アート・博物館・美術館

2022年05月11日

写月雲便りNo.8:御慶

おはようございます (゚∀゚)ノ

pixivで『御慶めでとう』という漫画を読みました。
ページ数が多いのですが、お田植えの時期に読めてタイミング的にはよかったのかも?と思いました。日本は瑞穂の国ですもん✨

https://www.pixiv.net/artworks/98123908


「御慶(ぎょけい)」という言葉を検索していたら古典落語の演目がありました。が! 最初読んだあらすじでは(´・ω・`)? で内容が理解出来ず……面白さなどもちろんわかりません……。「御慶、御慶、御慶」のどこで笑うのだ? 頭に浮かんだのは般若心境のギョーテーギョーテーとかいう部分(-_-;) バチアタリ💦

https://www.mitsuzoin.com/nanda_hannya19.html

なのでいくつか記事を読んで、ああ、そういうことね〜(´~`;)となったのでした。

【古典落語 御慶】
http://yasu-raku5.jugem.jp/?eid=579#gsc.tab=0

実際YouTubeで噺を聞いた方がわかりやすいかもしれない。落語ってやっぱり技術がいるよなぁ。(追記:五代目小さん師匠の噺を聴きました)

* * * * *

「チンドン屋さんを見たことがない」という記事をどこかで読んだのですが、私も見たのは小さい頃……金魚屋さんは見た記憶はあるけれど、紙芝居屋さんはない……年代や地域差もあるでしょうが、今もチンドン屋さんは活動?していて、コンクールもある!

【名古屋のちんどん「べんてんや」】
https://bentenya.jp/chindon20/

富山のチンドンコンクールポスター! なんか元気が出る気がする(*´∀`)♪
https://www.ccis-toyama.or.jp/toyama/cin/alacart/album.html


コチラはなんともいえない味わいがある作品たち🎨
【畦地梅太郎】
https://www.atelier-u-web.com/gallery/gallary.html



今日は土方さんの命日なんだよなぁ……と思いつつ、皆さま、おだやかな1日を (*・ω・)ノ



rohengram799 at 06:40|PermalinkComments(8)

2022年05月10日

写月雲便りNo.7:ぼくは12歳

日曜日は母の日でしたね。「親より先に死ぬのは一番の親不孝」と言われましたが、親が子を虐待するニュースも途絶えることがないという現実。

昔『ほくは12歳』という詩集を買いました。きっかけは全く覚えていないけれど、この詩はずっと覚えていました。


【ぼくはしなない】

ぼくは
しぬかもしれない
でもぼくはしねない
いやしなないんだ
ぼくだけは
ぜったいにしなない
なぜならば
ぼくは
じぶんじしんだから



今、彼が生きていたらどんなことを思ったのだろう? 中学生になり高校生になり……やっぱり最終的には同じ道を選んでしまい、大人にはならなかったのかもしれない。

ドラマにもなっていたようだけれど見た記憶がない……。
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-17149

新しく文庫でも発売されているみたいですね。
https://ameblo.jp/zo-i/entry-11581615125.html


かなしくつらい気持ちは大人も子どもも変わらないと思うので、少しでもおだやかに毎日を過ごせますようにと思います。

https://blog.goo.ne.jp/abcde1944/e/dbe8476d01200e7c830ded0eecd82974


「こどもの日」も過ぎてしまいましたが、山梨の郷土玩具「おかぶと」を……私は見たことがないんですが、兜に「お」をつけるのは「おかいこさん」「おかんなりさん」(雷)に通じるものがあって懐かしくて好きです。

http://www.popeye.sakura.ne.jp/yamanashi/kanakanbutsu.htm

http://toyokyoudos.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-0191.html



rohengram799 at 08:45|PermalinkComments(0)

2022年03月30日

春和雲便りNo.24:Beast

鎌倉の 鶴岡八幡宮に向かう参道入り口に近い場所に「Z」の落書きがあったそうですね。「Z」はロシアのウクライナ侵攻への支持を意味するものと言われているので、このことと結びつけてのニュースも多いですが、ちょっとそれは考え過ぎなのでは? マスコミが使う「Z世代」の非常識な輩たちが「オレ様参上!」的に落書きしたのでは? と私は思ったのですが……。あたたかくなって、何かやらかしたくなったのでは? いずれにしても迷惑な話です。

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/eng/z/E0146.html

この「Z世代」ってわざわざそんな言い方をしなくても、と思うのは「マジンガーZ」とか「フェアレディZ」を思い浮かべる世代だからでしょうか? (また「昭和39年の俺たち」を買ってしまったわ) でも一番思い出深いのはコチラの漫画です。

https://bookmeter.com/books/4132054

* * * * *

千早茜さんの『人形たちの白昼夢』を読み終わりました。

https://bookwalker.jp/de34215d5e-c7f6-4b93-b534-9549fbc04b81/

どのお話も不穏で怪しく妖しく美しくせつなくていとおしい……12編のショートストーリーのひとつ「ビースト Beast」にあった一文は確かに……となりました。

…… 人間は同じ言葉を話すのに、同じことを皆が聞いてはいないからです。マムウにはマムウにしか感じられない音や匂いがありました。他の動物だってそうです。自分の種族の大いなる流れに耳を澄まさない生き物はいません。人以外は。人はそれぞれが自分に都合の良い言葉を切り取っているように見えました。けれど、人の身の裡(うち)には常に深い空洞があり、埋まることがありません。……
(P90〜91)


