わたしにできること

2019年10月16日

紅樹雲便りNo.14:砂 と 鶴

自分でタイトルを見て「砂糖…?」と思ってしまいましたわ。いきなり気温が下がって一気に秋らしくなり、頭の働きがいつも以上に停滞しております。



まだまだ暑かった頃、二男が広島に行った時のおみやげをもらいました。砂のお守りです。

https://pleasure-luck.com/457.html


願い事……何を書いていいのかわからずそのまま両親の写真の近くに置いてあります。たったひとつだけどうしても叶えたい願いがある、そんな人が羨ましくなる、フラフラしている私です😰



そして「おりづるタワー」を初めて知りました。

https://www.orizurutower.jp/


原爆資料館は悲惨過ぎて見学を躊躇う人もこちらなら足を運べるかもしれない、と思いました。




「折る」と「祈る」って似た形だなと思ったことがあります。祈りの語源解釈に共通しているのは「いのり」の語構成は「い+のり」であるということで「い」は神聖なものを指し「のり」は法(のり)や告(のり)と同根であり、みだりに口にすべきではないことばを口に出す、という意味があります……という文章を読みました。「い」は呼吸(いき)や生命(いのち)のことも含む。


【祈りは息や神聖なものを宣言することを指しています。つまり生命の宣言です。生命の根源の響きをことばに乗せて響かせる。生命を根源から生きることという意味です。】




pht_pu_suna01-2



rohengram799 at 09:00コメント(0) 

2019年09月21日

祝月月雲便りNo.21:はじめての…

はじめてのチュウ😚➰💋 君とチュウ😚💕✨

懐かしい歌!

https://sp.uta-net.com/movie/8382/



こちらはジャズversion🎷 大人だ😆

https://grapee.jp/120363




だけど、今回の「はじめての…」は老眼鏡🤓 ダンナさんは遠近両用のメガネをかけていますが、私はフツーのメガネのままで、かけたりはずしたりの毎日ですが。はじめてメガネをかけた時のことも昔過ぎて思い出せないわ😅

https://www.koubo.co.jp/contest/literature/episode/070346.html





三連休なのに台風……皆さま、お気をつけ下さいませ。



「気をつけていってらっしゃい 行きよりも明るい帰路になりますように」(枡野浩一)


rohengram799 at 11:30コメント(4) 

2019年09月03日

祝月雲便りNo.3:世界のどこかで…

読書メーターで知った漫画です。楽しい話ではありませんが……。




「その國の名を誰も言わない」

https://www.mangaz.com/book/detail/181131  

※広告がうっとおしいかもしれませんが、無料で読めます。



マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~ 

https://togetter.com/li/1398032 



出来ればたくさんの方に読んでいただきたいですm(_ _)m



rohengram799 at 07:16コメント(2) 

2019年08月14日

燕月雲便りNo.6:近況報告

大型台風の影響が大きくなっていますが、皆さまのお住まいの場所、お知り合いの方々など大丈夫でしょうか? こちらは突然ザーッ!と降ってきたりしてビックリしましたが。被害が最小限でありますように。



明日は終戦記念日ですね。この話は知りませんでした。


『ムッちゃんの詩』

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/red-moon-momo/entry-11322227384.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAFwAZgByfy9kMH2g-bzAQ%253D%253D




またしばらくは更新が滞ると思いますが、多分元気にしておりますので(^o^;) 皆さまもご自愛下さいませ。



rohengram799 at 19:20コメント(4) 

2019年08月06日

燕月雲便りNo.2:1945年8月6日

挨拶

  原爆の写真によせて





   あ、

   この焼けただれた顔は

   一九四五年八月六日

   その時広島にいた人

   二五万の焼けただれのひとつ



   すでに此の世にないもの

   とはいえ

   友よ

   向き合った互の顔を

   も一度見直そう

   戦火の跡もとどめぬ

   すこやかな今日の顔

   すがすがしい朝の顔を



   その顔の中に明日の表情をさがすとき

   私はりつぜんとするのだ



   地球が原爆を数百個所持して

   生と死のきわどい淵を歩くとき

   なぜそんなにも安らかに

   あなたは美しいのか

   しずかに耳を澄ませ

   何かが近づいてきはしないか

   見きわめなければならないものは目の前に

   えり分けなければならないものは

   手の中にある

   午前八時一五分は

   毎朝やってくる



   一九四五年八月六日の朝

   一瞬にして死んだ二五万人の人のすべて

   いま在る

   あなたの如く 私の如く

   やすらかに 美しく 油断していた。




石垣りん詩集『私の前にある鍋とお釜と燃える火と』より




rohengram799 at 23:51コメント(0) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード