空のお城図書館

2019年02月04日

令月雲便りNo.7:月曜日はドラマチック d( ゚ε゚;)

今テレビで『タクシードライバーの事件簿』というドラマを放送しているのだけれど、『タクシードライバーの推理日誌』とはまた違うのね、渡瀬恒彦がやっていたのと。なんだかややこしくてまぎらわしい。いろんな局に浅見光彦がいるのと同じようだわ。


https://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/20190204/


話の内容がどこかで聞いたらことがあるような、と思ったらやはり『重いで探偵』の中にあった「鶴を折る女」が原作だったわ。このシリーズはずっとこれを原作にして続けるつもりなのかしらん? 『思い出探偵』を読んだ時の記事はコチラ です。

http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50719094.html




さてさて、以前コチラの記事に書いていた中島京子さんの『長いお別れ』を読み終わりました。

http://rohengram799.livedoor.blog/archives/50765575.html

↑コレを書いたのは約3年前、だいぶ感性が鈍ってきたような気がします。淡々と書かれているけれど、ここには10年の時間の積み重ねがあり、それぞれの生活があって……ということを考えると、それほど厚くない1冊の中にスゴい凝縮した時間が詰め込まれているわけで……。ユーモアもあり、重苦しくて先が読めない!という雰囲気がない分、それが怖いというか……。昨晩遅くに読み終わったので、なかなか寝付かれなかったです。



最後にもうひとつ、全然知らなくてビックリしたPR動画! こんなのを作っていたとは……ランキングは正直アテにならないと思う。車がない人は高い電車代を払わなければどこにも行けません(ノ´Д`)ノ

https://search.yahoo.co.jp/amp/nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1811/16/news083.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D



rohengram799 at 21:07コメント(2) 

2019年02月02日

令月雲便りNo.4:倫理のツル

また俳優さんが逮捕のニュース……彼はタケちゃんの『アウトレイジ・ビヨンド』にも出ていて、結構いい役で面白かったのになぁ。



さてさて……ヤングジャンプで倫理教師の漫画が連載されているのだけれど、ずっと女だと思っていたら男だったΣ(-∀-;) 私の高校時代は「倫理・社会」「公民」「地理」「日本史」(世界史は私がいたクラスでは選択肢がなかった)だった気がするけど、前のふたつは内職の時間だったと思う………みんな英単語とか宿題とかやっていたような……。私は多分、教科書にイタズラ書きをしていたんじゃないかなぁ。担当教師の顔も名前も思い出せない。真面目に授業を受けていたら、少しは人生が変わっていたんだろうか?


【ここは今から倫理です】

http://mogmogfirst.hatenablog.com/entry/2017/12/28/221650



コミックスの2巻に「2本足の鶴」(折り紙)が出てきたんですが、キモい………なんというか未知なる生物になってしまったような……(|||´Д`) 使う紙の柄によっては不気味さが増しそう!

https://m1kako.com/post-379-379



rohengram799 at 20:20コメント(0) 

2019年01月27日

萌月雲便りNo.29:シロクマさん (´・(ェ)・`)

「嵐が2020年で活動休止」ですか~まぁ、私的には別に……かなぁ(。-∀-) SMAPみたいな、あんなひどい解散はなくすようにいろいろ話し合ったんでしょうね。



ところで……以前『光る牙』という小説の感想を書いた時に「スピリットベア」についていずれ……としながら、ずっと放置してしまいました(; ̄ー ̄A


http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50745087.html



あらためて、白いクマさんの姿をご覧下さい。

【スピリットベア】

https://www.canada.jp/stories/post-3667/



そしてこちらが気になっていた本です。未だに読んでいないのですが、こちらの記事を2つ読んだら、既読マークをつけたくなりました。本を読むタイミングってやっぱりあると思います(;゜0゜)



【スピリットベアにふれた島】

https://blog.goo.ne.jp/pocketgarden/e/365e8998f7f0a6f09300e62d719e07f7


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/doragoo314-b/entry-10946326069.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D


rohengram799 at 19:30コメント(0) 

2019年01月18日

萌月雲便りNo.18:花と藁

どこで見たのか忘れたけれど「花鶏」というのが気になり、メモしてありました。最初、昔、お祭りで見た花魁みたいな飾りをつけた犬を思い出してニワトリ🐓を飾り付けた?と想像してだけれど、やっぱり違いました。普通の小鳥🐦だった! 幸せの青い鳥ではなかったけど(((^^;)


https://mobile.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/4522.html




さてさて……『歴史群像』2016年12月号の「迷宮歴史倶楽部」は「古来から日本人を包んできた藁細工の知恵」でした。


ワラは稲ワラだけでなく、カヤやヒバ皮や様々なものをひっくるめていうそうです。雨具の簑は水を弾くムギワラがいいとか。「ヒミノ」という多分漢字で書くと「日簑」だと思われる、日除けすだれみたいなもののイラストもありました。はじめ、窓とかに付けるものだと勘違いしてましたが、身体に着けるセアテミノのイラストだったようです。首回りがまるくなっていた。

https://www.kanazawa-museum.jp/minzoku/teachers/data_detail08.html




沖縄県の「おとり飛行機」(昭和20年)。「やはり竹で編む。物資不足という以上の文化的迫力を感じます。」と書いてあったけど、同感。そこまで追いつめられていたのかと思うけれど、それでもコレを作り上げたのか、という感動もありました。こちらも
写真を探したけど見つからなかったです。資料館みたいなところにいかないとダメなのかな。


欄外の【迷宮メモ:前号の松根油に続き、戦時下における“天然由来”物質のお話です。ムシロ、俵、簑などを集めてこうやって眺めますと、“鉄がない国”という劣等感よりも、藁細工は日本の文化であり、日本人の真面目さ器用さが強く感じられます。戦地ではぱぱっと簑や草鞋を作れてしまうってすごいですよね。(吉祥寺怪人)】を読んで、先人の知恵の素晴しさを再認識しました。



私の文章力では全く伝わらないと思いますので、機会がありましたら雑誌をご覧下さいませ。

rohengram799 at 09:44コメント(0) 

2019年01月12日

萌月雲便りNo.14:ねぇ、ムーミン (;・ω・)

今日は本当に寒いっ🐧🐧🐧 雪がいつ降りだしてもおかしくない冷え込みですね。


さてさて、昨日、何がきっかけだったか忘れましたが『ムーミン』の作者のあれこれが書いてあるサイトにたどり着き、えっΣ(゚◇゚;) ムーミンの作者って女性だったのΣ(・ω・ノ)ノ となりました。私、ずっと男性だと思っていました。ミッフィーちゃんの作者と一緒になっていたのかも。

https://shimirubon.jp/reviews/1675808




今は流れていませんが、TBCのコマーシャルでローラが人魚になったのがありましたよね。アンデルセンの人魚姫も「本当は恐い…」系の原作(?)がありますが、恩返し系で「見たな~!」の○○女房もいくつかパターンがあるようで。「恋女房」ではなく「鯉女房」とかありました(笑)


こちらは鯛女房です。味の決め手は………お食事前後は読むのを避けた方がいいかも(-_-;)

http://hukumusume.com/douwa/betu/minwa/09/21.htm


rohengram799 at 14:23コメント(4) 
記事検索