ふらんす堂

2019年04月20日

春愁雲便りNo.19:小鳥

「ふたり小鳥になった日は手をつなげない」


木村聡雄さんの俳句。こちらの句集からですが、ふらんす堂さんの製本はどれもステキ(*´∇`*)

http://furansudo.ocnk.net/phone/product/1622





東京の狛江(こまえ)市と言われても、町田や八王子ほどピンとこない人の方が多いかも……と思いつつ、私も1回しか行ったことのない場所。それも30年以上前(^o^;) 何を調べていた時か忘れたけれど【狛江市の昔話】にあった、披露宴の話が面白かったので……。イヤ、お嫁さんからしたら「吸い物が変わるたびにお色直し」とかグッタリだろうな、と思うけれど、地域の風習ってやっぱり不思議(笑)



披露宴では、まず「落ち着きの餅」と呼ばれる餅を入れた吸い物が出て、その後、蛤(はまぐり)の吸い物、つぎがサヨリなどの吸い物で、最後に青菜か結び昆布などの吸い物になる。吸い物が変わるたびに嫁はお色直しをする。婿と嫁の膳にはお高盛りの椀が出て、嫁はしるしだけ箸を付けるが、この高盛り飯は、両人で翌日になっても食べきらなければならぬものとされていた。披露宴は、よそ行き程度の銘仙などを着て嫁が最後のお色直しをし、「嫁の茶」といって、やがて一同にお茶を入れてまわると、お開きになった。


https://www.city.komae.tokyo.jp/sp/index.cfm/45,3390,349,2100,html




今日は風がヒンヤリと冷たかったです。バス停近くの桜は全部散ってしまいました。これからは新緑の季節ですね。瑞々しい感性を失わずに毎日暮らしていけたらいいなと思います。



では (*・ω・)ノ



rohengram799 at 08:22|PermalinkComments(0)

2019年01月19日

萌月雲便りNo.19:人魚のひいさま

青空文庫で『人魚のひいさま』を読んでみました。そう、アンデルセンの人魚姫です。挿し絵の人魚姫はボリュームがある気がしますが(;´∀`) 「ひいさま」という言葉がなんか好きです~大事にされているなぁ、という感じが日本人の心によく響く(笑)


https://www.aozora.gr.jp/cards/000019/files/42383_21527.html



たくさん映像化、舞台化されている人魚姫ですが、寺山修司さんのお芝居で「愛されることには失敗したけど、愛することなら、うまくゆくかもしれない。私は小さな泡になって、いつまでもいつまでもあの人の近くに浮かんでいたい。」という言葉はとても切ないです。あと水玉かぼちゃでお馴染みの草間彌生さんの描かれた人魚姫も見ましたが、う~ん、ご本人みたい!と思いました(笑) でもしっぽのところが王冠👑みたいになっていてステキでしたわ。




<人魚姫声の出そうなさくら雨>

<人魚かと問いつめられて花の闇>


上記2句は『人魚姫のトゥシューズ』という水月りのさんの句集からです。 水月さんのことはふらんす堂さんのブログを読んで知ったのですが、お母さまが亡くなられたことを知らせて下さった手紙に添えられていたという詩に娘としての気持ちがとてもよくあらわれていて、思わずもらい泣きでありました。(2008/7/3付の記事)


【ふらんす堂編集日記】

https://fragie.exblog.jp/



rohengram799 at 07:17|PermalinkComments(2)

