2023年07月28日

早桃雲便りNo.19∶封印雅歌

こんにちは🍧

いろいろ検索していたら「あなたに送る雅歌」というサイトがあって(どうもC国系のような?)ものは試しとやった結果がコチラ。


オスカーさんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6


ぶどう畑🍇の見張り😅😅😆 昨日買ったモーニングの『きのう何食べた?』ではデザートでデラウェアをまるごと凍らせていたのを食べていたなぁ〜種なしで小粒にデラはやたらにデカい巨峰より好きだったかも、と昔を思い出しました。ぶどうや桃は買うものじゃないの意識が消えず(田舎から届くことはもうないけど)またダンナさんも食べたがる人ではないので、何年も食べていない果物かもしれない。カットパイナップルやイチゴは好きなので買います🤭


雅歌というと木原敏江さんのイラスト集『虹の森の鬼』に「封印雅歌」という漫画がありました。コチラはヤフオク出品のページ🐥
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v759836611


漫画には麗しい兄と弟が登場するのですが、弟が男娼になることを拒絶するために額に大ケガをするのですよね。初版(私はコレを持っている)ではそのキズヲ描き忘れたコマがあるんですが、それは置いといて😅 弟が兄上に「これは誓いなんだ」という場面、兄上が「あれはわたしへの告白だったのだ」と悟る場面など、まぁ普通にすれ違う気持ちがせつないのう🥲くらいの感覚しかなかったのですが、最近になりこちらの記事で「その時代、封印は所有のしるしでした。」とあるのを読んで、あぁ、そうだったのか!と漫画のタイトルに込められた意味を実感したのでした。当時はまだ20歳にもならず、知らないことが多くイメージ&ムード優先でしたわ。

https://okazakihope.com/post-2128/


中島梓(栗本薫)さんの「木原敏江論」もあり……手放した漫画や本も多いけど、これはずっと持っていてよかったなと思います。


ではでは (⁠。⁠・⁠ω⁠・⁠。⁠)⁠ノ⁠🍧🍧🍧



rohengram799 at 10:50│Comments(4)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2023年07月29日 15:55
オスカーさん、こんにちは
僕も最近は葡萄を食べないのですが、食べる時は面倒臭いから皮ごと食べてしまいます僕は果物って買うより人に貰う事の方が多いから、自腹で果物を買う事って僕は無いですね
2. Posted by オスカー   2023年07月29日 16:52
ミューちゃん様
私もぶどうは皮ごと種ごと(笑)でした。果物の中で買うイメージがあるのはみかん🍊くらいかも……まぁそれも今は買わなくなりましたが。身内に食べる人間がいないと別に買わなくてもいいや、となる食べ物って多い気がします。
3. Posted by イネス   2023年07月30日 09:08
中島梓女史の「木原敏江論」!それは読んでみたいです〜探してみよう。何でもかんでも「昔はよかった」なんて言うつもりはないけど、やっぱり70年代初頭の少女漫画が好きだなぁ……絵に華があって、ストーリーも子ども心に強く訴えて大人になっても覚えていて、ふとした時に「ああ、あれはこういう意味だったのか!」とまた一段深く味わえるような奥行きがあって。あの頃の漫画をまた買いなおしては読み耽るのが幸せ✨
4. Posted by オスカー   2023年07月30日 13:13
イネス様
おモーさまの「ポーの一族」とドジさまの「銀河荘なの!」の吸血鬼についての扱い?の違いなど、フム!と思いました。最近、ドジさまの「伊勢物語」や王朝物漫画などをKindle版で読みましたが、あ~、やっぱりドジさまの世界観は好きだわ💕となっております。ドジさまの描く女性たちはみんな可愛くてカッコよくて個性的なので、悪い女もまたヨシ(๑•̀ㅂ•́)و✧

コメントする

名前
 
  絵文字