ひまわり探偵局

2021年06月28日

清遊雲便りNo.19:雨

巷に雨の降る如く… で始まるヴェルレーヌの詩を知ったのは池田理代子先生の漫画『おにいさまへ…』でした。アニメ化されていたのを知らなかったのですが、ラストも変わっていたと知りまたショーゲキ! ハッピーエンドと言えばそうなのかしら……でもそれだとなぁ……等と思っておりました。

ヴェルレーヌの詩ですが、訳者により少しずつイメージが変わりますね。堀口大学しか知らなかったので、なんか新鮮!

https://blog.goo.ne.jp/mia-koro/e/38bf2d7daf56cd58af1a72650eb6ac60



なかなかページが先に進まない『ひまわり探偵局』に


そういえば……ずっと昔、空がまどろみ、その夢が雨になって降ってくるのだと、本気で信じていた少女がいたっけ……。とっくに忘れていたはずの、あどけない空の話。(P17)


とあって、空の夢が雨なんて〜こんな発想はなかった! となりました。あ、雨粒って 💧 でよく表計算されますが、実際は違うようです。

https://mainichigahakken.net/hobby/article/post-530.php


お饅頭の形と聞くと、いっそお饅頭を降らせてくれ!と思ったりしますが、 当たると痛いか………野口五郎の「オレンジの雨」が浮かんできたけど、オレンジも相当痛そう……サクランボ🍒だったら大丈夫かな? と 木原敏江センセーの『王子さまがいいの!』という漫画にあった出来事を思い浮かべました。



6月も残りわずか、どうぞ皆さま、ご安全に!


rohengram799 at 09:05|PermalinkComments(2)

2021年06月26日

清遊雲便りNo.17:ジャケ買い

『ひまわり探偵局』という本を読み始めました。

https://hon-hikidashi.jp/enjoy/72427/


が! たくさんの本のタイトルやその作品の登場人物の名前が出て来て、未読作品が多い私はソレが気になって気になって、物語の謎解きに集中出来ません(´-ω-`) ようやく50Pくらい……諦めて違う本を読もうかと積ん読をガサガサしたりして。


この本を買ったのもかなり前で、多分「探偵」とタイトルにある作品を読もう!と思っていた時期だと思うのです。自分の中でへんなブームというかこだわりがあり「鬼」のついたタイトルを何冊も買ってみたり……で、積ん読本が増えるという……。


タイトル買い、表紙買いも多いです。川原泉さんの漫画『バビロンまで何マイル?』にあった女学生の会話が浮かぶ! ヘタな写し方で申し訳ない (lll´Д`)


DSC_0011




ファンタジーだけでなく、タイトル買いは危険がいっぱい〜改題されて表紙も出版社も変わっていたら、以前読んだのに新作だと思ってまた買ってしまうことが…… ( ´△`)



そうそう、本をジャケ買いしよう📚とするサイトがありました。

https://bookface.jp/


やっぱり興味を持ってもらうのが一番ですからね。
斉藤一人さんが

「人間は中身ですよ」っていうけど、中身って他人にはわかんないもん。裸になっても、わかんないんだよ。 洋服着てなくても、あなたの心の中は誰にもわかんないんだよ。 それなのに、「中身で勝負です」って、いってる人もいるけど、中身で勝負する前に、包装紙とか、いろいろあるでしょ、って。
いろいろあってはじめて選んでもらえるじゃない?

……ということを本に書いていたのだけれど、コレをちょっと思い出しました(^。^;)


rohengram799 at 09:00|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