空のお城図書館

2022年04月08日

喜春雲便りNo.6:めちゃ💕 な金曜日

明日(4/9)先月読んだ本のまとめをアップする予定ですが、まだ画像が出ないものがある (´-ω-`)


【幼女戦記 24巻】
https://www.kadokawa.co.jp/product/322111000765/

【グランドジャンプめちゃ 4月号】
http://grandjump.shueisha.co.jp/mecha/index.html

↑ 漫画雑誌なんですけど『金魚妻』シリーズが「白髪妻」で、そこに「サターン・リターン」という言葉が出てきたので記録用に(笑)

◆サターン・リターン
https://uranaitv.jp/content/560282

あと『エロスの種子』シリーズは「恋愛フィルター」の話。こんな可愛い子が自分を好きだなんてあり得ない!と思う漫画家とアシスタントの彼女。いつかフィルターが壊れてしまうのでは?と……彼氏彼女だからこそ、カッコいい、可愛いと思う気持ち、みんな多少なりともあるのでは? そして不安も。

「なるべく長持ちさせましょう」と彼女。 大事にして「メンテナンスもマメにやる」という彼。それでもいつかは消えてしまうかもしれない。でも「その頃の私たちは きっといい年齢(とし)になっていて 年齢相応の外見になっていますよ」

最後に杖をついた男性と手を繋いだ女性の絵があって(おそらく高齢のご夫婦の姿)pixivで読んだこの話を思い出しました。おじいちゃん、可愛い!
【特別じゃない日】
https://www.pixiv.net/artworks/94380061


日中と朝晩の気温差が大きくて、夜は「なんか寒い!寒い!」となっているワタクシです。皆さまも体調にはお気をつけ下さいませ。日曜日の更新はお休みさせていただきます <(_ _*)>



rohengram799 at 08:40|PermalinkComments(0)

2022年04月04日

喜春雲便りNo.4:月曜日の歌🎤本📖

今日は語呂合わせで「獅子の日」らしいですね。「獅子」というとヒデキの『若き獅子たち』を思い出してしまいます✨

https://sp.uta-net.com/movie/4933/

プロ野球ファンだと西武を思い出すのでしょうか? そうそう、野球といえば巨人のあのユニフォームはなんでしょうか? パジャマみたいなユニフォームの時もありましたが、この前テレビで見て「作っている途中なのかな?」と思うほどアッサリしている……高校生の練習用ユニフォームかと思ってしまいました……いろいろ失礼な発言があったらスミマセン💦
ユニフォームや帽子って結構印象が変わるじゃないですか〜私が好きだったのは近鉄の、あの牛さんマークです!

https://mag.japaaan.com/archives/53934


ねぇ 巨人がまた負けたってさ
高田の背番号も知らないくせに〜

さだまさしさんの『朝刊』に出てくる高田の背番号は「8」、ダンナさんも職場の野球チームにいた時には「8」を背負っておりました。今はもう野球はやめたので、ばっちぃユニフォームの洗濯がなくなって嬉しいです(笑)

https://sp.uta-net.com/movie/3071/


昨日は『浅草キッド』を読み終わりました。タケちゃんの歌は何回も聞いているのですが、この前聞いたのが何故だかとてもズーン!ときたので。

https://sp.uta-net.com/song/226/

タケちゃんの尊敬するお師匠さん、深見千三郎さん。長生きされたのかと思っていたら、59歳で亡くなっていました。師匠の訃報で物語は終わっています。タケちゃんがどんなに師匠が好きだったか、お下劣な話や浅草フランス座のストリッパーのお姉さん方、とんでもない仲間たち、ごちゃごちゃグダグタな町の様子とか、私の世代でもなんとなくわかる感覚なので、今の若い人たちには別世界に感じるかも……と思いながら読みました。当時のコントも最後に載っているんですが、今だったら(いや当時でも)ヤバいヤバい (´Д`ノ)ノ

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000364885



タイトルには懐かしい歌本を入れてみました。実家に帰ればたくさん積んであるんだけど、きっと変色してホコリだらけだろうな(´д`|||)

https://bittersweethome.blog.ss-blog.jp/2011-06-26

https://blog.goo.ne.jp/bongengan/e/c9336d367ca0c4176d363e802c32cf14



今日は昨日より気温が低いようです。石川県では地震がありましたし、どうぞ皆さま、お気をつけ下さいませ。



rohengram799 at 11:11|PermalinkComments(2)

2022年03月30日

春和雲便りNo.24:Beast

鎌倉の 鶴岡八幡宮に向かう参道入り口に近い場所に「Z」の落書きがあったそうですね。「Z」はロシアのウクライナ侵攻への支持を意味するものと言われているので、このことと結びつけてのニュースも多いですが、ちょっとそれは考え過ぎなのでは? マスコミが使う「Z世代」の非常識な輩たちが「オレ様参上!」的に落書きしたのでは? と私は思ったのですが……。あたたかくなって、何かやらかしたくなったのでは? いずれにしても迷惑な話です。

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/eng/z/E0146.html

この「Z世代」ってわざわざそんな言い方をしなくても、と思うのは「マジンガーZ」とか「フェアレディZ」を思い浮かべる世代だからでしょうか? (また「昭和39年の俺たち」を買ってしまったわ) でも一番思い出深いのはコチラの漫画です。

https://bookmeter.com/books/4132054

* * * * *

千早茜さんの『人形たちの白昼夢』を読み終わりました。

https://bookwalker.jp/de34215d5e-c7f6-4b93-b534-9549fbc04b81/

どのお話も不穏で怪しく妖しく美しくせつなくていとおしい……12編のショートストーリーのひとつ「ビースト Beast」にあった一文は確かに……となりました。

…… 人間は同じ言葉を話すのに、同じことを皆が聞いてはいないからです。マムウにはマムウにしか感じられない音や匂いがありました。他の動物だってそうです。自分の種族の大いなる流れに耳を澄まさない生き物はいません。人以外は。人はそれぞれが自分に都合の良い言葉を切り取っているように見えました。けれど、人の身の裡(うち)には常に深い空洞があり、埋まることがありません。……
(P90〜91)


表紙と本文中の挿画は岡上淑子さんのコラージュ作品だそうです。
https://www.kawade.co.jp/sp/isbn/9784309279114/

* * * * *

3月も明日を残すのみになりました。今月の更新はコレにて……です。今月もお付き合いいただき、ありがとうございました<(_ _*)> 来月もまたどうぞよろしくお願いいたします。ご自愛下さいませ。



rohengram799 at 06:50|PermalinkComments(2)

2022年03月25日

春和雲便りNo.19:Yesterday 🎶🚗💨🎶

映画『ドライブ・マイ・カー』に触発されて村上春樹のこの本を買うのね(* ̄∇ ̄*)


レジのおねーさんにそう思われたらイヤだなぁ、と思いつつ、他の本と一緒に『女のいない男たち』を「お願いします」とカウンターに置いたのは先月のこと。なんかエロ本を買う中学生みたいじゃないか! 映画の帯がついているのはイヤなのでそれがないのを買いましたけど。

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167907082

表題作は短くてコレを映画に?と思いましたが、この本1冊が原作みたいですね。映画は見ていませんが、西島秀俊さんではちょっと若いかなぁ、というイメージを持ちました。こちらに名言集の記事がありました。なんだかんだ言ってもやはりうまいですね。短編しか読んでませんが。

https://www.haruki-m.com/meigen/onna.html


私は「イエスタディ」が一番よかったです。あのビートルズのイエスタデイを関西弁に訳す木樽という男。関西ではなく田園調布の生まれ。関西弁は一生懸命勉強して覚えた。関西まで何度か実習にも行って(爆) こんな彼の幼馴染と形式的に付き合うことになった男が主人公の話。幼馴染の女の子が見る夢が美しくてかなしくてせつない。


