ふぐ

2017年01月16日

夢雲便りNo.8:「ふく」よ、来い~ !щ(゜▽゜щ)

昨日から『鴨川食堂 おまかせ 』を読んでいます。ショーケンが主役でドラマにもなった、京都の食堂ヲ舞台にした小説の4作目! おかわり、いつもの、と続いて今回はおまかせ! 娘のこいしちゃんが、はじめての食捜しに出掛けたりしています。相変わらず、イヤミで高ピーな依頼人が出てきますが、凝ればアクセントとしてお約束なんでしょうか?


一品目に「蕎麦米雑炊」が出てきました。凝れば依頼された食ではなくて、おまかせ料理の中の一品です。農水省サイトによりますと・・・

そば米雑炊(ぞうすい)」は祖谷(いや)地方の郷土料理です。祖谷地方は高い山に囲まれて米が作れないため、ソバが作られていました。ソバ米とはソバの実を塩ゆでして、からをむき、乾燥させたものです。源平の合戦(げんぺいのかっせん)にやぶれ祖谷地方に逃げてきた平家の落人(へいけのおちうど)たちが、都をしのんで正月料理に作ったのが、「そば米雑炊」のはじまりといわれています。

他にもレシピつきのサイト等ありました。歴史がありますね。


空のお城通信~オスカー戯言日記~:第395号:イヤダに、イヤダに~(~_~;)
で弥谷寺のことを書きましたが、かずら橋についての写真豊富なサイトがありましたので、こちらもご覧下さいませ。弥谷と祖谷、文字が違うだけで同じ場所なのか、実はよくわかっていません(;゜゜)


mysimasima.com/going-out/kazurabashi/



鴨川食堂では、依頼人がやってきたら食事を出してくれるのですが、その中のひとつに「フグ刺しのミルフィーユ」がありました! 山口では「ふく」と濁音にしないと聞いたことがあるので、タイトルも濁点なしにしましたが、コレがまた短い説明ながら美味しそうなんですよ~!

「間にポン酢のジュレを挟んでますさかい、そのまま食べて下さい。」


食べたくても実物がありません・・・よくアニメ作品とのコラボカフェとかありますが、鴨川食堂の料理を食べてみたいですわ~食わず嫌いの私でもパクパクいけそうです(笑) 日本酒は呑めないと思いますが・・・秋田の「天寿」とかおめでたくてよさそうなのになぁ。


食べられるしあわせ😆🍀をたくさん味わえる1週間になりますように~!





rohengram799 at 09:37|PermalinkComments(10)

2015年10月28日

暁雲便りNo.12:夕焼け子焼け

『石がけに 子ども七人こしかけて ふぐをつりおり 夕焼け小焼け』(北原白秋)



白秋がこんな短歌を作っていたとは知りませんでした。海辺の石がけに、子どもが7人並んで腰かけている。これだけでも「子ども七福神」! 絵になるなぁ~と思いますが、釣っているのが「ふく」とも言われる「ふぐ」なのがまた……美しい美しい夕焼けに空も海も子どもたちもキラキラしている様子が浮かんできて、赤い光につつまれていて、子どもたちのこれからの未来に幸あれ!と思ってしまいます。



ところで、この「夕焼け子焼け」の「子焼け」はなんぞや?となりますが……北原白秋は「栗鼠栗鼠小栗鼠(りすりすこりす)」「涼風小風(すずかぜこかぜ)」「仲よし小よし」など言葉の調子を調えるみたいな感じでいくつか書いている例があるようです。《童謡謎解き ゆうやけこやけ》という記事ではちょっとそれはこじつけすぎにならないか?と個人的には考えてしまう解釈がありました。皆さまはどう考えるでしょう?


http://www.office-goda.co.jp/column/nazotoki-014.html




土曜日の夜からなんとなく調子が悪いぞ…と思っていたら、翌日にはじんましんみたいなものが全身に……でしばし体調不良で、また更新が遅くなってしまいました。もう10月も終わり、道行く人たちの服装も秋というより冬支度ですか?みたいになってきました。空気も乾燥していますし、皆さまもお身体に気をつけて下さいね。いつもありがとうございます(´∇`)





rohengram799 at 08:30|PermalinkComments(10)

2011年02月09日

ひつじ雲便り378:「く」にする?「て」になる?

今日は下関ふく連盟が1981(昭和56)年に制定した『ふくの日』。「ふ(2)く(9)」の語呂合せです。他に「服の日」もありますが(笑)


下関では、河豚は「ふく」と発音し、「福」と同音であることから縁起の良い魚とされています。


平安時代には「布久(ふく)」「布久閉(ふくべ)」と呼ばれていたそうで、江戸時代中頃から、関東で「フグ」と呼ぶようになりました。今は全国へ広がりましたが、下関の他に中国地方の一部では「ふく」と呼ばれているそうですよ。


漢字では「河豚」と書きますが、中国では揚子江や黄河など、海よりも河に生息するフグが親しまれていたことから「河」が使われました。また、膨れた姿が豚に似ていることと(そうかな!?)釣り上げた時の音が豚の鳴き声に似ていることから、「豚」が使われるようになったということです。


「ふくぶくしい」と「ふてぶてしい」…「く」を「て」に変えるととんでもないことに~(((・・;)


ところで「ふく」は美味ですか? 漫画では唐揚げに刺身に鍋にしゃぶしゃぶ…いろいろ食べましたが(笑)実際は知りません(-_-;)



rohengram799 at 14:49|PermalinkComments(9)TrackBack(0)