空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:ぶんぶん童子

只今、マンションが大規模修繕中……昨日はベランダ作業で窓を閉めていても塗装のニオイがキツくて……外より家の中がシンナー臭いってどーゆーことよ(`Δ´) で、気持ち悪い1日でした。そして今日は雨……なかなか五月晴れな気分にはなれませんなぁ。まぁ脳内は妄想の濁流状態なのですが(^。^;)


多分、何かを調べていた時に見つけたモンポウという作曲家。あのコマーシャルの音楽はこんなタイトルだったのか〜 荒んだワタクシに「いい薬です♪」となるかも……?


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/william-nu/entry-12128696051.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAfqim_-2jd3ZK7ABIA%253D%253D



*****


イラストの他、お菓子のアマビエもあるようですが、こちらは津軽石金山焼の「あまびえたん」(о´∀`о)

http://kanayamayaki.com/?p=4096

疫病退散なら「ぶんぶん童子」もかなりの威力があるような気がする(笑) 私は結構好きですが、閲覧注意な芸術作品ですな。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/rocketnews24.com/2013/09/02/362445/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAcyN-7D0-YzSwQGwASA%253D


*****


ぶらんこに思春期の脚もてあます


龍野龍さんの俳句。もう子どもじゃないから無邪気にはしゃいでブランコ遊びが出来ない、ブランコが小さくなったのではなく、自分が大きくなってしまった、だからといって大人になったワケでもなく……「思春期の脚」はどこに着地したいのか、どんな道を歩いていくのか、いろいろ考える一句であります。公園のブランコの周りでたくさんの子どもたちの楽しい声が響くのは、まだもうちょい先かなぁ。


****


では皆さま、今週も「ご安全に!」 (*・ω・)ノ

おはようございます〜朝は空気がヒンヤリして昼間は気温が上がり、クシャミ連発( >ε<) 今日も目が痒い(´pωq`) 皆さま、体調はいかがでしょうか?




昨晩、テレビで献血の話をしていたので(以前書いたこともあるけど)「けんけつちゃん」を知っているか、ダンナさんにきいたら知らなかった。また私がアホなことを言っていると思ったようです……(´Д` )


【ご当地献血ちゃん】
http://outdoor.geocities.jp/enmaturiuozukan/abo/link.htm



ところで「貴族の血は青い」ってたまに見る(読む)のですが、なんだよ、それ? タコもイカも青い血だって聞いたぞ!ということで検索してしまいました(笑)


【「貴族の血は青い」という言葉の由来】
https://s.webry.info/sp/bloom.at.webry.info/200702/article_1.html


【タコやイカの血液の色】
https://shokuiku-daijiten.com/mame/mame-929/



ついでに診断メーカーもやってみたけど、あまりひねりがない結果でした~赤血球さん……『働く細胞』かよ!

【オスカーの血は何色だーっ!!】

赤血球
https://shindanmaker.com/chart/782547-0fb84d213a68fdd3ad93c34d7171168b9318f477
#あなたの血は何色
https://shindanmaker.com/782547




なんの脈絡もなく、懐かしくなった「ぶんぶん童子」を……まだ元気(?)でよかった! このキモさがやっぱり好きです(*´ω`*)


【大分駅・ぶんぶん童子】
http://nigechatta.wp-x.jp/%E5%A4%A7%E5%88%86%E9%A7%85%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%B3%E7%AB%A5%E5%AD%90/

なんだか今日もはっきりしない空模様……沖縄は梅雨入りしてしまうのかしら? 私の頭もいつも以上にスッキリ感がなく「オショネシカメレオン」が「オネショカメレオン」に見えてしまいます……!


カメレオンにはツノのある種類があって、3本ツノのもいるようです。爬虫類がキライな人にはどうでもいい話ですね。もっとどうでもいいのは、あの不気味なせんとくんの顔がウーパールーパーと合体したような像があることでしょうか(^。^;) 大分駅の「ぶんぶん童子」といい勝負ですが、彼の方が攻撃的な印象があるのはハチだから?


作者の籔内佐斗司さん、キモい作品だけでなく普通(?)の作品もあるのですね。でも私は検索していて見つけた、熊本現代美術館にある「本読み童子」たちが気に入っています。お金を貯めて、彼の作品をひとつ手に入れたい……そんな気持ちもムクムク入道雲のように沸き上がっています~!!

