空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:みんなのうた

雨について調べていた時に【プルー(Pleut)はフランス語で「雨」を表す言葉。女性名。】という文章を見つけて、思い出したのが、小さい頃「みんなのうた」で流れていた『子犬のプルー』という歌。

https://youtu.be/SM6r0fHSbs8

歌詞はコチラ。
https://sp.uta-net.com/movie/223980/


夕方に聴くとまたなんとももの悲しい気分になったものです。



さてさて……『100日間おなじ商品を買い続けることでコンビニ店員からあだ名をつけられるか。』というチャレンジ?記事を読みました。どんな場所でもよく見かける常連さんにはあだ名をつけたくなるものですが、まさか自分でそれを望むとは(笑)

https://note.com/mutekiinc/n/n773f51e01077


こちらにあるビスコの川柳?も好きです。なんかわかる! カロリーメイトよりビスコだからイイ! と思いました。

https://note.com/clematisilica/n/n5d5a2e0b6f70

小さき子の小さく皮剥くみかんかな


藤井なお子さんの句集【ブロンズ兎】に収められた一句。

http://furansudo.ocnk.net/phone/product/2574



手が小さいから、みかんの皮も小さく小さく何回も剥くんだろうなぁ。みかんの実もおとなしだったらあっという間に口に入れてしまうのだろうけれど、子どもだから大事に大事に味わって食べるかもしれない。思ったよりもすっぱくて、うぇ〜!って顔をするかもしれない。でも、絶対それもかわいい!と思った一句です🍊



昔、みんなのうたで大竹しのぶさんが♪みかんがひとつ 雪の上〜 と歌っていて、タイトルが「みかん」だと思って検索したら「雪のわすれもの」だった!
当時「大竹しのぶさんが歌う!? 」とスゴく驚いた記憶があります。懐かしいなぁ。



懐かしいというと、今、渡辺真知子さんが歌っていた「唇よ、熱く君を語れ」がテレビから流れてきていて、あー、高校総体の時に吹いたわ(吹奏楽部だった)と若き日々を思い出しました。なんか元気が出て今でも好きな歌のひとつです📣

https://cmmonster.com/2020/music/kanebo-kuchibiruyoatsukukimiwokatare/



今日のタイトルはミッシェル・ポルナレフの『シェリーに口づけ』をモジりましたヽ(o´3`o)ノ

https://furansu-go.com/tout-tout-pour-ma-cherie/

今越みち子さんの俳句にこんなものがありました。


ずわい蟹己が値札を動かせり


「アタシはこんなに安くないわよ💢 バカにしないでよ💢💢💨」と……そんな風に思っているのかしらん?(笑) 朝市の光景が浮かんで来るようです。

http://furansudo.ocnk.net/phone/product/2595



以前「スベスベマンジュウガニ」について書きましたが、NHKの「みんなのうた」で歌われていたのですね。ビックリしました。その曲名は♪恋のスベスベマンジュウガニ ……(/-\*)


「スベスベマンジュウガニ」ブログ記事
http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50645918.html

『鈴の音と真昼の星の呼びあへば りりり涼しき言葉生まれむ』(小黒世茂:おぐろ・よも)


この句のように、風鈴を吊るしたくなるような1日~アツいけど風があるので洗濯物を干すのも気分よくできました(*^▽^*)


昨日の記事で「ロバの鳴き声」が気になったワタクシ、今日はロバ検索の1日~鳴き声ですが、甲高くウルサイそうです。「ブァーッ、フォー!ヒーヒーヒー、ゴーゴーゴ!」と聞こえるとか、「いななき」ではなく「うめき声」だとか……英語では「hee-haw(ヒーハー)」らしいですが、激辛カレーを食べた時の表現みたいだ!!と思ってしまいました(^^;))) うーん、「驢鳴犬吠」という四字熟語ができるのもムリはないかも。またサラブレッド競走馬に「ロバノパンヤ号」がいたというのもw(゜o゜)w


でも一番ショウゲキだったのは、ナポレオンのアルプス越えが馬ではなくロバだったということでしょうか!よく見る『アルプスを越えるナポレオン』(1801年)のカッコいいあの絵とは違い、本当はロバに乗って「ああ、胃が痛い~)」な情けなそうなのが本当の姿だったとは( ̄▽ ̄;)


ロバって古代からいたらしく、日本でも古くから存在が知られて(日本書紀にも書いてあるし、献上されている)いました。極暑地から冷地の環境にまで適応し、粗食にも耐える便利な家畜であるロバなのに、馬や牛と違い日本では家畜としては全く普及しないままで……「日本畜産史の謎」とまでいわれるほど理由がわからないみたいです。別名「うさぎうま(兎馬)」で馬の仲間なのに……なんで( ・◇・)?



タイトルは昔《みんなのうた》でアグネス・チャンが歌っていたのを思い出してつけてみました(*^-^*)


♪荷物があんまり 重いので ロバ ちょっとすねた~


ナポレオンの重さにロバは、すねたのか?(≧∇≦)ちょっと気になるワタクシでした!!




このページのトップヘ