2018年01月15日

新光雲便りNo.9:シャイニング・プリンス✨

本当なら、という言い方もおかしいけれどもやっぱり「成人の日」は今日、1月15日だよなぁ、と思ってしまいます。



さてさて・・・詩人の森山恵さんと俳人の毬矢まりえさんのが共訳した『源氏物語』がなんかスゴいらしいです。お二人は姉妹。森山さんが妹です。


アーサー・ウェイリー(Arther Waley 1889~1966年)という人が、独力で翻訳した『源氏物語』の英訳版を、また日本語で訳したもの。左右社よりの刊行。定価3200円+税でなかなかのお値段ですが、 表紙がクリムトなのがステキ♪o((〃∇〃o))((o〃∇〃))o♪


http://sayusha.com/catalog/p9784865281637




光源氏は「ゲンジ」となり、物語はこんな風にはじまります(ふらんす堂さんのブログ記事より)。



・・・いつの時代のことでしたか、あるエンペラーの宮廷での物語でございます。

ワードローブのレディ、ベッドチェンバーのレディなど、後宮にはそれはそれは数多くの女性が仕えておりました。そのなかに一人、エンペラーのご寵愛を一身に集める女性がいました。その人は侍女の中では低い身分でしたので、成り上がり女とさげすまれ、妬まれます。あんな女に夢をつぶされるとは。わたしこそと大貴族夫人(グレートレディ)たちの誰もが心を燃やしていたのです。・・・



グレートレディ・・・なぜかマツコ・デラックスや渡辺直美さんの姿が思い出されてしまった! そして岸田今日子さんか市原悦子さんか、樹木希林さんか・・・彼女たちのナレーションが聞こえてきそう(笑)



♪You're my only shinin' star ずっと今まで困らせて ごめんね ・・・


中山美穂さんの歌声が脳内を駆けめぐる1日になりそうです。あ、私は『源氏物語』は読んだことが ないので、最終的に光GENJIイヤ光源氏がどうなったのかも知らないです。ひとりさみしく過ごしたのかしらん?




rohengram799 at 08:27|PermalinkComments(4)

2016年09月05日

秋雲便りNo.3:愛の行方

野口卓さんのご隠居さんシリーズ新刊『還暦猫』を読み終わり、今読んでいる『臣女』(吉村萬壱)が今年の100冊目になると思います。タイトルは「おみおんな」と読みます。


主人公は新人賞を獲っていちおうデビューした小説家。それで生計は立たず、以前どおり高校の講師をつづけている。しかも常勤から非常勤へ降格されて、なんとも冴えない……。ファンレターを送ってきた女と深い仲になり、その女と浮かれてクリスマスをすごしたことにより不倫が発覚、それが引き金となったように、妻の巨大化!!がはじまった……( ̄□ ̄;)!!


「私」は負い目があるので、歪んで成長していく妻を必死で介護します。苛立つこともあるし、食事中には絶対パスしたいであろう、読みたくない場面もたくさん出てきます。でもなんかやめられない……「私」と妻の間には確かに【愛】があると感じられるのですわ。カフカの『変身』では家族から見放されたというか完全にジャマ!扱いでしたが……妻も美しく変身しているわけではなく、ホラーみたいなんですが、時々会話らしきものも可能なのがいいのかなぁ……ご近所はやはりうるさいですが。とにかく変わったお話なので、力強くオススメはしないです(;^_^A ラストはどうなるのか、ドキドキします。



「ふらんす堂編集日記 By YAMAOKA Kimiko」で紹介されていた池上英洋・川口清香著『美少年美術史―禁じられた欲望の歴史』(ちくま学芸文庫)も読んでみたいですわ( 〃▽〃)



スパルタなどでは「花嫁は寝室で男装して新郎を待つ風習があった」という記事もどこかで目にしたのですが、花嫁さんはどんな気分だったんでしょうか……新郎が女装して布団で待っているとか想像しただけでイヤですけど(;´д`)



今日は突然の雷雨があったりしてビックリしました。ケータイは相変わらず動きがイマイチですが、またチマチマと書いていけたらいいなと思います(´ー`)ノ







rohengram799 at 16:56|PermalinkComments(4)

2016年07月20日

布雲便りNo.20:愛さずにいられない

今朝の読売新聞一面、いつものように雑誌広告を見ていたら『公認心理師への期待』(日本評論社)という文字が……なんだ、この“公認心理師”って……パッと見ると“公認調理師(´・ω・`)?”と思ってしまう……!!


全く知らなかったのですが、昨年10月に「公認心理師法」が可決成立していました。初めての心理職国家資格ということで、大学もいろんな対応を協議しているようですし、予備校も新たな学生獲得に動き出しているみたいだし……。Yahoo!知恵袋に質問があり、けっこう詳しく回答されていたので興味のある方は読んでみて下さい。

http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=12160925837


そして「士」「師」「司」の使い分け(?)違いについても質問がありました。

http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=12119811242


最近でもないですが、「看護“士”」から「看護“師”」にかわりましたよね。看護は女性が行うものとのイメージがありますが、『春告げ坂 小石川診療記』(安住洋子)には「看護中間」という、病人のお世話をするおっさんたちが出てきて(おサボり野郎も多い)ああ、昔から男手は必要だったのね、と当たり前のことに納得してしまいました。本の内容などについては下記ブログをどうぞ。

《安住 洋子著「春告げ坂」を読み終える:2015年04月11日の記事》
http://tnabe.exblog.jp/21702023/



保健婦助産婦看護婦法が1948年に施行され、看護婦という呼び方になり「看護するのは女性」という図が定着、女性を看護婦、男性を看護士と呼んでいました。女性も男性も看護師という呼び名に統一されたのは「保健婦助産婦看護婦法」が「保健師助産師看護師法」になった2002年の法改正からだそうです。



さてさて……今テレビでは都知事選挙の話題がたくさん。候補者はたくさんいるのに取り上げられるのは小池さん・鳥越さん・増田さんの3人だけですね(-o-;)


友清恵子(ともきよ・けいこ)さんという方が(1936年福井県生まれ)今年は傘寿(八〇歳)を迎えられて、記念に詩集を刊行されたそうで、その中に『やじろべえ』という詩があります。



『やじろべえ』


ありあまる時間を深い皺に塗りこめて着飾って出歩く年金暮らしの老女
まことしやかに有事を説き得意げに三位一体を謳う獅子頭
ひたすら携帯メールで擬似恋愛を演じるパラサイト・シングル
人ごみを臍だしルックで闊歩する黄髪少女の指先のタバコ
――――― コノクニハ モウ ダメカモシレナイ

人間の糞尿にまみれながらなお凜と均整を保っている富士
濁った川面に顔を出し岸辺の騒ぎを横目に悠々泳ぎ去るアザラシ
光の届かぬ深層水のなかひそやかに生き続ける透明なエビやイカ
経済大渋滞を尻目に人々を狂わせつつ粛々と北上する桜前線
――――― コノクニハ マダ タスカルカモシレナイ

あきらめと口臭と仏頂面を詰め込んで走る通勤電車
一握りのゴルファーのために緑をこそげ取られた山裾
飽食と浪費が毎朝垂れ流す生ゴミ不燃ゴミ
アリガトウもスミマセンも言えない子らを吐き出す受験塾
――――― コノクニヲ スキニナレナイ

照れながら喜びを語るノーベル賞のひとの作業服
沈着冷静に記録を伸ばす細身の大リーガーのまなざし
飛び交う絵手紙のそれぞれの優しい四季
和太鼓の激しさを背に受けて舞うソーランの若者の飛び散る汗
――――― コノクニヲ スキニナリタイ




友清さんや詩集の内容についてはこちらをお読み下さい。本の装丁や挿し絵もステキです。

《老JAPAN:2016年07月14日記事》
http://fragie.exblog.jp/25447182/



コノクニヲ スキニナリタイ………いつでもどんな時でも ♪愛さずにいられない それは真実(ほんと)よ………そんな美しい国・日本であって欲しい、そう思います。






rohengram799 at 09:41|PermalinkComments(6)
記事検索
月別アーカイブ