しりあがり寿

2011年10月24日

第605号:わからなくなってきました

今日、何曜日でしたっけ?…という話ではなく(実際に日付や曜日がわからないですが…みんなバラバラな生活なので)『わからなくなってきました』(宮沢章夫)というタイトルのエッセイを読んでいます。


野球中継などでよくアナウンサーが叫ぶ「わからなくなってきました!!」本来ならトホホな気分で口にするはずなのに、なぜか元気にワクワク感いっぱいの「わからなくなってきました!!」に疑問を持った作者のアレコレから話がはじまります。


文学の中に「わからなくなってきました」をくっつけたりするのですが


>閑かさや岩にしみ入る蝉の声。わからなくなってきました。何を言っているのだこれは。だいたいこうなるともう俳句でさえない。


たしかに(@_@)…でもなぜかしっくりくるものも…!


はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手をみる わからなくなってきました


なんかものすごい哀愁が漂ってきて、ひとりでへへッ!!とおかしな笑い声が( ̄▽ ̄;)


他のいろんな短歌や名言の最後にお約束みたいに付け加えて遊びたくなってしまう!!


東京の坂の由来にアレコレ考えるところも「うんうん、わかるわかる~!」と思ってしまいます。


例えば市ヶ谷駅の脇にある「帯坂」。番町皿屋敷のヒロインのお菊が、髪を振り乱し帯をひきずって通ったことに由来しますが、「髪振り乱し坂」や「お菊坂」でもよかったのでは?なぜ「帯」だけが?と考えます。


そして、目撃した近所の人は呉服屋で帯がスゴく気になったのかもしれない。もったいないなぁ~と。履き物屋が目撃していたら「草履坂」だったかもしれない…と彼は思うのです(((^^;)


だいたいネーミングって、名付けた人の印象や思い込みが大半ですもん(笑)


『夜想』は読後感がズシッ!とくるところもあったので、この本は気分転換になかなかです♪しりあがり寿さんが描いた表紙が気に入って買ったんですけどね( ̄ー ̄)




rohengram799 at 20:50コメント(16) 

2011年03月22日

第442号:メメントモリ

お彼岸だからか、お墓参りなどの話が目に止まります。


昔、掃苔(そうたい)という風流な趣味があって、これは文字通り「苔を掃く」…つまり歴史文人など歴史上の人物のお墓参りをするというもの。今の「墓マイラー」ですね。青山墓地とか谷中墓地の本がでているようですから…なんかよくわからない世界です。さすがに私もやらない…というより遠いし電車代がかかるから!!というのが本音(笑)


今、週刊モーニングで連載中の『鬼灯の冷徹』(ほおづきのれいてつ)は閻魔大王の補佐官、鬼灯の仕事を描いたもの(((^_^;)


~もともと日本は「この世とあの世」の二世界でした。しかしある時、当時「黄泉」と呼ばれていたあの世が亡者で混乱しすぎて八百万の神々が大会議を行った結果、現在のように現世・天国・地獄と実質三世界にへ分けられたのです。~


~仏教上、死後の裁判が全て終わるのが「三回忌」で、その裁判も10人の王がじっくりと審査するとか…閻魔大王は5審とか~


ちなみに欄外に「この漫画はフィクションですが、地獄はあるかもしれません。現世での行いには十分ご注意ください。」と書いてあります。だから、ホントだと思って誰かに話さないで下さいね(((・・;)


現世の行いといえば、募金箱を奪うトンでもない輩がいるそうですね。本当にそこまで困っての犯行とは思えませんが…なんとも不快なニュースです。


続きを読む

rohengram799 at 00:30コメント(7) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