かなめも

2011年03月31日

第451号:君へとつなぐココロ

夢見月の最後の記事が、あんな話題では悲しすぎるので、私の好きなアニメのひとつ『かなめも』のオープニングをタイトルにしてみました。


祖母を亡くし、ひとりぼっちになってしまった中町かな。身寄りのない彼女は住む場所と、当座の生活費を求めて風新新聞専売所に住み込みで働くことに。そこには、小学生ながら所長代理を務める天野咲妃をはじめ、個性豊かなメンバーが勢ぞろい。ユニークな仲間達に、ときには振り回され、ときには励まされながら、かなの毎日は賑やかに過ぎてゆく…石見翔子さんの4コマ漫画が原作です。


♪満開の愛を載せて 笑顔 届きますように
新しい世界の始まり my dear dear


お菓子で「dear」という笑顔のクッキーがあったと思うのですが、最近店頭で見かけなくて残念です。


♪乗っちゃった追い風に精一杯 届けたいからね
君へと繋ぐココロ
最新のコラムに めいいっぱい 気持ち込めたから
ときめいて どこでも行けるよ my dear


私はブログですね。言葉足らずのところもありますが、毎日届けます!


どうぞ、私の綴った言葉で少しでもだれかを勇気づけられますように…では、また明日!ありがとうございました。



rohengram799 at 12:32|この記事のURLComments(5)

2010年08月29日

第244号:愛の行方~24時間テレビ

昨日、24時間テレビのドラマを子どもと見ました。


いつも思うのですが、誰が「これをドラマに」と決めるのか。たくさん出版されている闘病記その他から、どういう基準で選んでいるのか?


なぜアイドル系が両親なのか……おそらく若い世代にみてほしいのでしょうが、子役はすごい演技力がある分、親がなんとなく…リアリティーにかけるというか、生活感がない。


以前見た深キョンと光一くん夫婦のドラマ。深キョンがサンダルを履いていると、足の大きさに目がいき、光一くんパパは、なんかきれい過ぎ。子どもをベッドから車椅子に移す場面では、あまりにも動作が「ザツ」で、本当に病気の子どもだったら、そんなに乱暴なかんじで抱き抱えないでしょ、すわらせないでしょ、とガッカリしました。この子役くんも、とても演技力のある男の子でした。


実際モデルになった(というと語弊があるかも)男の子も、とても優しい子だったとは思いますが、果たして本当に「その子自身の一生」が伝わったか疑問に思いました。


何重にもフィルターがかけられたようで、家族の話や治療した先生の話など実際関わった人たちの話で構成して、じっくりその子が確かに「生きていた」ことを語るべきでは?とすごく感じました。


民放なので、コマーシャルが多いし、途中で中継が入る…うんざりします(-_-)


本当に何かを伝えたいなら、それに関するようなコマーシャルを入れるとか(今回は絵手紙がキーワードでしたね)マラソン中継はあとにするとかできないのかな~と思うのです。


ドラマが終わって、すぐ、次の段取りにいくためのつなぎのような、早口コメント、そしてまた騒がしい中継…これでは、せっかくドラマを見て「ジーン(;o;)」としても、余韻も何もありません(~_~;) 自分は何ができるかな、とか考える時間が全部消し飛ばされるようです。とにかく、なんでもかんでも詰め込み過ぎ!


同じような立場の人たちにとって、この番組はどう映るんでしょうね。自分だったら、それ以前に、テレビを見る余裕なんて精神的に持てないような気がします。


膨大な人員と電力、ハデなセットに、結局はゴミになるの?と思ってしまう応援ファックスやカラになるだろう貯金箱…。深夜のばか騒ぎ放送とか…本当に24時間に意味があるんですか?と毎年毎年思ってしまいます。


マラソン中継のラストで「負けないで」を歌うけど、私はアニメ『かなめも』ED曲「YAHHO!!」の方がいい( ̄^ ̄)とひそかに思っています!



♪例えば 遠く離れていても
笑顔 歌にのせ
届けるよ
今日も明日も雨が降っても
変わらないよ ここにいるから

走り出すこと ちからにして
向かい風でも 突き進んでく
負けない強さをくれたから
必ずゴールへ 飛び込むんだ

ヤッホー ヤッホー
いつも 君の空が 晴れますように



rohengram799 at 06:44|この記事のURLComments(2)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