ささめきこと

2012年01月31日

第683号:『口唇』の『誘惑』

♪KISSから始まる夜は熱く Because I love you
犯した罪さえ愛したい WOW…


皆さま、こんばんは。GLAYの曲では『口唇』より『誘惑』が好きなワタクシ←誰もきいていないって(-_-;)いえね(笑)脳トレみたいなので『世界の名画の大人の塗り絵』シリーズってあるじゃないですが~そのコンテストだと思うのですが、塗り絵作品の写真の中にフェルメールの《真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女 )》があり、少女の少し開いた唇がセクシーだったのです!!


お手本となる、本当の絵を見ても「目」には注目しましたが(シャレにあらず)特に唇には何も感じなかったので「ああ、少し色調が変わるだけでスゴい変化だわ~男の人がお化粧した女の子を見る時ってこんな気分なのかしらん(~o~)」と考えたりして…。


「大人の塗り絵シリーズ」買ったことはないのですが、唇にだけ色を入れない状態で下絵をコピーして、赤やらピンクやらで唇を塗っていったら面白いかも…なんて思ってしまいました。ルノアールの少女の絵はあんまり好きじゃないのですが、ムンクの『思春期』は好きな絵です(^^)←ロリコンにあらず!!あとおかっぱの黒髪に真っ赤な口紅の女の子のイラストとかは無条件「幸福」です(^.^)


私は化粧をしないので、口紅も持っていませんが(社会人としてはマズイ)池田理代子センセーの『おにいさまへ…』に“唇を噛むと赤くなる”とあったので実践しておりました。体調にも関係しますが、本当になんか表現のしようがない、セクシーな色の唇になった日がありました……あれは女子高生だった17歳の初夏でした。が!!『ささめきこと』や『ひと夏の経験』とかには結び付かなかったです( ̄ー ̄)




rohengram799 at 20:02コメント(15) 

2011年12月30日

第659号:愛しき言尽くしてよ

今年も今日と明日の2日ですね。ダンナだけは28日からお正月モード全開でだらだらしております。


昨日は近くの映画館で『山本五十六』を鑑賞してきたそうで~やはり阿部ちゃんが(--;)「声だけ聞くと多聞なんだけど、顔を見ると違うんだよ~!!」と言っておりました。阿部ちゃんはカッコよすぎますからね(((^^;)


本日、仕事納めのワタクシはオタ息子から《ほむほむストラップ》をもらい「おほほ、皆さま、ごきげんよう♪」な気分でおります。人間、単純なのはいいことです(^o^)v


この年末年始、帰省の予定はないのですが、嬉しい出来事がありました。父が、27日に石和から少し自宅に近い病院に移ることが出来ました。実家はまだ母が叔父に手伝ってもらいながら商売をしているのですが、近くなったので店を閉めてからお見舞いにいくことも出きるようになり、心身の負担もいくらか軽減されると思います。皆さまが父や母、私たちによせて下さったお心遣いに感謝しております。本当にありがとうございます。


今回のタイトルは木原敏江さんのマンガにもありますが(大好き!)大伴坂上郎女の一首(万葉集)です。


『恋ひ恋ひて 逢へる時だに 愛しき 言尽くしてよ 長くと思はば』


意味は恋歌なので「私と長続きさせたいなら、せめて逢える時だけは惜しまず愛を囁いて下さいな、やっとこうして逢えたのですもの…」という女心。でも私が好きなのはこの意味よりも読み方なのです。


「こいこいて あえるときだに うつくしき ことつくしてよ ながくとおもはば」


『愛しきこと』…「いとしきこと」ではなく「うつくしきこと」ですよ、アナタ!!バシバシっ!!(笑)←「ささめきこと」を連想したアナタ、お友達になりましょう(爆)


私は多分、父と会話をすることは出来ないと思うんですよね。だから余計にお見舞いにいった時には「優しくて綺麗な言葉を話したい」といつも考えているのです。まぁ、結果的には看護師さんやヘルパーさんが方言丸出しで話しているので、私も「~じゃん」だの「~ずら」だのになってしまうのですが( ̄▽ ̄;)


気持ちですね、気持ち~私のおかしな文章にも気持ちはたくさんつまっていますので、明日書くであろう今年最後のブログも読みにきて下さいませ(^.^)




rohengram799 at 12:20コメント(20) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード