あんどーなつ

2015年04月25日

桜雲便りNo.25:なんたってドーナツ(≧∇≦)

いつも行く本屋さんのちくま文庫コーナーに『私の幸福論』がないかしらん?と立ち寄ってみたのですが、置いてある本自体が少なくて……そんな中で目にとまったのが『なんたってドーナツ ─美味しくて不思議な41の話』(早川茉莉編集)でした。文庫オリジナルです。『玉子ふわふわ』というのもあるらしい(笑)


ポプラ文庫の『3時のおやつ』というおやつアンソロジーも気になっています(^^;)(;^^)

http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=81012480



さてさて、なんたっておやつのアイドル(笑)のドーナツ本の中身は……第1章『ドーナツの思い出』第2章『ドーナツの時間』第3章『ドーナツの穴』第4章『ドーナツのつくり方』第5章『ドーナツの物語』……村上春樹・いしいしんじ・江国國香織といった現代の人気作家さんの他、アナタはどなた?という古い文筆家の方々など……ほんの少しドーナツという言葉が出てくるだけの話や切なくなる物語やクスッとしてしまう話、ドーナツが出てくる本の話、ドーナツがある喫茶店の話にドーナツ盤(レコード)の話などなど、読んでいて飽きないです。好みのドーナツもいろいろだし、「ドーナツ」でなく「ドーナッツ」表記もあり、舌鼓を打ったり哲学したり、レシピもあったり……気になる作家さんのところを読むだけでもオモシロイと思います。



「ミルクホール」という言葉が出てきて、私の中では単純に喫茶店のイメージだったのですが、奥原哲志著『琥珀色の記憶 ~時代を彩った喫茶店~』によると「コーヒーを大衆の飲み物として普及させるうえで大きな役割を果たした。当初は店内に新聞や雑誌、官報が備えつけられており、学生たちがミルクを飲みながらそれを読んでいた。牛乳を飲み慣れない人が多かった当時、乳臭い匂いを消すために コーヒーを混ぜて飲ませるるようになり、ミルクコーヒーが中心メニューとなっていった」と書いてあるそうです。学生たちがミルクを飲みながら官報を読む……脱脂粉乳の入っていたあの計量カップみたいなアルミのヤツでミルクを飲むバンカラな学生さん……想像しただけで笑ってしまいます(^◇^)


あと「代用コーヒー」もいろいろあったのですね。タンポポコーヒーは好きです♪ 実際作った方の記事がありました。

http://www.snet.ne.jp/milk32/coffee.html



それから「ペニェ」というモノが出てきました。なんだ、そりゃ?でまたまた検索(笑) 卵を加えた揚げ衣を付けて揚げるフリッターや、生地を揚げて膨らませたものを言うそうです。「こぶ」を表す中世のフランス語 buignet から変化した語で、魚や肉、野菜に衣を付けて揚げる料理や、フルーツなどに衣を付けて揚げるデザート、生地だけを揚げるデザートなど。ドーナツはパン生地 (英 dough )揚げたアメリカのベニェの一種である、とありました。


「天ぷら」も ベニェの一種になるそうです。16世紀半ばに来日したポルトガル人やスペイン人が肉断ち期間に食べていたベニェが定着して、日本の料理の代表となったようです。スペイン語 temporas 「四季の斎日(各季節の木、金、土曜日で、特別な節食と祈りを行なう)」が語源という説が正しいようである……とありました。う~ん、サラリーマンおやじがカワイイOLさんを誘って、天ぷらを食べながら、得意気に話をする場面がうかんできましたわ(; ̄ー ̄A



おやつにドーナツが食べたい!そんな土曜日になりそうです。皆さまも甘く懐かしい時間を堪能して下さいね(*´∀`)ノ





rohengram799 at 08:56コメント(12) 

2013年05月04日

ヒコーキ雲便りNo.29:「アン」な土曜日

ああ~夜中も寒かったけど、昼間も風が冷たい、肌寒い~昨日はクシャミばかりしていました。まだまだマスクは必需品ですね。


昨日は手にしたお金でまた中古本を買いました~『和菓子のアン』(坂木司 )です。最初、マンガの『あんどーなつ』と一緒になっていたのですが、全く違いましたわ。『あんどーなつ』は原作者の方が亡くなられてしまい…結構好きなマンガだったので残念。



さて内容はと言いますと、
やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子(きょうこ)ちゃんは「このままじゃニートだ!」ということで、デパートの地下に出店している和菓子屋さんで働きはじめました。店長も同僚もクセのある人々!!プロ意識に遊び心、歴史も楽しい和菓子の世界。お客さまの謎めいた言動にも驚いたり感心したり……ミステリーって大きな仕掛けがなくても日常に潜んでいて、誰かが謎解きをしてくれるのを待っているんだなぁ。この謎をいつも探している人たちの毎日って楽しそう!!いろんな探偵がいるのだから、どら焼きを食べたらピン!!とひらめく《ドラえもん探偵》とかいたら笑える…かな?(^^;)))


あと、私が小学生の頃、週刊少年チャンピオンで『泣くな!十円』というマンガが連載されていたのですが、主人公が父親に《仰げば尊し》の歌詞の意味をきいた時に「和菓子のあん」だか「和菓子の恩」だか…そんな説明をしていたのを思い出しました~小豆を茹でて冷ますのにあおいで、苦労して出来るあんこは尊い!!みたいなことを自信満々に言っていたような('~`;)ちなみに作者は『恐怖新聞』でおなじみのつのだじろう先生です。懐かしいな~おまんじゅう食べながら読みたい!!




rohengram799 at 15:35コメント(7) 

2010年06月16日

第133号:今日は和菓子にいたしましょう(*^^*)

昨日の「お菓子の日」に続き、今日は「和菓子の日」です。

848年嘉祥元年)の6月16日に、仁明天皇が16個の菓子や餅を神前に供えて、疾病よけと健康招福を祈ったとされています。


こうした故事から1979年(昭和54年)に、全国和菓子協会がこの日を和菓子の日と制定したそうです。


全国和菓子協会にアクセスすると、和菓子についてのいろいろな知識が学べます。


そのひとつ、きんつばについてご紹介します。


☆金鍔(きんつば)☆

徳川5代将軍綱吉の頃、小豆餡をうるち米の粉で包んで焼いた焼餅が京都に生まれ「ぎんつば」といって庶民にたいへん喜ばれたと言います。


そのぎんつばが亨保(1726年頃)の頃、江戸に渡って来たといわれ、江戸風の工夫を凝らし、銀よりも金が上というので「きんつば」になったと言われています。


刀の鍔(つば)の様に円型に薄くしたもので(現在は四角く切ったものが多い)、吉原土手付近や日本橋魚河岸付近に屋台店が出されて人気を博したと言われています。


《全国和菓子協会》

http://www.wagashi.or.jp/top.htm



あと漫画では、和菓子職人を目指して修行中の女の子の物語『あんどーなつ』がおすすめです♪







あんどーなつ 8―江戸和菓子職人物語 (ビッグコミックス)
あんどーなつ 8―江戸和菓子職人物語 (ビッグコミックス)

著者:西 ゆうじ
販売元:小学館
発売日:2008-08-29

おすすめ度:5.0

クチコミを見る


rohengram799 at 00:04コメント(2) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード