まど・みちお

2019年06月02日

林鐘雲便りNo.1:6月

6月になりました。昨日「衣更」の文字を見て、そうか! 衣更えか! となりましたが、先月が暑すぎて、皆さん、とっくに夏服なのでは?と思いました。もしかしたらこの言葉も「季節外れ」になっていくのかもしれませんね。



まだ関東は梅雨入りしていませんが、今日はまど・みちをさんの『あめのおと』という詩を……。




あめのおと


あめの おとってさ

くさに しとしと

いけに ぽちょぽちょ

ほどうに ぴちぴち

かさに ぱらぱら

とたんの やねには

たんたか たんたか

おもしろいんだよな

でもさ

あんなに たかい たかい

てんから ふってくる

とちゅうの おとって

ああ どんなんだろうなあ





まどさんは「詩がなければ死んでしまうというほどでもないですけど、書かずにはおられないのです。言葉が溢れ出てくるのです。」と言っていたそうです。



私は時々お疲れモードになってしまうし、溢れ出る言葉を吟味しないととんでもないことになってしまうのですが(-_-;) 今月もまたチマチマと更新していけたらと思います。


「林鐘(りんしょう)」は旧暦6月の異称だそうです。時期は少し先になりますが、むし暑い季節に森林浴のような空気感をお届け出来たらいいなと思います。静かなること、林の如く……な上品な記事を目指したい(笑)




では、今月もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。


rohengram799 at 13:02|この記事のURLComments(2)

2018年06月18日

芸香雲便りNo.17:キリン

毎年6月21日は「世界キリンの日 World Giraffe Day」。1年で1番昼の時間が長い日である夏至が6月21日前後にあることから「1年でもっとも昼が長い日に世界一首の長い動物を知ろう!」ということでキリン保全財団が制定したそうです。「世界◯◯の日」って、動植物だけでもかなりの数があるのかしら? まどさんはかなりの数の動植物の詩を書いていますが、もちろんキリンさんもありました。




『キリン』まど・みちお

みおろす キリンと
みあげる ぼくと
あくしゅ したんだ
めと めで ぴかっと・・・

そしたら
せかいじゅうが
しーんと しちゃってさ
こっちを みたよ



キリンさんと♪目と目で通じあう~かすかに ン 色っぽい~ なのか、色っぽいというよりふたり(?)だけの不思議な空間が出来上がったのか・・・。


【工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」】

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=4417




コチラは不思議というかなんとゆーか・・・の遊園地です。某作品の同人作品をいろいろ読んでいたら出てきました。「パリ植物園」で画像検索してもいろいろ出てきて面白いです。


【動物のメリーゴーランド】

http://chaehwa.jugem.jp/?eid=131





大きな地震が続いています。皆さまのお住まいの地域は大丈夫でしたか? 梅雨時の地震、土砂災害も心配です・・・。

rohengram799 at 11:56|この記事のURLComments(2)

2018年04月24日

清和雲便りNo.25:あかちゃん (ノ≧▽≦)ノ

【あかちゃん】 まどみちお



なんで こんなにうれしいのか

テレビのコマーシャルにでる

一しゅんの あかちゃんが

かわいい!とこえあげさせるが

一しゅんとはいえ なんどかみてると 

なじんできて きやすいはずなのに

どうも まぶしい!

とおもって ハットきがついた

だっこされてるんだ かみさまに!

あかちゃんは どんなあかちゃんでも

なんのあかちゃんでも

ママにだっこされてても そのまま

かみさまに だっこされてるんだ!

どうながめても としよりとは

せいはんたいのあかちゃんだが

だからこそ としよりのわたしに

はっきりとわかって

あんなにかわいくてまぶしいのだ






「イギリス王室、ウィリアム王子の妻・キャサリン妃(36)が4月23日、 ロンドン市内の病院で第3子となる男児を出産」のニュースに合わせて、まどみちおさんの詩を(笑) 男児の体重は8ポンド7オンス(約3800グラム)。大きい! ウチの長男が3735gで「新巻鮭みたいだ」と思ったのだけれど(^o^;)キャサリン妃はどうだったのかしら?



