映画

2019年04月18日

春愁雲便りNo.17:Shapes of Love

「蝶の恋空の窪んでゐるところ」


川嶋一美さんの句集『空の素顔』から………「猫の恋」という季語は知っていたけれど「蝶の恋」やら「鳥の恋」もあるらしい。中国では一対の蝶は「永遠の絆」を意味するとか。ヒラヒラ飛んでいる蝶は昔は「かわひらこ」と言っていたようです。清らかな水の流れに蝶も絵になりますなぁ……墨一色で描かれていたとしても、そこに色を感じることが出来そうです。でも実物の蝶はあんまり……かな。年齢があがるにつれて、なんだか苦手になってきました。詳細な図版やら写真やらが増えたからでしょうか、なんかコワいのです(´゚ω゚`)




この前、久しぶりに映画『レオン』のエンディング曲を聴きました。当時は(イヤ今もか)意味がよくわからなかったけれど、せつないメロディが好きでした。その後にELTの「Shapes Of Love」を聴いて、同じ「Shapes 」という言葉を使っていても全然違うじゃん!と思ったワタクシ。


♪この恋 つかみ取りたい とか 「まちぶせ」の ♪あなたを振り向かせる と同じくらいのショーゲキを受けましたわ。このくらいのpassionがなければ恋とは言えないのですね♪~(・ε・ )




【 Shapes of my heart 】

http://studio-webli.com/article/lyrics/72.html



【 Shapes Of Love 】

https://sp.uta-net.com/movie/9974/





藤原龍一郎さん(1952年福岡県生まれ。何冊か歌集を出版されています)がこんな短歌を詠まれていました。


「二人いてされど二つの影を曳く孤独ありけりレオン、マチルダ」




rohengram799 at 00:35コメント(6) 

2019年02月21日

令月雲便りNo.24:菜の花ロンド

気温が高い日が続いたからか、近くの高校の前の道路脇に菜の花がたくさん咲いていました。まぶしいくらいの黄色! 菜の花忌と呼ばれる忌日があることなどを思い出しながら通りすぎましたわ。

https://hana.ureagnak.com/hana_topic_18.html



時間帯によってはちょっと歩いただけで汗ばむことも……デブだからじゃないと思いたい……ハーゲンダッツの期間限定アイス「抹茶チーズ」が美味しいときいたので食べたくなってしまうv(*´>ω<`*)v


https://www.haagen-dazs.co.jp/company/newsrelease/2019/_0219.html





「人生は重大なものだ。快楽などデザートだ。」 

「あら、デザートは好きよ。」



こんな洒落た台詞が出てくる(らしい)戯曲を映画化したのが『輪舞』。もちろんフランス映画(*^.^*)


http://blacken.xyz/%E3%80%8E%E8%BC%AA%E8%88%9E%E3%80%8F%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%B9%E7%9B%A3%E7%9D%A3%EF%BC%881950%EF%BC%89%E3%80%801900%E5%B9%B4%E3%82%A6/



「輪舞」というと亡くなってしまいましたが、津雲むつみさんの『風の輪舞』という漫画を思い出しました。メロドラマにもなっていたなぁ。今、お昼はドラマより情報番組ばっかりですね。朝も昼も夜もなんか同じことをやっているんじゃないかと思いますヽ(;´ω`)ノ



追記:北海道で地震がありましたが、皆さま、大丈夫でしょうか? 夜の地震、まだまだ冷えるこの時期、もう揺れませんように。



rohengram799 at 20:29コメント(0) 

2019年02月12日

令月雲便りNo.17:ホンの戯れ言

おはようございます! 昨晩から渡辺優さんの『自由なサメと人間たちの夢』を読んでいます。タイトルと表紙買いの1冊。

特設サイトはこちら⇒http://renzaburo.jp/same/



森博嗣先生が昨日のブログに「週刊誌を読んだことがない」と書かれていた……週刊誌読みまくりの俗物なワタクシ、こんなところにも性格、生活、嗜好の違いが顕著に表れるのかしら………芥川龍之介の『微笑』という短い話を読んで考えたのが「昔“微笑”って女性誌があったよなぁ」だったし。イヤイヤ、比べることがすでに間違っておりますな😅 『神神の微笑』という話も。キリスト教を日本に広めるのは難しかっただろうなぁ。



