アート・博物館・美術館

2019年09月10日

祝月雲便りNo.13:能登長寿大仏

日曜日、樹木希林さん主演映画の『あん』がテレビ放送されたので、ダンナさんと見ました。私がドリアン助川さんの小説を読んだのは2015年だった……だいぶ記憶が薄れていました。


http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50746143.html



樹木希林さん、市原悦子さん、やっぱりうまい役者さんですね。木々の合間に見える月や満開の桜など自然の移り変わりも美しかった。民放だから仕方ないのだけれど、コマーシャルの多さがやっぱり……。映画のロケ地の記事がありました。


https://entertainment-topics.jp/134040?page=2



ダンナさんが「東村山って東京なんだ」と失礼な発言をしていましたが(-ω-;) 『命の初夜』の北条民雄さん、『胸の泉に』の塔和子さん、『再びの命』の村越化石さんなど、患者さんたちが書かれた作品を思い出す日曜日になりました。





さてさて……千葉の鎌ヶ谷にも「鎌ヶ谷大仏」がありますが(新京成線の駅もある。以前住んでいた場所の最寄り駅だった)能登の大仏様も発見。こちらは個人が建てたそうです。

https://www.seisyunsanka.com/entry/2019/02/21/235540



大仏様だけでなく、お仏像はそれぞれ表情が違ってすぐ逃げ出したくなるお顔もあれば(己を恥じる😱)お優しいまなざしにいつまでもそこに留まりたくなる仏様もいらして……自分がその境地に生るまで、何回か生き直したらいいんでしょうねぇ? (´・ω・`; )


rohengram799 at 00:00|この記事のURLComments(2)

2019年09月07日

祝月雲便りNo.10:時限爆弾 ( ・_・)ノΞ●~*

9/3読売新聞の文芸面で島田雅彦さんの新刊『君が異端だった頃』の紹介記事がありました。ほぼ事実の自伝的私小説らしい。


http://seidoku.shueisha.co.jp/1908/read02.html



「今でも中上(健次)が夢に出てくることがある」そう。中上健次の小説は何冊か買ったけれど、読んだのは一冊くらいかも。歳は離れていたけれど、交流があったらしい。文学者たちの交流図とか欲しいわ〜あと同時期に活躍した作家さんたちが一目でわかるモノが欲しい〜! 子どもが使っていた教科書の巻末には文学年表みたいなのがあって、世間の出来事と出版された本がわかりやすかったので、こういうのが欲しい! 自分で作る気はもちろん、ない!(笑)



記事の最後の言葉が印象的でした。


「死者は生きている者の意識の中で再生する。時限爆弾のようにさく裂するんです」



私の中にはいくつの時限爆弾が仕掛けられているのでしょう?





仕掛ける、と言えば……蜘蛛の巣も罠を仕掛ける感じでしょうか? 「蜘蛛」関連のコメント文章を読むことが続いたので、雨上がりの蜘蛛の巣の写真をまとめた記事をどうぞ。蜘蛛はいないです(多分)。やっぱり巣を作るのがヘタな蜘蛛もいるんでしょうね(^。^;)

http://naniomo.com/archives/7255




こちらは2年くらい前の【豊田市美術館「蜘蛛の糸」展】のブログ記事です。行ってみたかったなぁ。

https://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-01-15




【いちばん美しいクモの巣】絵本です。

https://bookmeter.com/books/537915


rohengram799 at 16:00|この記事のURLComments(2)

祝月雲便りNo.9:美少女と紫陽花

美少女を描く方ってたくさんいらっしゃいますが、高橋真琴さんはお名前もラブリーでいらっしゃる! (男性ですが)


三越での展覧会、行ってみたいですわ。セーラー服の女学生がグループできゃいきゃい(笑)言っている姿を想像してしまうけれど、絶対ないな(;´∀`) 今、膝下スカートの女学生ってほとんど見かけないし。


https://mitsukoshi.mistore.jp/sp/onlinestore/gofuku_art/takahashi_makoto/index_sp.html?lid=lid_m_s00_ow11_bt01_ct51_001



