医療・臓器移植・介護・福祉関係

2021年08月28日

金涼雲便りNo.23:誰のために

朝の電車でときどき一緒になるひとと帰りの駅でまたすれ違う 牧野芝草


言葉は交わさないが、よく見かける人。一歩踏み出せば会釈をするくらいの仲にはなるのだが……。 たいていは他人のまま、いつか忘れてしまう人。人は人間関係の網の上で生きているが、永遠に結ばれない糸もある。 歌集『勾配』から。


8/25付読売新聞 長谷川櫂さんの「四季」から。

電車でなくても病院とか買い物とかお散歩とか……行きも還りもは少ないでしょうが、毎回「あの人だ」という出会いはありますね。

牧野芝草(まきのしそう)さんのこの歌集は先月発行されたばかりのようです。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html



電車といえば新聞に【駅の放送を悪用 車いす女性痴漢 国交省、見直し要請】の見出しが目に入りました。

「国交省によると、鉄道では車いす利用者や視覚障害者が乗降する時、転落や転倒しないように駅員が介助し、出発の可否を車内の乗務員に伝えている。一部の事業者は、伝達に駅のアナウンスを使っており、他の利用者に、障害者らが乗っている車両や降車駅がわかることがある。」………これを悪用してくる痴漢をするなんて、信じられない! 許しがたい!

ネットニュースにもありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46e8ca171577e4494b655d748d6456949487a666


*****


コンビニに行ったらすでに中華まんがスタンバイしていて、スーパーでは秋の味覚のポップに秋の新作お菓子にハロウィンパッケージのお菓子が………ハロウィンって10月末だよね……?


今日も熱中症警戒アラートが千葉県には出ております。皆さまもこまめな水分補給を! (*・ω・)ノ


rohengram799 at 12:00|この記事のURLComments(2)

2021年07月27日

細蟹雲便りNo.24:白いマフラー

台風8号の影響か、風が強くて雨が吹き込んでくる感じです。あまり暑さを感じないのはいいけれど、熱海など豪雨災害のあった地域の方々は不安だと思います。もう何事もありませんように。進行方向を変えてくれないかな。皆さまもどうぞお気をつけ下さいませ。


*****


矍鑠は君のための語白マフラー 花田春兆


かくしゃく……という言葉もあまり耳にしなくなったような……。苦しい時代を生き抜いた旧友の姿を見ての想いでしょうか? 「白マフラー」で一番に思い浮かぶのは戦時中の海軍パイロットの姿です。


夏期と冬期ではデザイン、生地の種類と厚さが異なる。季節を問わず首に巻く柔らかな絹製のマフラーは汗取りや防寒に加えて、コックピット内で周囲を視察するため常に首を回しているので皮膚が衣類と擦れて傷になるのを予防する効果も期待された。日章旗の袖章は脱出時の味方識別用。
(歴史人8月号 P121 より)


ダンナさんは負傷した時の包帯にもなったんじゃないかと言っていました。


【歴史人8月号】
https://www.rekishijin.com/13178


*****


花田春兆さんについて……こちらは公式サイトです。

http://shuncho.com/about/


花田さんについて、障がいを持った方々の戦時中(その前後も)について考えたことがあっただろうかと、知ろうと思わなかったなと……。情報量が多くてまだ全部読んだり視聴したり出来ていないのですが、皆さまもお時間がありましたら m(_ _)m


https://plaza.rakuten.co.jp/masami2008/diary/201705280000/?scid=wi_blg_amp_diary_next


https://www2.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/postwar/shogen/movie.cgi?das_id=D0001810388_00000


rohengram799 at 08:50|この記事のURLComments(2)

2021年05月13日

梅月雲便りNo.6:お空のセカイ

『おかあさん、お空のセカイの話をしてあげる! 胎内記憶ガールの日常』という漫画を無料お試し版
で読みました。

https://booklive.jp/product/index/title_id/886349/vol_no/001


結果、続きが気になって電子書籍で買ってしまったのですが、やっぱり紙の本で読みたいなぁ……新聞広告にもバーン!と大きく出ていたし(笑)

お母さんがのめり込んだ感じではなくて「ホンマかいな〜」という半信半疑の姿勢なのが好感が持てました。 あとやはり漫画なので読みやすい。絵柄も可愛いし、娘さんがすっごくお母さんのことが好きなのが伝わってきたのが一番よかったかもしれない!



おかあさん、お空のセカイのはなしをしてあげる! 胎内記憶ガールの日常 >> https://bookmeter.com/books/15977427


*****


今年は『心に残る医療』コンクールはなかったのかなぁ、と思っていたら「生命(いのち)を見つめるフォトコンテスト」と「『心に残る医療』体験記コンクール」を統合、リニューアルしたものになっていました。エッセイを下から順番に読んでいって『もう逃げない』という作品を読んでいたことに気がつきました。その時、リニューアルしたとは思っていなかったということですね…イヤだわ。 他のお話もみんな沁みました。写真もよかったです。来年はちゃんと覚えておこう!


https://www.med.or.jp/people/photo_essay/005110.html


rohengram799 at 00:00|この記事のURLComments(2)

2021年04月08日

純陽雲便りNo.7:死ぬって何?

子が蟻を踏んできょとんと死ぬって何


神野紗希句集『すみれそよぐ』より
https://gendaihaiku.gr.jp/item/6947/


蟻を踏みつけた子どもに「アリさんが死んじゃうからやめようね」って言ったのかな、それに対しての子どもの反応なのかな、と新聞でこの句を読んでそんな場面を想像しました。子どもだけでなく死を理解する時っていつなんだろう? もういないことを意識して悲しんで、そして今度は「いないけれどそこにいてくれる」感覚が生まれるんだろうけれど、それはきっと人それぞれの時間薬があって……。


*****


週刊モーニングで『リエゾン 〜 こどものこころ診療所〜』(*)という漫画が連載中なんですが、死んだらオバケになるという話を聞いて、お化け屋敷に行けば母親がいるんじゃないか、というような話が載っているんですね。今月は義父の命日もあって、義父が亡くなった時にウチの子どもたちは小1とても小3だったけど、義兄の子どもたちはまだ小さくて……騒いだりはしなかったと記憶していますが、どう感じていたのかなと思うことがあります。

(*)
https://morning.kodansha.co.jp/c/liaison/


*****

志村けんさんの一周忌も過ぎました。去年の今頃と今では危機感がなくなってきている人たちも増えている気がしますが……。

https://ameblo.jp/gendai-yoko/entry-12661582286.html


*****


私は行ったことがないのですが、美しい山梨の「蚕影桜」の記事を見つけましたのでご覧下さいませ。

https://gamp.ameblo.jp/taroae86/entry-12666848743.html

https://ameblo.jp/mizunotunagari3776/entry-12666183523.html


*****


明日は近くの中学校の入学式。中学校は八重桜がたくさん植えられていてちょうど満開になっています。明るく楽しい学校生活を過ごしてもらいたいです。ではでは、また明日('ー')/


rohengram799 at 15:40|この記事のURLComments(4)

2021年03月18日

華節雲便りNo.16:安楽

「痴呆」という呼称は2004年12月から「認知症」という言葉に変わりましたが、『安楽病棟』が書かれた時はまだ「痴呆病棟」という表現でした。同作者の『閉鎖病棟』が映画化されましたが、こちらの作品は舞台化されていたようです。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/amp.natalie.mu/stage/news/287933%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAcTxwpDt1J76ELABIA%253D%253D


『安楽病棟』はテーマが重くて、読書メーターにもきちんとした感想を書く……ということが出来なかったのですが、本文中で特に印象に残ったところを抜粋します。本当はもっとたくさんあるのだけれど。



痴呆老人の異食症というのはこれといった防止策がなく、どこの病院でも苦労しているのが現状です。この春、地方の看護学会に参加したとき、高齢者看護の部会ばかりを聞いていました。そのときのフロアーからの追加発言が記憶に残っています。訪問看護をしていた九十三歳の女性が、老衰のため自宅で亡くなったそうです。その患者さんを火葬したところ、棺の中から黄金色の金属が出てきました。お棺の中にはもちろん何も入れていません。息子さんは大学の先生で、工学部の同僚の先生にその金属塊を持って行き、鑑定を頼みました。X線分析で調べてみると、金属塊は銅と亜鉛の合金で、五円硬貨十三枚分に相当するとの結果がでました。そのお年寄りは、床につく前、道を歩いていても、何か落ちていると口に入れるようになっていたそうです。おそらく、家の中ででも、五円硬貨を見つけたら呑み込んでいたのかもしれません。でも何故、穴の開いた五円玉だけのかは謎です。
発言した中年の看護婦さんは、多分その患者さんは〈三途の川の渡し賃〉を集めていたのではないかと、つけ加えました。穴あきの五円玉は他の硬貨と比べて昔のお金に似ています。わたしは知らなかったのですが、〈三途の川の渡し賃〉は六文だそうです。とすれば、その患者さんは一文銭と五円玉を間違えて呑み込み、口に入れた枚数も忘れてしまい、とうとう十三枚になったのかもしれません。
(「当直」p278 ~279 )



「でもね、麗ちゃん。看護婦さんのなかには、お年寄りの世話を嫌う人がいるけれど、わたしは好き。どうして好きなのか考えるのだけれどー」
わたしがいうのを麗ちゃんは真剣な眼で聞いています。「ここには時間がたくさん詰まっているような気がするの。麗ちゃんは十歳でしょう。わたしは麗ちゃんの二倍と少し。でも、患者さんたちはみんな七十歳とか八十歳。九十二歳もいる。そうすると、ここには入院患者さんが四十人いるでしょう。平均七十五歳としても、七十五かけの四十でー」(略)「三千年。そうすると、今がちょうど西暦二千年で、日本の歴史よりも古い。縦に並べた時間を横にするとね。だからここに来ると気が落ち着くの。他で嫌なことがあっても、三千年の長い時間のなかで考えれば、小さなことに思えて、腹も立たないし、くよくよもしなくなる。麗ちゃんも、いつか看護婦さんの言っている意味が分かるわ」
(「おてもやん」p388 ~ 389 )



大分の守実温泉も初めて知りました。浦安の「猫実」(*)を思い出しました。「実」のつく名前、地名ってなんかいいな〜。

https://www.yukoyuko.net/onsen/0307



忌み言葉のひとつとして「別府に行った」というのがあるそうです。私も祖父が亡くなった時に「下部(しもべ)の温泉に行ってウチにいないみたいだね」と母に話したとがありました。こちらの記事が興味深いです。ヒロシマにタバコを買いに行くとか…山梨だと富士山に登りに行った、とかあっても不思議じゃないかも…と思ったり。

https://blog.goo.ne.jp/uchikonotemae/e/29a03bc7e9a7be7097cbb84fbf04256f


*****


皆さま、よい1日を ♪(o・ω・)ノ))



(*)http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50711701.html

rohengram799 at 10:10|この記事のURLComments(6)
記事検索
月別アーカイブ