本がらみの話題でもうひとつ。岡田くんが土方さんに!のニュースにヽ(*`゚∀゚´)ノであります!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000302-oric-ent


今まで何人も土方さんを演じてきましたが、私がイイね!と思ったのは、役所広司さんと山本耕史さんですd(≧∀≦)b 渡哲也さんは申し訳ないけど、美的じゃないし、イメージに合わなかった。あと独身時代に観たTHEガジラの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン京都―新撰組の巻―』の千葉哲也さんがよかった💕 これは内容も好きだったので(演出の鐘下辰男さんの風貌も好みだった!) 今も皆さん、活躍されていて嬉しい限りです。まぁ、私が観た時にはすでに人気がありましたけど💦 当時、新撰組ミーハーだったので、いくつか他の劇団の作品も小劇場で観ましたが、ダントツで素晴らしかったです。


ただ、土方さんが愛したお雪さんが柴崎コウなのが、岡田くんとのバランスを考えるとう~ん、と気にはなります。雰囲気は悪くないと思うのですが。あと、いまだに沖田さんは美形!じゃないとダメなのね(笑) 美形でも性格は『銀魂』の沖田さんだといいのに~まぁ、ムリだろうけど。最近は映画も観ていませんが、楽しみであります。


♪燃えよ我が剣、我が命~ 今日の脳内BGMはこれだ♪(o・ω・)ノ))




rohengram799 at 06:52コメント(4) 

2018年12月09日

竜潜雲便りNo.17:マイウェイ

以前、車のコマーシャルだったか、フランク・シナトラの「夜のストレンジャー」が使われていました。この歌は私が好きだった宝塚の生徒さんの退団公演のショーで使われていて、好きだったので、ああ、懐かしいわぁ、と思っていました。フランク永井さんも歌われていたみたいですね。和訳もいくつかありましたが、私はコチラの訳が好きです❤️ ( 多分、宝塚で歌われていたのはコレだと思う。もう30年近く前だから記憶が・・・!)


https://www.oricon.co.jp/prof/193630/lyrics/I146675/



さて、シナトラといえば『マイウェイ』が一番最初に浮かぶ人も多いと思うのですが、私は小学生か中学生の時にテレビ放映された映画が好きで、サントラ盤を買ってしまいました。その中で「悲しみに泣く肩」という歌があったと思うのですが、確認しようにもLPは実家。歌詞は英語だったからほとんど覚えていない・・・でも、今だったらDVDとかあるかも!と検索したら・・・発売されていなかった(涙)


映画『マイウェイ』

http://js3314t.sakura.ne.jp/myway/myway_1.html




rohengram799 at 17:00コメント(2) 

2018年08月27日

炎昼雲便りNo.31:検察側の罪人

タイトル通り(笑)映画『検察側の罪人』を観てきました。いつもは貸し切り状態なのに、今日は結構席がうまっていましたわ。


http://kensatsugawa-movie.jp/sp/index.html



映画評論家みたいな人が「木村さんは今まで何をやってもキムタクって感じがしたけど、今回は違う」とか言ってたので、多少期待してたのだけれど、やっぱりキムタクだった・・・! 脇の役者さんが上手いので、以前ほどではないけどやっぱりちょっと異質感があるんですよねぇ。もうちょい年が上の役者さんが演じた方がしっくりした役だったかも。ニノは悪くなかったです。


物語の中に「インパール作戦」とか「白骨街道」とか出てきたけど、あまり効果的に使われていなかったような・・・。あと3枚のタロットカードもう~ん、イマイチ。あといろんな事件に関わっている人間が、大勢の一般人(がいる飲み屋でその案件について話をするのはどーよ、な気持ちになりました。


私は原作は読んでいないので、もしかしたら小説ではフム!と納得の出来る伏線になっていることがたくさんあるのかも・・・と思いつつ、小説のネタバレ記事を探して読んでしまった(笑) 原作と映画はかなり違うんですね~これは小説の方が面白そうな気がしてきました。小説読んで映画を観たらものすごくガッカリしそう。



欧米のドラマや映画で裁判官がよく叩いているアレをキムタクがコレクションしていたのだけれど(もちろん映画の中で)アレは「ガベル」というんですね。初めて知りました。


ジャニーズ主演映画、次に観るのは岡田准一くんの『散り椿』かな? 岡田くんは安心して楽しめる(笑)



rohengram799 at 13:46コメント(4) 
記事検索
月別アーカイブ