挨拶

2020年07月30日

親月雲便りNo.1:近況報告

ご無沙汰しております。緊急地震速報にひゃあ!!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!! となりましたが、何事もありませんでした……よかったです……が、突然スゴい雨が降ったりして、なんなんだ〜! 豪雨被害の地域もあちこちに………コロナ感染者も増加しています。どうぞ皆さま、お気をつけ下さいませ。



現在、ブログの整理をしています。

まずは「ひつじ雲便り」を整理しました。ダブりによる欠番があります。あと非公開にした記事があります。申し訳ありません。削除はしていないので、また復活の可能性もあるかも?

他の記事も随時、整理中………まだ◯◯雲便りとしていない、昔むかしの記事ですが。現在第384号まで…今のところダブりや抜けはありませんが、これから見つかる可能性は大!

こちらもいくつか非公開の記事があります。本格的なブログ再開時にはすべて整理を終えていたいですが……誤字脱字モロモロ目について……まだまだ見落としがあると思いますが、もう笑って見逃して下さいませ(;´д`)




「親月 (おやづき)」ですが、陰暦7月の異称。盂蘭盆会 (うらぼんえ) の行われる月で「親の墓参りに行く月」という意味だそうです。しばらくはこのタイトルで うひゃ(*゚∀゚) なものを記録したいと思います。 今日はこちら!


【輝く前歯ピアス】
https://yorunogaitou.ocnk.net/product/286



ではでは (o・ω・)ノ))



rohengram799 at 12:00|この記事のURLComments(8)

2019年08月02日

燕月雲便りNo.1:涼風

猛暑お見舞い申し上げます。



暑いと言いたくないけど、それしか出てこないような………皆さま、体調はいかがでしょうか? 今月は旧暦8月の異名・燕月(えんげつ)を使うことにしました。黒燕尾服の見目麗しい人たちを愛でたい(゜゜;)\(--;)




二男が屋久島に行った時の写真です。パワーが伝わりますように。今月もどうぞよろしくお願いいたします。


屋久島




rohengram799 at 09:47|この記事のURLComments(8)

2019年03月17日

雛月雲便りNo.17:春や春 オスカー9才🎉

長らく積ん読だった森谷明子さんの『春や春』を読み始めました。俳句甲子園の話ですが、最初から爆笑してしまいました(≧▽≦)


【世の中の男たちは、やっぱり「セーラー服」に幻想を抱いているのだろうか。
だとしたら、教えてやりたい。女子高生が一日十時間近く、通常、クリーニングに出すことなく何十日と身につけているセーラー服の実態を。
夏は暑く冬は寒い。春はスギ花粉を、秋にはブタクサ花粉を盛大に吸着する。乙女の汗も体臭もフライドポテトの油もソフトクリームの滴も学食のミートソースも、すべてしみこませたセーラー服。乙女の日々を過ごすにつれ清潔さからどんどん遠ざかるこの制服をまとう女子高生は、なるほどたくましく、雨にも負けず、風にも負けず、細菌にも負けないじょうぶな体になるだろう。
―――でも、遠目にはやっぱり「清楚」に見えるんだよね。これはもう、詐欺だわ。】



マニアにはこの制服がたまらないっ!という人もいるのかも。以前、クリーニング店で働いていた時には一日仕上げの特急便というのがあったので(今はワイシャツ以外も当たり前になっていますが)週末に制服を持ってくるお客様もいました。




さてさて……2010年3月17日、ワタクシはブログ『空のお城通信~オスカー戯れ言日記~』をガラケーを使い、こっそり開設(?)しました。今はスマホになりましたが、相変わらずパソコンは使えません。うふふ、9才の誕生日ですわ! リアルな9才のワタクシは小学3年生、松組さんの生徒で漫画ばっかり読んでいました(笑)



川原泉さんの漫画『殿様は空のお城に住んでいる』からつけたこのブログ名ですが、「おつむが天高く舞い上がってる人のこと」の通りの記事更新を続けてまいりました。ブログは私の備忘録であり、私がリアル空のお城の住人になった後に、遺された子どもたちが「おかーさんは毎日ナニを考えて暮らしてきたんだ(´・ω・`)?」と思った時に、コレが役に立てばいいなぁ~と思っております。 それまでは、コソコソと身内バレしないように気をつけていかねば(;゚∇゚) その時、その時のワタクシの時間がここに生きています。


今までお付き合いしていただいた皆さま、本当にありがとうございます。これからものんびりと好きなこと、オモローなことを書いていきたいと思います。いろいろ偏っておりますが、何かひとつでもおみやげになるモノを持ち帰っていただけたら幸せです.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.


よろしければ、またお付き合い下さいませ。





「祝福」 谷 郁雄


百年前
あなたはいなかった
百年後
あなたはもういない
木が葉っぱを
茂らせたり
散らせたり
するのと同じように
あなたは
嘘をついたり
恋をしたり
いろいろと忙しい
幸せとは
ただそこにいること
よろこびで
顔をしわくちゃにして

rohengram799 at 00:06|この記事のURLComments(8)

2019年03月01日

雛月雲便りNo.1:ピヨピヨ 🐣

おはようございますヘ(`・ω・)ノ

今日から3月、この1ヶ月もあっという間に過ぎていきそうな気がします。


今朝の新聞に千葉県公立高校入試問題と解答が別刷りであったので、いつものように国語問題になんの作品が採用されているかチェック!


洛中洛外画狂伝 狩野永徳 (徳間時代小説文庫) >> https://i.bookmeter.com/books/12666144



作者の谷津さんはこんな方でした。奧さまは青森の方だそうです。写真を見て棋士かと思った(笑)

https://my-michi.com/column/68217594/23788



今月はあまりひねりもない、3月の異名「雛(ひいな)月」から「雛月雲便り」としてお届けしたいと思います。タイトルのピヨピヨではない、お雛様からですね、きっと。


先月ほど更新は出来ないかもしれませんが(下書きの書き散らかしたものはたくさんあるけれど)また自分がΣ(゚∀゚)と思ったアレコレを書いていきたいと思いますので、またお付き合いいただけると嬉しいです。


皆さま、お身体に気をつけて楽しい週末をお過ごし下さいませ♪(o・ω・)ノ))


rohengram799 at 08:32|この記事のURLComments(0)

2018年04月02日

清和雲便りNo.1:適怨清和

4月になりました。ダンナさんが「今日から新年度かぁ~」とつぶやいておりました。



今月のお便りのタイトルは、旧暦4月の異名のひとつ「清和月」から。小学校の時、この名前の男性教諭がいましたが、名前負けというか、依怙贔屓するイヤな担任でしたわ。



「適怨清和」は「てきえんせいわ」と読みます。
意味は「恨めしいほどに素晴らしく、清らかで整っていること」。「適怨」はこの上なく素晴らしいために、恨めしい気持ちが生まれること。「清和」は清らかで整っていること。



妄想エロおやぢなワタクシには似つかわしくないですが(-ω-;)・・・最初、この四字熟語を見た時に「怨み事もほどほどにして、心を清らかにして平和に過ごしなさいよ」という教訓めいたものだと思っていました~おバカさん過ぎる・・・でも、日々こういう素晴らしい、キラキラしたナニかをたくさん見つけていきたいと思います。



あと「鳥待ち月」という異名もありました。この言葉にピッタリではないかというブログ記事を見つけましたので、お読み下さいませ。


http://sanpobito.blog.jp/archives/59726703.html



今月もどうぞよろしくお願いいたしますヾ(´ー`)ノ




rohengram799 at 08:34|この記事のURLComments(2)
記事検索
月別アーカイブ