アンソロジー

2017年11月07日

霜見雲便りNo.6:2030年

今月は薄い本(同人誌ではありませんぞ!)をたくさん買ってあるので、それを読んでいます。『 2030年の旅』という、2020年の東京オリンピックからさらに10年後を描いたアンソロジーを読み終わりました。執筆者は、恩田陸・瀬名秀明・小路幸也・支倉凍砂・山内マリコ・宗田理・喜多喜久・坂口恭平の8人。 坂口さんはエッセイです。



最初の作品『逍遙』(恩田陸)で、登場人物のひとりがこんなことを言っていました。



「金星って、惑星の中ではいちばん地球に似ていると言われてるんですけど、地表付近で常に凄まじい強風が吹いているんです。これをヘビーローテーションと呼ぶ。どうしてそんな状態なのか、何が強風を引き起こしているのかが謎とされています。で、実は、地球もかつてはそういう『強風世界』だったんじゃないかっていう説があるんです。あまりの強風に、人類が外に出られず、洞窟内で暮らしていた時間がとても長かったから、こんなふうに体毛の少ない、色素の薄い身体になったんじゃないかと」(p23)



金星は 「地球の姉妹惑星」と表現されることがある(Wikipedia)そうです。ヘビーローテーションなんて、某アイドルグループの歌かと思ってしまいましたが、違うんだ~と思ったおバカさんなワタクシ。「洞窟内で生活」説もあり得るかも、と思ってしまいました。



「2030年問題」と今からいくつかヤバい!という問題が挙げられていますね。高齢化関連は毎回恒例な気が・・・とサムいことを書いてしまいましたが、2030年からミニ氷河期に突入するというものが・・・(;・∀・)



2015年にイギリスで発表された研究に、太陽の内部にある磁場の変化によってミニ氷河期が訪れる可能性を示したものがあったそうです。これにより、川が凍結したり、海が凍結したりする可能性が大いにあるということです。この研究を発表した教授によると、2030年には太陽の活動が現在の60%程度になり、寒冷化がすすみ、気候変動や自然災害が発生する可能性がある・・・パニック映画とかで猛吹雪、カチカチに凍るとかありますが、ここまでいかなくてもいろいろ影響があるのは確実。



2030年を迎えるためには、まず明日を迎えなくては・・・。♪あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかな 夜空のむこうには 明日がもう待っている・・・・・『夜空ノムコウ』を口ずさみたくなってきましたわ。



rohengram799 at 11:05|PermalinkComments(2)

2017年07月11日

蘭月雲便りNo.7:ローズもの

言いたくはないですが、今日も暑いですね・・・いろんな場所でいろんな立場で、いろんな状況でがんばっている皆さん、健康第一で・・・と打ち込んでいたら、鹿児島・宮崎で地震速報が・・・不安が増すばかりですが、どうぞお気をつけ下さい。




昨日書いた『甘いお菓子は食べません』ですが、いやぁ、かなりベビーな内容でしたわ。若い頃に読んでいたら全くピンとこないだろうなぁ、という40代のような未婚・既婚者の話。結構セキララですので、特に最後の作品は殿方には向かないかも(^^;)(;^^)



今日は時代小説アンソロジー『春はやて』を読みました。春夏秋冬シリーズがあり、春だけ未読だったので、本屋さんで見つけてすぐに買いました(笑) 一冊まるまる読んだことがない『眠狂四郎』や『銭形平次』もあり、おお、こんな雰囲気なのかと。


眠狂四郎は田村正和さんや片岡孝夫さん(今は仁左衛門だけど、私には孝夫兄さんのイメージが)のビジュアルが浮かぶ~文章からすぐに美しい景色が浮かんでくるよう。桃の節句に絡めた話だったからでしょうか。そしてずっと独り者だと思っていた彼に奥さまがいてビックリしました(笑)



平次親分は北大路欣也さんも悪くはなかったけれど、やはり大川橋蔵さんのイメージ。綺麗な役者さんだった。舟木一夫さんの歌う主題歌も懐かしい。文章が「ですます調」で意外でした。なんだか昔話を聞いているような。そして、えっ、真犯人がわかっているのに捕まえないの?というラストにモヤモヤ感があったのですが、編者の縄田一男さんが「野村胡堂は、自分は、平次に投げ銭を飛ばさせて法の無可有郷(ユートピア)をつくっているのだ、とも、銭形平次を貫く基本的な精神は、罪を憎んで人を憎まずのそれだ、とも語っており、最後の物語のしめ方も決して珍しいものではないのである。」と書いるのを読んで、そうなんだ~と。


五月人形が出てくる話でしたが、その中に「ローズもの」という言葉がありました。なんだ、これは(´・ω・`)?と思って調べたら「商品として不適格なもの」の意味でした。



日本国語大辞典(小学館)には「傷がついたりして商品として通用しない品物」転じて「役に立たないものをののしっていう言葉」になったらしいと書いてあるそうです。「下等百科辞典」という明治時代の隠語の辞書によると「ろうずもの」は「ローズ物」と表記されていた時代があったようです。



