アイバンク

2016年08月03日

乗雲便りNo.3:ヒトリシズカ

『握りつぶすならその蝉殻を下さい』(大木あまり)



セミの鳴き声がうるさい~!!と思っていた時に、この俳句を読んで“いのち”に対する自分の傲慢さにちょっとばかり凹んだワタクシです。うるさく鳴き声が出せるまでの期間を耐え抜いてきたんだよなぁ……と思う余裕がないってイヤだわ。


セミの種類はたくさんあって、そのひとつにチッチゼミというのがいました。文字通りチッチッ…と鳴くようです。舌打ちしているヤンキーなセミのイメージしか浮かんできません~! 今も昆虫採集するこどもたちはいるのかしらん?



昨日は二男がもってきてくれた本から4冊目『ヒトリシズカ』(誉田哲也)を読みました。カバー裏の《本書は、あなたに新しい興奮をもたらす。それは、第一章「闇一重」で幕を開ける。男が拳銃で撃たれて死亡する。犯人逮捕が間近となった矢先、司法解剖をした法医学者から連絡が入る。心臓に達していた銃弾は、一度止まってからまた動いたというのだ―。第二章 「蛍蜘蛛」で驚愕、第四章「罪時雨」で唖然(以下略)》とあり、煽ってんなぁ~という印象が強く……確かにおおっ!?という展開で、本当にこんなことがあるのか?みたいな感想が半分、続編があったら面白かったかも、という気持ちが半分……WOWOWでドラマ化されたみたいですね。各章のタイトルは字面が美しく内容にあっているなと思う反面、「死舞盃(しまいさかずき)」「腐屍蝶(ふしちょう)」とかは暴走族か!とツッコミを入れたくなりました。ネタバレもありますが、興味がありましたら下記をお読み下さいませ。

http://www.ice-heart.com/entry/2015/02/22/203000



「ヒトリシズカ」は本の表紙にも描いてありますが、なんとなく不思議な花……ポケモンをやっている人は、言葉からフシギバナを思い出すかしら? こちらはラフレシアだけれど(笑) 「フタリシズカ」もありました。私の祖父は「静」という名前でした。亡くなった時に角膜をふたりの方に提供しているので「フタリシズカ」ときくと祖父を思い出します。
http://www.hana300.com/hitori.html



今日から月額980円で本が読み放題になるAmazonのサービスがスタート!だそうですね。私は電子書籍ってう~ん、とあまり馴染めなくて、やっぱり小説でも漫画でも紙だろ、紙!って思ってしまうんですよね。紙質の違い、手触りとか、カバーを外した時のお遊び(漫画に多いかな)とか……手間暇かけた装丁の美しさとか楽しみたいので、紙の本には生き残ってほしいです。






rohengram799 at 10:45|PermalinkComments(8)

2012年06月15日

あかね雲便りNo.55:命あるかぎり

昼前に高橋容疑者逮捕のニュースが!!横浜や川崎にいると思っていたら蒲田に!!京急線を利用したのでしょうか?イベントが多くなる夏休み前に捕まって良かったです!!しかし、タカハシやキクチってわりと全国各地にある名字じゃないですか~テレビで名前を連呼されるとイヤでしょうね。同姓同名の方々とか本当にお気の毒です(-_-;)


昨晩は「6歳未満からの脳死臓器提供」のニュースに驚きました。ご両親が決断されるまでの苦悩は私などの想像以上のものがあったと思います。ダンナはきっとかなり前から話し合っていたんじゃないかと言っていました。
ずっとこのままの状態よりも誰かの中で、誰かのために生きてくれたら…。大人でも脳死についてはまだまだ理解されない、できない、たくさんの課題がありますが……移植された皆さまが拒否反応が少なく、順調に回復されることを祈りたいです。


臓器摘出のニュースで、アイスボックスを持ったスーツ姿の方々がよく流れますが、アレを見ると祖父が亡くなった時にやってきた2人の男性を思い出します。祖父は角膜を提供しました。摘出には両親が立ち会いましたが、それほど長い時間ではなかったと思います。義眼を入れられていました。
きちんとまぶたが閉じなくて、ちょっと怖くて悲しかった記憶があります。


当時、聞いた話では2人の方に移植されるとのことでした。もう30年前のことですが、その方々が綺麗なものをたくさん見つけて幸せに生活されていたらなぁ…と思います。


たくさんの命を奪ったオウム指名手配犯と、自分の身体で苦しむ子どもたちを救った男の子…今日のニュースは「命」についてまた考えさせられます(~_~)



rohengram799 at 14:50|PermalinkComments(15)

2010年04月26日

ひつじ雲便り14:I☆EYE☆愛

♫アイアイ アイアイ〜おサルさん……じゃないですよ~('~`;)

コンタクトレンズ専門店のアイシティで、使い捨てコンタクトレンズのポリプロピレン製容器を回収して、リサイクル会社に売却する活動を今月からしているそうです。店舗に専用の箱があって、どこのメーカーのものでも大丈夫出そうです。(アイシティはHOYAさんがやっているお店)売却代金は、寄付を加算して、アイバンク協会に贈るそうです。

私はずっとメガネなので、コンタクトレンズなんておそろしくてできませんが(((^^;)利用している方は、協力して下さいませ!!



rohengram799 at 08:16|PermalinkComments(0)

2010年03月26日

第12号:愛は時を越えて…いつかワタシのeyeを届けたい☆

新聞に臓器移植提供意思表示カードの新デザイン案の意見募集の記事がありました。

改正臓器移植法が7月に全面施行されるからだそうです。

(厚生労働省のホムペを見ましょう!)

私の祖父は亡くなった時に角膜を提供しました。アイバンクがそれほど知られていない頃だったと思います。
男の人が2人すぐにやって来て(自宅)処置していきました。
私はその場に立ち会ってはいないので、具体的なことはわかりませんが、片方ずつ別の人に移植されると聞かされました。

角膜は内臓と違い、拒絶反応がないだろうからアイバンクに登録するのはいいんじゃないか、と家族で話したことがありました。
実際はまだ未登録で、意思表示カードも未記入なまま…7月施行を機会にまたよく考えてみようと思います。

今日は祖父の月命日なので、この話にしてみました。(タイトルは大橋純子さんの名曲から)

おじいさんの「目」には今、何がうつっているのかなぁ…綺麗な景色や優しい笑顔でありますように☆

おじいさん、ありがとう。おじいさんのくれた愛情があるから、オスカーはがんばってこれたと思ってる。今でも大好きだよ!!







rohengram799 at 08:30|PermalinkComments(0)