前の記事で教えていただいた、漫画家の花村えい子さんの「氷川神社奉納記念 花村えい子展 in 旭舎文庫」

https://asahinoya.com/?p=167


花村さんのサイトはこちらです。高橋真琴さんは千葉の佐倉出身の方ですが、花村さんは川越出身だそうです。知らなかった。花村さんの描く女性は色気があるな〜と思います(*´ω`*)

http://www.eiko-hanamura.com/





話は変わりますが、コレは好きだな、と思った一句を。



紫陽花の散るを叶わぬ定めかな



読売新聞(8/20)地域版・よみうり文芸・流山市/秋元三郎さんの作品。


確かに紫陽花って散る花ではないですよね。そのほか静かに朽ちていく花。だからこその美しさもありますが、どこか哀しい。


紫陽花の花言葉に「移り気」とかあるけど、セピア色になった姿を見ると、ずーっと大切な思い出を胸に秘めて長い年月を過ごしてきた、老婦人を連想してしまいます♪o((〃∇〃o))((o〃∇〃))o♪

rohengram799 at 00:00|この記事のURLComments(4)

2019年09月05日

祝月雲便りNo.6:昭和の日常

第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019

https://icom-kyoto-2019.org/jp/


こんな国際会議があるとは〜秋篠宮ご夫妻が出席、のニュース記事を読まなければ全く知らない世界でしたわ。



博物館といえば、名古屋に「昭和日常博物館」なるものがあるのですね。

http://papicocafe.blog.jp/8802605.html



最近は昔話が多くなった私とダンナさんの会話。ここなら出かけるのが好きではないダンナさんも楽しんで見学出来るかもしれない(笑) 名古屋でナナちゃん人形を見て味噌カツを食べるとか、そんなこんな旅をしてみたい(^◇^)



ナナちゃんコレクション 2019

https://www.e-meitetsu.com/mds/f_nana/2019/



*どうでもいい話を追加 *

オスカーのモテ期は…
『25歳』と『34歳』と『48歳』の頃に訪れます。
#あなたのモテ期はいつ頃なのか
https://shindanmaker.com/924824


とっくに過ぎてますけど(´・ω・`; )


rohengram799 at 00:00|この記事のURLComments(4)

2019年08月31日

燕月雲便りNo.13:ラブ&ピース〜月末の備忘録

『ラブ&ピースのラブのほうだけでピース気分になってんちゃうで』(谷じゃこ)




どこで見たか忘れたけど、印象的な短歌(?)です。


そして『至情(しじょう)』という言葉。意味は「 この上なく深い心。まごころ。「至誠無息」は高校の校訓だったので「至誠」は聞いたことがあったけれど「至情」は初めて知る言葉だったので、とても感動してしまいました。



8月も今日で終わり、夏の思い出はないけれど、オモローな記事はたくさんあったので、忘れないようにメモメモ φ(・ω・`)





【ヘビクイワシ】新聞はモノクロだったのでカラーで見たくて(笑)
https://matome.naver.jp/m/odai/2138797936270775901?page=2




【原稿用紙の使い方】知らなかった細かい決まりにビックリ(;・ω・)
http://www.nets.ne.jp/~keio/genkoyoshi.htm



【フランソワ・ポンポン】まさか人名とは!
https://matome.naver.jp/m/odai/2140825461443946801



【五木の子守唄】石牟礼道子さんとの繋がり。
ttps://liaison11.exblog.jp/26600638/



【プレイエルピアノ】漫画「ピアノの森」を揃えたい🎹
https://ameblo.jp/kanpeki777/entry-12239114567.html




今月はほとんど更新出来ませんでしたが、お付き合いいただきありがとうございました。また来月もよろしければご訪問下さいませ ヾ(´ー`)ノ


rohengram799 at 08:45|この記事のURLComments(2)
記事検索
月別アーカイブ