「ろうずもの」という言葉は、安永(あんえい)年間にすでに使われていたようで・・・安永という元号は、西暦1772年11月16日から1781年4月2日まで。平賀源内氏が亡くなったのが1780年12月とのこと。ローズが英語ではなく、オランダ語とかポルトガル語とか?「蘆頭(ろず)」という言葉もあるようで、これは「薬用植物の薬用にならない部分」のことを意味するようです。



金平糖が出てきた『京都骨董ふしぎ夜話』の続編を買ったので、またオオッ!なお菓子が出てきたらネタにしたいと思います。





rohengram799 at 12:35|PermalinkComments(4)

2017年07月08日

蘭月雲便りNo.5:あの街この街 恋の街

昨日は七夕。年々ショボくなる笹の葉サラサラ~が私の職場店内にもありました。「万枚!!」・・・帰省中されまくりなので、多分ムリだと思う・・・。



『あの街で二人は ‐SEVEN LOVE STORIES‐』を読んでいます。「恋人の聖地」を舞台に7人の錯覚が描くアンソロジーです。マップ付きだったので、買ってしまった~近場も多かったので、どこか行きたい時にいいかと思って・・・ひとりで、ですが(^^;)))



村山由佳『アンビバレンス』
六本木ヒルズ展望台/東京シティビュー

加藤千恵『パノラマパーク パノラマガール』
伊豆の国パノラマパーク/空中公園

山本文緒『バヨリン心中』
浜名湖かんざんじ温泉

マキヒロチ『10年目の告白』マンガだった!
ラ チッタデッラ(川崎)

畑野智美『黒部ダムの中心で愛を叫ぶ』
黒部ダムの麓 信濃大町

井上荒野『最後の島』
牛窓/オリーブ園 幸福の鐘

角田光代『その、すこやかならざるときも』
かのやばら園(鹿児島)



まだ村山さんの作品の主人公はセキセイインコを飼っているのですが、Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ!と思ったことが・・・。「インコアイス」というのがあるそうで(これも驚き!)インコの形をしているのかときかれ


「いいえ。インコの匂いがするんです。インコ好きだったら、誰でも必ず一度はインコの頭を口に入れてみたことがあるものですけど、その時の匂いを再現したアイスなんです。何て言えばいいのかな、穀物を噛みしめた時の香ばしさに、日向に干したお布団の臭いを混ぜた未体験感じの・・・・・・」



「インコアイス」について検索したら【喫茶店「とりみカフェ ぽこの森」(神戸市灘区)で、2013年5月から販売されたもので、小鳥のえさとなる粟や麦、フルーツやヒマワリの種などをバニラアイスに混ぜた込んだアイスクリームです。
乾燥地帯出身の水浴びをあまりしないインコは、えさのにおいが羽につきやすく、品種によってえさの種類も違うため、小鳥それぞれのにおいに似た風味が口の中に広がるアイスクリーム「インコアイス」が誕生しました。】とありました。そうなんだ・・・食べたら3分くらいインコに変身!脱出らメルヘンなのにね(笑) イヤイヤ、私がビックしたのアイスの存在ではなく「インコの頭を口に入れる」です!



「食べちゃいたいくらい可愛い~(≧▽≦)」という比喩はよく聞きますが・・・鳥好きの人には当たり前なのかしら・・・ちょっとショーゲキでありました。




rohengram799 at 08:39|PermalinkComments(8)

2017年06月14日

さくも便りNo.9:ボンタン

今日は『マウンドの神様』というアンソロジーを読みました。タイトルから結構、硬派な野球短編集ではないかと期待していたのですが、ちょっとラノベっぽい? また小説オンリーでなくエッセイが入っていて、これも私にはちょっと、う~ん・・・単独ならエッセイも面白く読めたのですが。


【収録作品(掲載順)】
あさのあつこ「梅里駅前商店街の熱い風」
朝倉宏景 「絶対的最後」
荻原 宏 「わが家の高校球児」 (エッセイ)
早見和真 「あの日、監督ががうなずいていれば、僕は――」
東川篤哉 「カープレッドより真っ赤な嘘」
宮下奈都 「空くじなしの宝くじ」(エッセイ)
額賀 澪 「肩車の権利」
須賀しのぶ 「甲子園に帰る」



須賀さんの作品は親の都合で満州に渡った野球少年の話で、満州国で野球!のイメージがなかったので、当時の軍や学校のことなど、フムフムとなりました。浅倉・早見・額賀の三氏の作品の雰囲気がよかったので、こういう作品を集めて欲しかったです。


東川さんのはプロ野球ファンの心理をコミカルに描いた作品。選手のサイン入りユニフォームを強奪する事件が起こり、それに便乗して殺人事件が・・・なんですが、このユニフォーム強奪事件が『プロ野球版ボンタン狩り』と言われて・・・ボンタン狩り! 時代を感じます(^^;)))