海外では出産してすぐ退院してしまうけれど、大丈夫なのかなぁとお母さんの身体を心配してしまいます。せめて3日くらいは・・・と思ってしまいます。名前も気になりますが、元気に大きく育っていただきたいです(о´∀`о)



たまに保田圭ちゃん(元モーニング娘)のブログを読むのですが、息子さんに袴ロンパース姿の写真が。おお、こんなものもあるのか! かわいい! 私も新撰組ミーハーな若かりし頃は、五稜郭祭のパレードに参加する気満々で浅黄色の羽織にシマシマ袴を買いました。結局身につけることはなく(羽織はその後、同人誌即売会で着たような)他の参加したいけれど、持っていないという人に着てもらいました。袴ロンパースを見たら、そんなことを思い出しましたわ。




rohengram799 at 15:40|この記事のURLComments(6)

2018年03月28日

桃月雲便りNo.31:目玉焼き

「全日本目玉焼き学会」というモノが存在するらしいです。似たようなモノが漫画「美味しんぼ」に出てきたけれど、食に関する団体ってきっと他にもたくさんあるんでしょうね。


http://medamayaki.net/menu.html



まど・みちおさんの詩に「めだまやき」(作品がすでに「」つきなのが意味深だと思う)というのがあって、何気なく使っている言葉のウラに在るものについて考えてしまいました。ただ繰り返しているだけで、その意味や本質が見えなくなっていることがたくさんあるような気がして・・・。




「めだまやき」


戦後に使われだしたのだそうだが
「めだまやき」ということばは いたい
いたくて こわい
いきなり この目だまに
焼きごてを当てつけられるようで・・・



いや 小さい弱い生きものたちの
はだかの目だまに
はだかの生命(いのち)に
この手が じかに
焼きごてを当てつけて楽しむようで・・・


いいことばだ どんどん使え
使いなれて 平気のへいざにられ
あの「たまごやき」ということばのように
と 何かにそそのかされるようで・・・


そのちょうしで そのちょうしで
いよいよ さいげんなく はてしなく
ざんにん ざんこくに なっていけ
と 何かにあおりたてられるようで・・・
こわい
「めだまやき」ということばは こわい




rohengram799 at 13:56|この記事のURLComments(3)

2018年03月18日

桃月雲便りNo.20:かいだんのかいだん

パラリンピック、成田緑夢選手が金メダルを2つ取りましたね~スゴいです!しかし、最初の金メダルの時、読売新聞・スポーツ面の見出しが【成田 エクスプレス】だったのは・・・(´ε`;) これはセンスがあるんですかね? 成田エクスプレスの速さに掛けたとしても、ビミョーな気がする・・・。


2つ目のメダルの新聞一面の見出しは、あっさり【成田 「金」】だったのですが、DUSKINのコマーシャルで人気者になった、きんさん・ぎんさんの「成田きん」さんを連想してしまった!



そんな風に、ワタクシの何かを毎日刺激し続ける読売新聞さん(笑) 3/16の編集手帳では『回文遊び大事典』(東京堂出版)を知りました。上から読んでも下から読んでも山本山・・・? 古いなぁ。


https://www.e-hon.ne.jp/bec/SP/SA/Detail?Action_id=121&Sza_id=HH&refShinCode=0100000000000030595379


http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1793168/1802629/84410886




以前『一行怪談』という本のことを書きましたが、まど・みちおさんのこの詩も、読み手の受け取り方によっては怪談・・・になるような・・・! 言葉により限りなく新世界・異世界が広がっていくおやぢの春です(*´∀`)♪




『かいだん』


かいだんを のぼった
一だん 一だん のぼった
のぼりつめて ほっとしたら
まだ そらへと つづいていた
みえない かいだんが・・・
そして そこを のぼっていた
なにかが まぶしく
どこまでも どこまでも
わたしの だいりのように


かいだんを くだった
一だん 一だん くだった
くだりおえて ほっとしたら
まだ ちかへと つづいていた
みえない かいだんが・・・
そして そこを くだっていた
なにかが ひとりで
とぼとぼ とぼとぼ
わたしの だいりのように




rohengram799 at 00:32|この記事のURLComments(4)
記事検索
月別アーカイブ