《本読み童子》

http://www.uwamuki.com/j/map/mapdata/camk.html



さてさて、広報紙を読んでいたら私の住む市でも、昨年年度補正予算で創設された「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用した、プレミアム付商品券なるものの発売があるようです。「消費喚起を促す事業として期待」だそうですが、同じ市内でも大手スーパーとかに人は流れるのでは?なんて思います。協賛店になったとしても小売店などは売り上げが少ないのに後処理がめんどくさくなるのでは…なんて思ってしまいます。


商品券はプレミアム率30%、つまり1万3000円分の商品券を1万円で購入できるそうです。この率は他の自治体も同じなんでしょうか? 


発行は7月だったかな~部数は3万8千部。販売対象は市内在住者で往復ハガキで受付するようで、母子家庭は先行受付するとあった気がする……。今年2月末の市の世帯数は約3万6000世帯、すべての世帯が商品券を一部ずつ手に入れるということになりますね~あまる可能性もあるのかな? 私は今のところ、特に考えていないのですが、やはり税金の一部を取り戻すぜ!!の気合いでハガキを書くべきかしら?


この件に関して○○党を強力にプッシュしている子どもたちが同級生だったおかあさま方が、ウチの党のおかげ、議員のおかげなんですよ、スゴいでしょ、みたいに話をしてくるのがキツいです……だって、もう中学卒業以来全く親子ともどもお付き合いがないんですよ~それなのにスーパーとか買い物中に話されても……と思ってしまうワタクシ、わずらわしいです(; ̄ー ̄A


今日はPASMOの残高が『777』円に\(◎o◎)/ オイオイ、パチンカー&スロッターの七夕祭りには早いぜ~!と思ったワタクシです。


本屋さんに行ったら夏休みの読書感想文のための課題図書がズラリ!! ああもうこの時期ですか~と眺めてきました。気になったのは『マッチ箱日記』。絵本みたいな大きさの翻訳本。読むことも書くこともできなかったひいおじいちゃんは、マッチ箱にその日の思い出を入れることにしていました。マッチ箱の日記をひもときながら、ひいおじいちゃんがひ孫に半生を語ります……。今はマッチを使うこともマッチ箱を見ることも少なくかりましたが。あの小さな箱は子どもだけでなく、大人もちょっとした秘密や思い出を詰めたくなる見る、魅惑の大きさですよね~!! 今度立ち読み出来ないかチャレンジしてみようっと(^^;)


課題図書が並ぶということは、大手出版社の夏休み文庫(笑)の時期でもあります。去年はAKBの読書感想文フェアだった集英社文庫《ナツイチ》ですが、今年は『るろうに剣心』(映画)とタイアップになっていました。彼女たちを起用したわりには、売り上げが思ったより伸びなかったのかなぁ?なんて下世話なことを考えてしまいました。


ところで、藍川都先生のブログにつくば市でショクダイオオコンニャク開花/クレロデンドルム クアドリロクラレという記事がUPされていて「ショクダイオオコンニャク」ってナニ? 「燭台」ってロウソクを立てるアレだよね? ジャン・バルジャンが盗んだ(もらった?)ヤツだよね? それと「蒟蒻」が合体? 「食材・蒟蒻」ならわかるのに(--;) コンニャク芋は小さい頃に親戚の畑にいって微力ながらお手伝いしたので知っているのですが、花は知らないので調べてみました。おお、スゴいモノが( ; ゜Д゜)
 

http://www.hana300.com/konnya2.html


世の中には摩訶不思議なモノがまだたくさんあって『狸の燭台』も発見!! 地上に間違ってやって来てしまったクリオネのような、変形したニョロニョロ(ムーミンに出てくる)のような……でもやっぱりタヌキは徳島なんですね(●^o^●)


http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/ogawa/note/tanukinoshokudai/



こちらは植物ではなく、美術工芸品の「燭台」です。私は何かを捧げているようなアリさんの方が好きかな♪ 鶴亀型という 主に浄土真宗で使用される鶴と亀がデザインされた燭台もあるそうです。


《蝶と蟻の燭台》

http://www.jataff.jp/konchu/obj/obj47.htm


他のモノも気になる方もいらっしゃるでしょうが、サイトのはじめに戻ると、虫がキライな人にはうっ(;゜∇゜)かもしれませんのでご注意を! 結構リアルな作品ばかりで(バッタとかセミとか)ワタクシは「ぶんぶん童子」を見た時に近いショウゲキがありました( ̄▽ ̄;) 「ぶんぶん童子」はデビューした時に「閲覧注意!!」などと書かれていましたね。みなしごハッチの顔がせんとくんになったと言えばなんとなくわかりますかね?作者はせんとくんと同じ方です。JR大分駅に行けば実物とご対面できますが、検索すればすぐ会えますよ(^。^;)

このページのトップヘ