ボンタンはボンタン飴ではなくて、ダボっとした学生ズボンのことです。短ラン(短い学生服)にボンタン、なぜあんな服装が流行ったのか・・・そしてなぜそれを奪おうとしたのか。文中に


いったい当時の男子高校生は、どんな欲求不満を抱えて、あんなアホな闘いに明け暮れていたのやら。


とあって、笑いましたわ。女学生も丈の短いセーラー服に長いスカートとかが不良でした。たまに膝下20センチくらいのスカートの子を見ると「今どき珍しい!」と思ってしまいます。ちなみに私は女子高で服装検査の時にスカート丈を測る棒を先生が持っていました。


あと、ヤクルトファンの警部が出てくるのですが、天才打者の話で盛り上がっている場面で「若松」の名前をあげる~今の人は若松と言われても(´・ω・`)?
ではないかしらん? 私も野球に興味はなかったので「ヤクルトの若松 ヤクルトの野菜ジュース」のコマーシャルで、若松さんを思い出すくらいです。



甲子園がらみの暑苦しいくらいのアンソロジーを期待していたので、不完全燃焼気味・・・ああ、『男どアホウ甲子園』が読みたい~!




*前の記事のお返事も含め、しばらくお返事遅れます。ごめんなさいm(__)m




rohengram799 at 22:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年02月16日

初花雲便りNo.12:犬の立場は・・・゜゜(´O`)°゜

2月は猫の日があるので、猫関連本をたくさん読むぜ!・・・と思いながら、なんだかあちこちジャンルが迷走中なワタクシです(((^_^;)


昨日は和菓子屋兄弟の話が面白かった、田牧大和さんの『鯖猫長屋ふしぎ草紙』を読み終わりました。表紙の猫のイラストはあんまり好きじゃないのですが・・・猫の凛々しさを出したつもりかもしれないけど、私好みじゃない( ・ε・)


江戸の根津宮永町にある「鯖猫長屋」。これは通称で、鯖縞模様のミケ猫が一番エライ!ので、そう呼ばれています。サバという名前で、ふしぎな力、野生のカンというのか、それがヘタレな飼い主よりずっと頼りにされる(笑) ご飯にもこだわりがある、超ワガママなんですが、そこが猫です😺!そんな長屋に、わけありの美女や怪しげな浪人者が越して来て
・・・「成田屋」の異名をとるイケメン同心も登。サバの飼い主である猫専門の売れない画描き・拾楽もなかなかクセ者で、後半にバタバタとたたみかけるような展開になっていきます。続編がありそうな雰囲気でしたね。


今は『だれも猫には気づかない』(アン・マキャフリー)を読んでいます。


時は中世。公国の若き領主に仕えてきた老摂政が亡くなりますが、将来を案じた彼が遺していったとっておきの秘策、それが飼い猫ニフィでした🐱 こちらの猫も賢く、文字も読めるらしいそぶり。これからどんな活躍をするのか、ワクワク😃💕であります。作者は『歌う船』(タイトルだけは知っている)や〈パーンの竜騎士〉で知られる現代SFの女王だそう。


この美形なご領主さま、犬と猫についてこんなことを・・・お犬さま💓😍💓の方には👊😠な発言でありましょう。


・・・ジェイマス公は、寝室に犬をいれることを一度ためして以来、二度と許さなかった。犬というのは、おちついて眠ることがない。夢のなかで逃げるものを追いかけ、吠え、爪で木の床を引っかく。それに、臭いが鼻につく。かたや猫は、周知のごとくきれい好きで、まるまって毛のかたまりとなり、しずかに眠る。・・・


私は犬も猫も飼ったことがないのでまたわからないのですが、時代もあるのでしょう。おそらく狩猟犬を無理やりベッドに引きずり込んだのではないかと(; ̄ー ̄A




↑まで書いてから、買い物にいき、猫本を2冊買ってきました。『踊る猫』(折口真喜子)と『大江戸猫三昧』(アンソロジー)です🐾🐾🐾 どんな猫たちに会えるのか、楽しみです(*^^*)


今年の千葉の公立高校入試の国語問題、小説は『タスキメシ』でした。タイトルは知っているけれど、ラノベみたいだ・・・と思って、駅伝は好きだけど読んだことがない本です。昨年の夏休みの課題図書になっていたようですね。今、◯◯メシとか◯◯食堂とかグルメ系が多くて、お腹いっぱい!という感じです。マンガでも小説でも面白ければいいんですが、たまにスゴい手抜きじゃね⁉という、ちっとも美味しそうに見えない画をみると(緑の岩のようなキャベツとか、茶色いハンバーグとか、アニメにありがち)かなしい気持ちになりますわ。 現実のショートケーキ味の焼きそばとかも食べたくないですけど😨😨😨





rohengram799 at 15:04|PermalinkComments(10)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