空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:お見舞い

「天皇、皇后両陛下が7月の西日本豪雨の被災者を見舞うため、13日に広島、岡山両県、20日に愛媛県を日帰りで訪問されることが、11日の閣議で報告された。」というニュース記事を読みました。


宮内庁によると、両陛下は13日午前、羽田空港を特別機で出発。広島空港に到着した後、自衛隊ヘリで呉市に向かい、午後に仮設住宅などを訪れて被災状況を視察するほか、被災者を見舞う。その後ヘリで岡山県倉敷市に移動し、お見舞いのほか、救援活動に当たる警察、消防、自衛隊など関係者もねぎらい、空路で夜帰京する予定。 20日はまだ調整中とのこと。


こんなことを言ってはいけないのかもしれないけれど、これにかかるモロモロの経費を被災地・被災者のために使うことを考えた方が・・・と思ってしまいました。迎える側の負担も大きい気がするし・・・。なんかこういう話は複雑。



7月30日読売新聞の「気流」(投書面)に載っていた高槻市の会社員(女性・38歳)の「豪雨ボランティア 反省の念」、これは・・・正直、家主さんが気の毒すぎると思いました。なんでそんなことをしてしまったの? ボランティアでハイな気分になっていたの?と切なくもなりました。



【西日本豪雨で被災した故郷・岡山でボランティア活動を行った。10人チームで派遣された旧家は、工場爆発の爆風で窓を失い、高さ1・7メートルに及ぶ浸水被害も受けた。炎天下、散乱したガラスを拾い、泥を出した。
壊れたと思われる美しい細工を施した飾り棚や、すりガラスに可愛い模様の入った引き戸などが、他人の私でさえ躊躇する速さで運び出された。翌朝、家主さんに対する申し訳なさで目が覚めた。家主さんは退職した身で、冬頃まで時間をかけ整理しようと思っていたと、話していた。
私は、家の繊細な部分にシャベルを使い、浸水していない2階に泥のついた長靴で上がり、おせっかいもした。求められたことだけを淡々とこなしていれば、家主さんの気持ちに寄り添えたのか。この反省を次に生かしたい。】



破損したものの運び出しは、危険な面もあるし、衛生面でも迅速な作業は必要だったかもとは思いましたが「浸水していない2階に泥のついた長靴で上が」るという行為はなんなんだ、と。家主さんではないけれど、怒りと悔しさと悲しさでやりきれない気持ちでいっぱいです。



ワタクシは今「かいじ」に乗り、山梨に向かっています。


10日ほど前に父がリハビリ専門病院に移ったのですが、しばらくして肺炎になり、またもとの病院に戻ったということで…本当は昨日から帰りたかっのですが、まぁいろいろありますから(((^^;)


しかし、自分でもマヌケすぎたろ!!と思ったのはずっと反対のホームの回送電車の扉が開くのを待っていたことです!!何度かアナウンスは聞いたのですが、「だって扉開かないし~」なんて思っていました。


加納朋子さんの『いちばん初めにあった海』を読みながら「まだかな~」なんて思っていたら、発車のベルが!!ええっ!?急いで振り向くと、すでに乗客のいる私が乗るべき「かいじ」がいたっ(゜□゜)!!


我ながらアホさにビックリです!!指定券を無駄にして、なおかつ母親に怒られるところでした('~`;)午後親戚の人の車でお見舞いにいく段取りでしたから~あはは、本当に困ったちゃんですわ(´д`)


さてさて…最近読んだお花関係の本によりますと(もちろん立ち読み)今は病気見舞いに「生花はご遠慮下さい」なところがほとんどなんだそうですね。アレルギーのこともあるし、花瓶の水も頻繁に交換しないと雑菌の温床になるし…洗面所に流さないで下さいなんてところもあるとか。今は医療機器も一段と精密化していますから、わからなくもないですが、少しさみしいかも…。


よくドラマなんかで気をきかせて「花瓶の水をかえてくるわね」なんてありましたが、今は「飲み物を買ってくる」とか「電話してくる」とか~かしら?


あと「優しく話しかけるとよく育つ」は違うらしく、植物に触れることが刺激になるみたいです。声かけしながら、無意識に葉っぱとかさわっているんだって書いてありました。


実験もしていて、言葉かけのみだと、ただヒョロヒョロ伸びるだけ。フタバをこすり、声かけしたのは、茎も太く丈夫なかんじでした。ためしに「悪い言葉を言いながら、葉っぱをさわって育ててみて下さい。」ってありました。たくましく育つみたいですよ。なんか「憎まれっ子世にはばかる」みたいだぁ~(((・・;)と思いましたね(笑)


奇しくも加納さんの本にも超未熟児の赤ちゃんに対して「そう、触ってあげて」というナースの言葉がありました。「赤ん坊には、特に未熟児にはね、それが必要なの。外界からの刺激で、発育が促されるの。なでてあげて。優しく、そうっと……」と。


なんだかこの時期だからこそ、考えさせられるコミュニケーションであります、ハイ!!


まずは皆さま、いつも頑張っている自分の身体と心を優しくなでなでといたわって下さいね(*^^*)

↑このページのトップヘ