谷川俊太郎

2018年05月30日

若夏雲便りNo.27:加減乗除

5月も明日で終わり、関東の梅雨入りも時間の問題ですね。ブログに書くようなネタがなかったのですが、簡単な算数問題に(-ω- ?)となるようになったワタクシ、谷川俊太郎さんの詩のはタイトルにひきよせられました~ささやかなしあわせ、ささやかな人生、それもまたヨシ(笑)




『足し算と引き算』谷川俊太郎


何もないところに
忽然と立っている 
ひとりの女とひとりの男
そこからすべては始まる

青空?
よろしい青空をあげようと誰かが言う
そしてふたりの頭上にびっくりするような青空がひろがる
地平線?
よろしい地平線をあげようと誰かが言う
そしてふたりの行く手にはるかな地平線が現れる

その誰かが誰かはいつまでも秘密
ふたりはただ贈り物を受け取ることができるだけ
それからはこの世の常で
ありとあらゆる物が降ってくる
お金で買えるものもお金で買えないものもごたまぜに

ふたりはとりあえず椅子に座る
椅子に座れるのは幸せだ
次にはテーブル
それがいつのまにか見慣れたものに変わっていくのは幸せだ  
朝の光の中でふたりはお茶を飲む
いれたてのお茶を飲むのは幸せだ
だが何にもまして幸せなのは
かたわらにひとりのひとがいて
いつでも好きなときにその手に触れることができるということ

昔はそんなのはプチブル的だなんて言う奴もいた
でも今じゃみんな知ってる
幸せはいつだってささやかなものだってこと
不幸せはいつだってささやかなんてものじゃすまないってこと

しかし幸せはいったいどこまでささやかになれるんだろう?
この当然の疑問に答えるために
ふたりは茶碗をたたきつける
テーブルをぶっこわす
椅子を蹴倒す
この世の常なるものをなにもかも投げ捨てて
青空を折り畳み地平線を消してしまう
そして少し不謹慎かもしれないがすっぱだかになる

驚くべきことにそれでも幸せはちっとも減らない
ひとりの女とひとりの男は手に手をとって
我ながら呆然として
何もないところに立ち尽くす

すると時間の深みからまたしても
あの秘密の誰かの声が聞こえる

「なんにもないのになにもかもある

 それこそ私の最大の贈り物

 それを私は愛と呼ぶのだ」






rohengram799 at 10:27コメント(4) 

2018年04月06日

清和雲便りNo.8:『聞こえる』こと『信じる』こと

♪戦う者の歌が聴こえるか? 鼓動があのドラムと響き合えば 新たに熱い 生命がはじまる 明日が来たとき そうさ明日が!


これはミュージカル『レ・ミゼラブル』の中の一曲「民衆の歌」です。昨日書いた記事のコメントでのざわ様が教えて下さった『聞こえる』の歌詞を読んで思い出しました。のざわ様、ありがとうございます!



『聞こえる』

http://www.chorus-song.com/sp/popular/kikoeru.htm



私は他の動画でこの合唱曲を聴きましたが、とてもよかったです。学生の合唱コンクール曲にとてもふさわしく感じました。何かが起きている、それはわかる、そのために何が出来るのか、嘆きや苛立ち、希望などたくさんのものが入っているなぁと。


谷川俊太郎さんの詩もたくさん合唱曲になっていますよね。『信じる』も素晴らしくて、涙が出そうになってしまった・・・!



『信じる』谷川俊太郎


笑うときには おおぐちあけて
おこるときには 本気でおこる
自分にうそがつけない私
そんな私を 私は信じる
信じる事に 理由はいらない

地雷を踏んで 足をなくした
子供の写真 目をそらさずに
黙って涙を流した あなた
そんなあなたを 私は信じる
信じることで よみがえるいのち

葉末の露が きらめく朝に
何を見つめる 小鹿のひとみ
すべてのものが 日々新しい
そんな世界を 私は信じる
信じることは 生きるみなもと




くちびるに歌を・・・なゆたかな週末をお過ごし下さいませ♪(o・ω・)ノ))



rohengram799 at 08:11コメント(4) 

2018年04月04日

清和雲便りNo.5:泣けばいい

昨日は「泣かないで」でしたが「泣かせて」は以前書いたので、今日は「泣けばいい」です(笑)


谷川俊太郎さんの詩って、どシリアスなのもユニークなのもいろんなものがありますが、そうだよね・・・と、励まされるものが多いような。この詩も最後に納得です。すぐには笑えなくても、小さな笑いでも、きっと明るい未来につながるはず。




