お菓子ネット

2011年06月16日

第515号:「オワカレ」のしずく(/_;)/~~

昨日は西加奈子さんの短編集『しずく』を読みました。


最初はちょっと外した!?と思って、途中で読みかけにしてしまうかも、と思ったのですが(--;)表題作の『しずく』がかなり気に入り(笑)『シャワーキャップ』は帰りにゲーセンにより、最後まで読んで満足してから帰りました(((^^;)


『しずく』はとある男女がそれぞれの飼い猫を連れて同居し、おのおのの夢が実現するにつれてすれ違いになり、結果的にまた別々の生活に…というよくあるラブストーリーではあるのですが、その様子をネコたちの視点で観察しているのがおもしろく、少しメルヘンな気もします。


ネコを飼っている人たちには、流し台に乗り、蛇口からおちる水滴をなめようとする仕草とか容易に想像できるのでは?


美味しかったはじめての「オイワイ」汚くなり、またきれいになった部屋での「オワカレ」のごはん。

そんなこともぼやけて、またご主人とふたりの生活に慣れた頃「あれ?でも何か忘れてるな~側に何かいつもいたよ?」と思うネコちゃん。


お別れしたの、寂しい?……なでられた身体におちる「しずく」があのコを思い出させます。そして、自分たちが遊んだあの水滴は「オワカレ」というのだと考えるのです…ちょっとせつない(;_;)


ところで「しずく」と聞くと『神の雫』や『月のしずく』とかありますが、山梨のおみやげの[月の雫]はご存知ですか?今日は《和菓子の日》なのでコチラで美味しいお菓子を見つけて下さい♪


《お菓子ネット》

http://www.okashi-net.com/meika/


rohengram799 at 06:11|この記事のURLComments(10)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