041

警察小説は久しぶりです。主人公の「渡瀬」という名前からかなんとなく渡瀬恒彦さんをイメージして読み進めましたが、ドラマでは上川隆也さんだったんですねぇ。

……
個人の能力を軽視する人間は決まってチームワークを強調するが、ではその十人が十人とも凡庸以下の人間だったらどうするつもりなのか。
要は構成員一人一人をある分野のエキスパートに仕立てていけば最強のチームになる。ただそれだけの話だ。(略)
個別の能力も重要、チームワークも重要。しかし何よりも、班の責任者に能力がなければ求心力はすぐに失われるのだ。
(P312 〜313)


WBCがあったからか、この部分が妙に印象に残りました。今は『ネメシスの使者』を読んでいます。
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167914363


さてさて……noteにもチラリと書いたのですが、読売新聞・編集手帳の担当者が変わってから5年くらい? 相変わらず今の担当者には(´ε`;)ウーン…となってしまう〜同い年らしいのですが。

3/19は「先月亡くなった松本零士さんに悔いがあるとすれば、宇宙に行けなかったことだろう。晩年は高齢を意識した。」とかちょっと失礼じゃないか?と思う書き出しから最後はJAXA宇宙飛行士候補者へのエールなのか?の〆に。


……「銀河鉄道999」が描くような旅に出るのはどんな人か。最近、ふたりのフレッシュな飛行士候補が誕生した。諏訪理さん(46)と米田あゆさん(28)。どうか、鉄郎とメーテルになってください。」


↑ これにウン( ̄_J ̄)?と違和感というか疑問を感じたのは私だけでしょうか、999の旅ってどういう意味で使ったのかわからない。アニメを見返した後だから余計に(・・?となったのかも。男女ひとりずつだから鉄郎とメーテルだな!的な安易さを感じてしまった。男性ふたりが選ばれたら「宇宙兄弟」のムッタとヒビトに例えるつもりだったのだろうか?


前任者の浅田真央ちゃんを称賛する記事(※)に匹敵するような、おぉ~!と胸に沁み入りアツくなる編集手帳を読みたいのだけれど、まだまだ先かしら……〆切に追われることもなくダラダラと戯れ言を書いている人間がエラソーに言える立場ではないのだが💦 高い新聞代を払っているので、朝はいいものを読みたいのですわ。


昨日は近くの小学校の校庭に消防車、救急車、そしてドクターヘリが待機していました。一体、何があったのか?
消防庁では火災の焼損程度を4つに分類していて、それは「ぼや」「部分焼け」半焼」「全焼」だそうですが……風が強い日もあるし、なんとなく心浮きたち注意散漫になる季節……戸締まり用心、火の用心ですな!


ではでは、よい1日を♪(o・ω・o)ノ)フリフリ🍀🍀🍀


 
(※)https://ameblo.jp/shintaiikudomukyoku/entry-11780044197.html



rohengram799 at 08:25│Comments(6)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by イネス   2023年03月23日 09:40
読売新聞さんの記事、よくわかりませんね……文章が読みにくいというのもありますが、時事ネタと松本先生の死を無理やり絡めてる感じがします。「999」読んでないのでは?あのふたりの旅にどういう意味があったのかをわかってない。故人の悔いだなんて、他人が簡単にどうこう言っていいものでもないと思うし。浅い。
中山七里作品、いいですよね!(と言いつつグロ系は苦手なのですが😓)「作家刑事毒島」のシリーズめっちゃ好きです。新刊出ないかなー📖
2. Posted by オスカー   2023年03月23日 22:14
イネスさま
『メネシスの使者』読み終わりました。登場人物が多いなぁ、でも警察物だしいろんな捜査関係者、裁判関係者も関わってくるし〜と思っていたら……の展開でした。文春文庫発刊分の4冊は読んでしまいました。
書く仕事ってやっぱり大変だなぁと今日もイマイチな編集手帳を読んで思いました😓
3. Posted by さち   2023年03月25日 11:10
本当に私なぞが言える立場ではないですが、たかが編集後記、されど編集後記。なのでしょうか。思い入れの差なのか、それとも本人なりに精一杯なのか、読み手側は勝手に憶測するしかないですが💧
真央ちゃんへの賞賛が深く心に刺さったのは確かです。日々勉強です。

「テミスの剣」読み終わったのですね📚
「メネシスの使者」は未読です。
読んでみようかな(*´▽`*)
4. Posted by オスカー   2023年03月25日 13:51
さち様
この前は『美しすぎる童話を愛読したものは、大人になってから、その童話に復讐される。』寺山修司の名言から始まり、おお、いいじゃないか!と思うのですが、読んでいくとまとまりがなくてやっぱり今日もイマイチ…となってしまいます。いろんな引用は参考になって有り難いんですけどね😅
『ネメシス…』は渡瀬ふたたび(笑)で加害者への刑罰のあり方、死刑廃止論など司法に関する物語でした。今は『葬儀屋にしまつ民俗異聞 鬼のとむらい』(集英社オレンジ文庫)を読んでいます🥸
5. Posted by さち   2023年03月25日 16:32
追記です。
前に言っていた『静おばあちゃんにおまかせ』は、悲惨な事件の中で進展していく若い二人の恋模様が微笑ましくて💕 森先生のS&Mシリーズに重なったりもしましたが、こちらの方が一気に関係が進んで、「わあっ」となりました(小説の中で円がよくこう叫ぶ)。でももっと驚いたのはラストですけどね😅
それを誰かと共有したかっただけなのです。失礼しました~💨
6. Posted by オスカー   2023年03月26日 15:10
さち様
これからもさち様や皆さまとの「共読」を増やしていきたいです〜「強毒」にならないように気をつけながら(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