医療・臓器移植・介護・福祉関係

2019年02月04日

令月雲便りNo.7:月曜日はドラマチック d( ゚ε゚;)

今テレビで『タクシードライバーの事件簿』というドラマを放送しているのだけれど、『タクシードライバーの推理日誌』とはまた違うのね、渡瀬恒彦がやっていたのと。なんだかややこしくてまぎらわしい。いろんな局に浅見光彦がいるのと同じようだわ。


https://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/20190204/


話の内容がどこかで聞いたらことがあるような、と思ったらやはり『重いで探偵』の中にあった「鶴を折る女」が原作だったわ。このシリーズはずっとこれを原作にして続けるつもりなのかしらん? 『思い出探偵』を読んだ時の記事はコチラ です。

http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50719094.html




さてさて、以前コチラの記事に書いていた中島京子さんの『長いお別れ』を読み終わりました。

http://rohengram799.livedoor.blog/archives/50765575.html

↑コレを書いたのは約3年前、だいぶ感性が鈍ってきたような気がします。淡々と書かれているけれど、ここには10年の時間の積み重ねがあり、それぞれの生活があって……ということを考えると、それほど厚くない1冊の中にスゴい凝縮した時間が詰め込まれているわけで……。ユーモアもあり、重苦しくて先が読めない!という雰囲気がない分、それが怖いというか……。昨晩遅くに読み終わったので、なかなか寝付かれなかったです。



最後にもうひとつ、全然知らなくてビックリしたPR動画! こんなのを作っていたとは……ランキングは正直アテにならないと思う。車がない人は高い電車代を払わなければどこにも行けません(ノ´Д`)ノ

https://search.yahoo.co.jp/amp/nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1811/16/news083.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D



rohengram799 at 21:07コメント(2) 

2019年01月29日

萌月雲便りNo.31:異性か o(><;)(;><)o

週刊モーニングで月イチ連載中の『きのう何食べた?』がまさかのドラマ化Σ(・ω・ノ)ノ う~ん、なんとゆーか、別にホモホモさを全面に出した漫画ではないからドラマになってもいいんだけど、う~ん………となってしまう。作者が納得しているならいいかな~多分見ると思うけど。


https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/smp/



同じくモーニングで連載中の『個人差あり〼(ます)』、こちらも自分がその立場になったらどーするΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) な話です。


http://www.pillollow.com/entry/2018/11/24/110518



自分が望んだわけではないのに性別が変わるって、全く想像出来ません……。 以前『フィメールの逸話』という漫画のことを書いたことがありますが(*)、身体と心の関係、そして他者との関係、難し過ぎる!




(*)http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50714033.html



rohengram799 at 06:53コメント(2) 

2019年01月24日

萌月雲便りNo.24:あらたま

斎藤茂吉の歌集に『あらたま』ってありますが、「新しい玉」の平仮名versionだと思っていたら「特に意味を考えたことがなかったけれど、漢字一文字もあったのですね。「璞」意味は磨いていないたま。 三崎亜記さんの小説『玉磨き』を思い出してしまった! そして、私は茂吉の歌集って『赤光』と『あらたま』しか記憶になかったので、他にもいくつかあって自分の知識のなさにアハハ ヾ(@゜▽゜@)ノ


http://www.mokichi.or.jp/mokichi_4.html




小川未明さんの短い童話(?)を読みました。笑ってお別れした分、そのあとにやってくる悲しみが大きくなるような……。

【片目のごあいさつ:小川未明】

https://www.aozora.gr.jp/cards/001475/files/52049_56903.html



この話では「タンゲサゼン」の真似をした子どもが出てくるだけですが、片目の視力が0でも片方の視力が0.6あれば障がい者認定されないのですね。聴覚障がいもやはり決まりがあるみたいですが。こういうことも考えたことがなかったなぁ。


【NPO 片目失明者友の会】

https://katamenotomo.jimdo.com/



rohengram799 at 00:12コメント(0) 

2018年11月30日

竜潜雲便りNo.10:駑馬十駕(どばじゅうが)

ラジオから「どばじゅうが」という言葉が聞こえてきました。脳内では「土場十蛾」という、一面の菜の花ならぬ一面の蛾という、イナゴの大群と同じいえそれ以上のキモい画像が浮かんでしまいましたが、漢字は「駑馬十駕」です。「駑」は、鈍い・愚かといった意味をあらわし、「駕」は、乗り物やそれを操る事をあらわすそうです。


中国・戦国時代の思想家・荀子の著した書物・荀子の中で使われている言葉で、直訳では「鈍い馬が十日駈けて行ける距離」という意味に。全体の意味としては「駿馬が一日で走る距離も、駄馬でも十日間駈ければ行く事ができるとなり、転じて、才能の貧なる者も努力次第で多才能な人間に並ぶ事ができる」。


隠れた意味として「駿馬も目的なく闇雲に駆け回っていては何の役にも立たたず、駑馬がゆっくりでも一歩々々真っすぐに目的地に向かう方が早く着く」というのもあるようですが。




「第68回 全国小・中学校作文コンクール」の受賞作品の3作品が昨日の読売新聞に載っていました。この
作文コンクールは、ノーベル賞作家・川端康成や童話作家・坪田譲治らを審査員に迎え、1951年にスタート。国内外から3万点を超える応募がある、日本一の作文コンクールで、テーマや枚数に制限がないことが最大の特色だそうです。私が印象に残ったのはコチラの作品。特に最後の文章がよかった。


http://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/sakubun/contents/682.php




あまり更新できないまま、11月も終わりになってしまいました。来月もこの「竜潜雲便り」のままでマイペース更新をしていきたいと思います。今月もお付き合いいただき、ありがとうございました。また来月もどうぞよろしくお願いいたしますヾ(´ー`)ノ






rohengram799 at 16:14コメント(4) 

2018年10月07日

稲熟雲便りNo.10: I'd Give My Life For You

【ベトナム戦争での枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれた「ベトちゃん・ドクちゃん」の分離手術から30年が経ち、4日に記念式典が開かれました。】という新聞記事を読み、そんなに経ったのかと。ベトちゃんが亡くなったのは残念だけれど、ドクちゃんが元気にしているのはホッとする。


ベトちゃん・ドクちゃんの話をきくと、思い出す作品が2つあります。ひとつは萩尾望都さんの漫画『半神』。

https://www.bookbang.jp/article/552267



もうひとつは『ミス・サイゴン』。本田美奈子ちゃんがミュージカルに?ってビックリしたのを覚えています~岸田智史もだけど(^o^;) こちらも観たことがないのですが、私が好きだった宝塚の生徒さんが退団した後に、ライブをやったことがあって、その時に『ミス・サイゴン』からいくつか歌ってくれたんですよ。その時の1曲が♪命をあげるよ だったのです。すでに二児の母になっていたワタクシ、歌詞が胸に沁みました。下手な人には絶対歌って欲しくない!


【命をあげるよ ・歌詞 】

https://utaten.com/lyric/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%28%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B4%E3%83%B3%29/%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%82%92%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%88%E3%81%86/



2020年にまた上演が決定したようなので、観れたらいいなぁ、と思っております。

https://www.tohostage.com/miss_saigon/



rohengram799 at 01:00コメント(2) 
記事検索