『泣けばいい』谷川俊太郎


泣けばいいんだ泣けばいい
哀しいときは泣けばいい
泣けば烏もカアと鳴く

泣けばいいんだ泣けばいい
ひとりのときは泣けばいい
遠い誰かにとどけとばかり
風もいっしょにむせび泣く

泣けばいいんだ泣けばいい
苦しいときは泣けばいい
泣いてどうなるものでもないが
泣いてはらそう曇り空

泣けばいいんだ泣けばいい
泣きたいときは泣けばいい
まぶたはらして鏡を見れば
いつか笑いがこみあげる



どうぞ良い1日を(*´∀`)♪



rohengram799 at 07:58コメント(4) 

2017年11月08日

霜見雲便りNo.7:うそ

スマホのパズルゲームを今2つやっているのですが、コレってエンドレスなのかしら・・・前やっていたのはチャレンジモードとエンドレスモードがあって、エンドレスで腕を磨き(笑)チャレンジに戻ってクリアしたのですが、今のは「レベル270」とかになってもゴールが見えない~そして1つはステージクリアしたところでフリーズ! やり直してもフリーズ! ここまで来て先に進めない~最後があるかどうか知りたいのに~悲しすぎる~( TДT)



最後と言えば、ニノが主演の映画『ラストレシピ』公開されましたね。原作の記憶も薄れてきた今なら楽しめるのかしら? 内容はつまらなくてもかまわないので(おいおい・・・!)料理はどんなものか見てみたいです(笑)



そして料理といえば、ダンナさんがコンビニで買ってきた漫画雑誌に、ケンミンの焼きビーフンでお馴染みの陳健民さんの話が載っていました。日本人好みに麻婆豆腐やエビチリなどを調理して、四川料理を広めた方ですね。こんな言葉がありました。



「私の料理 少しウソがあります でもそれはよいウソです」



そして、最近知った谷川俊太郎さんの「ほんととうそ」 という詩に話は繋がるのでした( ̄▽ ̄;) 今日はこの詩で締めくくります。




『ほんとうとうそ』


うそはほんとによく似てる
ほんとはうそによく似てる
うそとほんとは
双生児
うそはほんととよくまざる
ほんとはうそとよくまざる
うそとほんとは
化合物

うその中にうそを探すな
ほんとの中にうそを探せ
ほんとの中にほんとを探すな
うその中にほんとを探せ





rohengram799 at 11:15コメント(4) 

2017年08月12日

竹春雲便りNo.12:ウサギとカメとワニ

『おおくにぬしのぼうけん』という本が福永武彦さんの文,片岡球子さんの絵で発売されていました~た!なんて贅沢な絵本!片岡球子さんの力強い富士山の絵が好き(≧▽≦) ああ、どれか一枚、リトグラフでもいいから欲しいなぁ・・・かなりお高いのですが。


おおくにぬしと言えば、いなばのしろうさぎを思い出しますが、○○系男子とかの中にうさぎ系男子もいるのですね。ビックリですわ。


https://matome.naver.jp/m/odai/2147335810949677901/2147336253650408103






うさぎと かめ

 

 ようい どん!

 うさぎはぴょんぴょん はねていく

 みみをかぜに なびかせて

 あとあししっかり じめんをけって



 かめはのそのそ あるいていく

 おひさまぽかぽか あたたかい

 いいてんきだな たのしいな



 うさぎはぴょんぴょん はねていく

 じぶんのはやさが うれしくて

 ゴールめざして いっちょくせんだ



 かめはのそのそ あるいていく

 かぜもそよそよ ふいてくる

 いいきもちだな ねむたいな



 うさぎはぴょんぴょん はねていく

 ゴールはとっくに すぎたのに

 まだとまらずに はねていく



 かめはぐうぐう ひるねをしてる

 ちょうちょがかめの せなかにとまる

 うさぎはどこまで いったのか



 いいてんきだな たのしいな







『詩(うた)』(文・谷川俊太郎/絵・広瀬 弦)という絵本があるらしいです。イソップ物語を谷川さん流にアレンジた詩集でしょうか。全部ひらがなで、またおなじみのうさぎとかめの話もちょっと視点を変えると、どちらもいいじゃないか!な話になるのが素晴らしい!


うさぎのテンションの高さがなんとも微笑ましく感じます。かめののんびりゆったりした歩み、ひと休み(?)しているちょうちょの可愛らしさなど、子どものたちも楽しく想像してクレヨンでお絵かきできそう!



週刊モーニングで『ワニ男爵』という漫画が連載されています。アルファルド・J・ドンソンという、職業は小説家のワニが主人公です。ちょっとばかりヤンキーが入ったウサギ、ラビットボーイとの食べ歩きが趣味です。超ジェントルマンなのですが、時々お店で「野生」が暴走するのがまたたまらない(笑)・・・ 今コミックス1巻発売中です(*´∀`)♪





rohengram799 at 15:03コメント(6) 
記事検索