表紙と本文中の挿画は岡上淑子さんのコラージュ作品だそうです。
https://www.kawade.co.jp/sp/isbn/9784309279114/

* * * * *

3月も明日を残すのみになりました。今月の更新はコレにて……です。今月もお付き合いいただき、ありがとうございました<(_ _*)> 来月もまたどうぞよろしくお願いいたします。ご自愛下さいませ。



rohengram799 at 06:50|PermalinkComments(2)

2022年03月29日

春和雲便りNo.23:お茶の時間

春休み、田舎に帰る方もいらっしゃるでしょうか?
千葉のおみやげと言えば、落花生のお菓子も多い……私は知らなかったのですが「Pマン」という落花生ゆるキャラが…… LINEスタンプもあるようです。ふなっしーとうなりくんくらいしか千葉県キャラは気にしてなかったわ💦

https://kisarazu-shikinokura.jp/pman_profile.html

* * * * *

電話で会社名などを説明する時に「朝日のアです」とか説明しますが、この時に使う一覧表みたいなものがあるのですね。「フォネティックコード」なんて言葉、初めて聞いた( ̄▽ ̄;) OL時代に上司が会社名を説明するのに「世界のセ、名古屋のナ(以外略)…」と言っていたのですが、コレだったのか!と退社してから30年以上経ってからわかりました〜 しかし、名古屋の知名度スゴいな(笑)

https://eskkl.com/archives/1079353537.html

https://trafficnews.jp/post/113659

* * * * *

今は女子社員がみんなにお茶を入れて「どうぞ」と配る、とかないと思いますが、私の時代にはありました。女子社員ふたりが1週間ずつお茶当番でした。朝と3時の2回お茶を入れて各人に配る。30人くらいいたでしょうか、最初は湯呑みを覚えるのも大変でした。あとお昼と夕方には茶碗を洗ってましたねぇ。

ホラーテイストですが、怖さはなくてむしろ笑ってしまう話 ( ・∀・)っ旦 実話です🐾

【美味しくないお茶】
https://note.com/xxx0xxx/n/n36fb9597113b

こちらは小さな湯呑み専用器(笑)
【 ティーポット 🛩️】
https://www.chaki-shop.com/product_detail.asp?
Id=5097




rohengram799 at 06:40|PermalinkComments(2)

2022年03月23日

春和雲便りNo.17:はなびら 🌸

昨日は昼前から雪が舞いはじめました。本当に寒い1日でしたが、春のお彼岸のころに降る雪のことを「彼岸の小鳥殺し」と言うとか。春になって活動を開始した小鳥が死んでしまうくらい不意打ちの雪、という意味だそうです。こんなに酷いことをしないで下さい、天の神さま…な気持ちでしょうか。何故か途中放棄してしまったクリスティの「アクロイド殺し」を思い出してしまった!

* * * * *

「はなびら」と点字をなぞる、ああ、これは桜の可能性が大きい


点字をなぞる指先から次々と花がひらいていくような、やわらかい陽射しの光景を思い浮かべて胸がいっぱいになってしまいます。なんだか泣けてくるような美しい歌。作者は早逝した歌人・笹井宏之さん。お父様がブログを引き継いで下さっています。この短歌と桜の写真を投稿されていました。
http://sasai.blog27.fc2.com/blog-entry-795.html?sp


「点字を両面に打ってある紙の束は、業者さんが受け取れない」らしいです。点字を打つ紙って画用紙くらいの厚みがあったと思います。再利用できないなんてもったいない……地域によって違うのかもしれませんが。
https://note.com/monday_library/n/nee1b2c43a255


こちらは小池由依さんという方笹井さんの短歌からイメージした銅版画作品です。展覧会は終わっていますが、どの作品も素敵……最初の「この星に消灯時間がおとずれるときも手を繋いでいましょうね」からグッときます。

https://yartgallery.shop-pro.jp/?mode=f8

* * * * *

「はなびら」というタイトルの歌っていくつかあるようですが(最初に浮かんだのは水原弘の「黒い花びら」だった……今の歌は知らないとはいえ、懐メロ過ぎるだろ!とセルフツッコミ!) 奥華子ちゃんの歌がよかったです。

https://sp.uta-net.com/song/277208/

映画『殺さない彼と死なない彼女』の主題歌だったそうで……原作漫画も知らなかったので検索。ラフな作画だけど、なんだか泣けてくるのは年をとったから? 全部読んでみたい!

https://ki-tora.jp/sc/korokareshikano/trial/index.html

* * * * *

夜中、台湾で地震があったのですね。被害が最小限でありますように。皆さまもどうぞお気をつけて、ご自愛下さい。よい1日になりますように。



rohengram799 at 07:35|PermalinkComments(2)
記事検索
月別アーカイブ