おでん

2013年12月20日

わた雲便りNo.50:クリスマスケーキが売られる頃には…!!

♪クリスマスケーキが売られる頃には~君と僕の体重も きっと減っているだろう(o^O^o)


この前、オタ息子がおでんを食べながら「シラタキ、うめぇ!」と叫んでおりましたが……毎日、シラタキやらこんにゃくやらキノコやら海藻メインの食事をしていたら、なんの憂いもなくクリスマスケーキにかぶりつき!出来るナイスバディになっていたかも……ええ、体重増加に待ったなし!ドスコイ人生まっしぐら!になりそうなワタクシとオタ息子です←親子だわ(-_-;)


ところで、江戸の町娘は「芝居、こんにゃく、イモ、カボチャ」というくらい、こんにゃくに夢中だったとか!当時、最もポピュラーなこんにゃくの食べ方は田楽。串に刺したこんにゃくを鍋で煮ながら売り歩く屋台もあったそうです。味付けはみそ!うう、食べたい!


シラタキと糸コンニャクなんですが、江戸時代に関東地方では、こんにゃく芋からとった粉を水で溶いたのり状のものを、注射器のような器具で押し出して糸状のこんにゃくを作っていました。この名前が「しらたき」。一方、関西地方では、板こんにゃくを細く切って糸状にしたものを「糸こんにゃく」と呼んでいて、本来まったく違うものだったようです。今は関東も関西も注射器のような器具で押し出す製法で作っていて、両者を製法で区別することはないそうですが……言いやすいのはシラタキかなぁ? 糸コンニャクは略して糸コンと言うことが多いです。どっちも好きですが(笑)


今日もまた電車が遅れています~晴れてお月さまが見えるのは嬉しいのですが、寒いからなのか、やたらとベタベタするカップルも目に入ります。改札口のそばとか通路の真ん中とか……ジャマ!ふたりの世界はどこかのラブホで展開して下さい!と言いたい(`Δ´)





rohengram799 at 22:19コメント(7) 

2011年11月15日

第623号:あんまん浪漫

今週は「北風小僧の寒太郎」大暴れの予想が出ているとかいないとか(((・・;)夜も11時近くなると本当に寒いのでマフラーぐるんぐるんで帰り道を急ぎます~でも右側によたよたしてしまうことが!!自動車は少ないですが、チャリンコに激突しないように気をつけます!!


寒い日には温かいものが欲しくなりますね。コンビニではおでんが誘いをかけてきますが、持ち帰りがめんどくさいし(電車に乗るのはちょっと)、ひとりで大量に買い込むのもなんかハズカシ…イヤ、大量に買わなくていいのだけれど、見ると欲しくなるいやしい根性('~`;)


そうなると、駅の待ち合い室でも抵抗なく食べられそうな「中華まん」になりますな!!(たまにお弁当食べている人もいますが)


今はいろんな具がありますが、好き嫌いの多いワタクシ、食べるのはあんまんがメインになります!!


あんまん片手に読書は楽しい~出来れば心和む絵本がヨロシ(笑)で、雑誌で見つけたのが『でんせつのきょだいあんまんをはこべ』~スゴいぜ(゜□゜)


紹介記事でみた表紙はまるで『こびとずかん』を連想するような濃さ!!


《アリたちは、「あんまん」というロマンにすべてをかけた》というキャッチコピーもなんとも言えません!!


内容は…突然空から降ってきた白い物体。その正体は、アリたちに伝わっていた「巨大あんまん」!!それを聞いたアリの女王は、ある決断を下します。「伝説の巨大あんまんを運べ」。あまりに危険なその任務はアリの勇者である“アリヤマ・アリロウ”の手に委ねられたのです。巨大あんまんを巣に持ち帰るため、アリたちは勇気と知力と努力をつくした冒険に挑むのです!!(作:サトシン/絵:よしながこうたく/出版社:講談社)


絵を描いたよしながさんは昆虫が好きらしく、図鑑もよく見ているみたいで…勇者・アリヤマの姿は色あいからザリガニやサソリに見えなくもない迫力です(^-^)v


果たしてこの巨大プロジェクトは成功するのか!?「くだらないオチがすばらしくいい!!」とあったので、早く本屋で探して読みたいです(*^^*)



rohengram799 at 12:06コメント(9) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