さわやか

2018年06月06日

芸香雲便りNo.6:カエル

今日は「芒種」ですねぇ。清々しかった5月は過ぎて、梅雨空の6月。「さわやか」は秋の季語なので、初夏には「清々しい」という言葉を使うときいてから、テレビで気象予報士が話すのを気をつけて聞いていると「清々しい」と言っていたので、やっぱりいろいろ勉強しているのかなと思いました。



「旅かえる」という放置系のゲームをやっているのですが、カエルはタヌキと同じような縁起物で
「八相縁起」と言うらしいです。


【口】ボヤ・吸殻をパクリと飲み込み、火災予防。

【腹】でんと構えたお腹にはおへそがなく、落雷防止。

【食物】毒虫や毒蛾を食べて、害虫撲滅・無病息災。

【皮膚】災難を避ける保護色の鎧。

【子蛙】常に親の責任を負い、子はしっかり親に従う。

【冬眠】断食、耐寒の時期に心身修養せよ。

【前足】盤石に備えた脚は、威風堂々・礼節を知る。

【後足】屈伸活発、跳躍前進。



また子供をたくさん産むことから「子孫繁栄」の縁起も兼ね備えているそうです。「無事カエル」「お金がカエル」だけではなかったのか~ちょっと前足・後足はクルシイ気がします(-_-;)



あと八重のドクダミもあるのですね。八重の白い花では、くちなしも美しくて好きです(*´∀`)


【八重のドクダミ】

http://d.hatena.ne.jp/noraneko222/touch/20120528/p1




rohengram799 at 14:36コメント(4) 
記事検索
月別アーカイブ