私は同じ夢をよく見るの。私とアキくんは船に乗っている。長い航海をする大きな船。私たちは二人だけで小さな船室にいて、それは夜遅くで、丸い窓の外には満月が見えるの。でもその月は透明なきれいな氷でできてる。そして下の半分は海に沈んでいる。『あれは月に見えるけど、実は氷でできていて、厚さはたぶん二十センチくらいのものなんだ』とアキくんは私におしえてくれる。『だから朝になって太陽が出てきたら、溶けてしまう。こうして見られるうちによく見ておくといいよ』って。その夢を何度も繰り返し見た。とても美しい夢なの。いつも同じ月。厚さはいつも二十センチ。下半分は海に沈んでいる。私はアキくんにもたれかかっていて、月は美しく光っていて、私たちは二人きりで、波の音が優しい。でも目が覚めると、いつもとても悲しい気持ちになる。もうどこにも氷の月は見えない」
栗田えりかはしばらく黙っていた。それから言った。
「私とアキくんと二人だけでそういう航海を続けていられたら、どんなに素敵だろうと思う。私たちは毎晩二人で寄り添って、丸い窓から氷でできた月を見るの。月は朝になったら溶けてしまうけれど、夜にはまたそこに姿を見せる。でもそうじゃないかもしれない。ある夜、月はもう出てこないかもしれない。そのことを思うとひどく怖い。明日自分がどんな夢を見るのか、それを考えると、身体が音を立てて縮んでいくくらい怖い」(P107〜108)


長編も読んでみようかなぁと思いつつ……いつになるかわかりません。まだら短編集があったらそちらを手に取るかも(^_^;)


虫のカブトムシと車のビートルをかけた俳句か短歌を見つけたのだけれど、メモをしなかったので何に書いてあったのかわからなくなってしまった……残念!



rohengram799 at 07:20|PermalinkComments(3)

2022年03月19日

春和雲便りNo.13:白い花がほほえむ

昨日は肌寒い1日でした。「毎年よ彼岸の入りに寒いのは」 正岡子規の言う通り……夜には岩手県を中心に大きな地震が。皆さまの体調も心配です。お彼岸期間中だけでも地震に悩まされることがありませんように。

* * * * *

♪あなたに出会って 見つめた瞳が
なぜなの こんなに燃えてる Je t’aime


沙良峰夫(明治34・3~昭和5・12)という詩人を知りました。多分「白い孔雀」を調べていた時だと思われます。この方の詩集に『白孔雀』というのがあったので、検索にかかったのだと思われます。そしてメモしておいたのでしょう。この方は北海道出身、謎の詩人と言われていたようで、稲垣足穂の「お化けに近づく人」「北極光」のモデルだとか。読んでみたいですな!

【絢爛たる詩魂】
https://fragile-seiga.hatenablog.com/entry/2022/03/14/062527

『雪』という詩の( )部分のつぶやき? ささやき? あいづち? が好きです✨
http://maruisora.wpblog.jp/s-mineo/

【北海道の文学碑】
http://aiko1.sakura.ne.jp/bu/yoiti/yoiti.htm


サラ・ベルナールをモジったペンネーム(*)ということで、懐かしい歌を思い出しました。宝塚でサラ・ベルナールを主人公にした舞台『ラムール
ア パリ』の主題歌「白い花がほほえむ」……最初に書いたのがその歌詞です。「Je t’aime」はジュテームではなくジュヴゼェームという感じの発音になっています。この方がフランス語発音に近いらしいです。

【白い花がほほえむ】
https://ameblo.jp/mariya-tomoko/entry-12121777006.html

トンちゃん(毬谷友子)も書いていますが、綺麗な曲と歌詞なので好きな人は多いと思います。歌の上手な娘役さん(初風諄さんとか峰丘奈知さんとか)が歌うのしか聞いたことがないので、いいなぁ💕と素直に思えるのかも(笑) 宝塚ファンの友人の結婚式で歌ったという話も聞きました。これからも歌い継いで欲しい名曲のひとつです(・∀・)人(・∀・)



(*)
http://www13.plala.or.jp/donzamaru/scramble/bitoiwa/bitoiwa4.htm



rohengram799 at 08:00|PermalinkComments(2)
記事検索
月別アーカイブ