イギリス

2022年02月25日

かたゆき雲便りNo.20:ピンクとイエロー

乳がん検診受診を促すためのポスターやコピーを公募したピンクリボンフェスティバル「第17回ピンクリボンデザイン大賞」で、ポスター部門のグランプリ受賞作品について波紋が……

「まさか、私が」と 毎年9万人が言う

このコピーとあの福引きのイラストはたしかにう~ん……とあんまりいい印象はないかも。

https://www.pinkribbonfestival.jp/design_award_17/

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.kobe-np.co.jp/rentoku/omoshiro/202202/sp/0015085499.shtml%3Fpg%3Damp%26usqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D



少し古い記事になってしまいますが、黄色い水仙(ラッパ水仙)がガン撲滅運動のシンボルとして使われていることを知りました。

https://nzbenricho.com/daffodil-day-2019/

https://tabi-labo.com/280906/garden-of-light

http://lightnews.blog137.fc2.com/blog-entry-2114.html?sp



今日は気温が高く、風もあって、花粉がたくさん舞っているようです。鼻水ズルズルで目がかゆい( ・д⊂ヽ゛皆さまもどうぞご自愛下さいませ。



rohengram799 at 15:45|PermalinkComments(10)

2018年04月24日

清和雲便りNo.25:あかちゃん (ノ≧▽≦)ノ

【あかちゃん】 まどみちお



なんで こんなにうれしいのか

テレビのコマーシャルにでる

一しゅんの あかちゃんが

かわいい!とこえあげさせるが

一しゅんとはいえ なんどかみてると 

なじんできて きやすいはずなのに

どうも まぶしい!

とおもって ハットきがついた

だっこされてるんだ かみさまに!

あかちゃんは どんなあかちゃんでも

なんのあかちゃんでも

ママにだっこされてても そのまま

かみさまに だっこされてるんだ!

どうながめても としよりとは

せいはんたいのあかちゃんだが

だからこそ としよりのわたしに

はっきりとわかって

あんなにかわいくてまぶしいのだ






「イギリス王室、ウィリアム王子の妻・キャサリン妃(36)が4月23日、 ロンドン市内の病院で第3子となる男児を出産」のニュースに合わせて、まどみちおさんの詩を(笑) 男児の体重は8ポンド7オンス(約3800グラム)。大きい! ウチの長男が3735gで「新巻鮭みたいだ」と思ったのだけれど(^o^;)キャサリン妃はどうだったのかしら?



海外では出産してすぐ退院してしまうけれど、大丈夫なのかなぁとお母さんの身体を心配してしまいます。せめて3日くらいは・・・と思ってしまいます。名前も気になりますが、元気に大きく育っていただきたいです(о´∀`о)



たまに保田圭ちゃん(元モーニング娘)のブログを読むのですが、息子さんに袴ロンパース姿の写真が。おお、こんなものもあるのか! かわいい! 私も新撰組ミーハーな若かりし頃は、五稜郭祭のパレードに参加する気満々で浅黄色の羽織にシマシマ袴を買いました。結局身につけることはなく(羽織はその後、同人誌即売会で着たような)他の参加したいけれど、持っていないという人に着てもらいました。袴ロンパースを見たら、そんなことを思い出しましたわ。




rohengram799 at 15:40|PermalinkComments(6)

2017年08月09日

竹春雲便りNo.8:見張るオトコ

台風5号はようやく温帯低気圧になったようですが、大変な風雨の被害を受けた皆さま、御見舞い申し上げます。今度は猛暑! 体調が本当におかしくなりますね・・・(;´Д`)



そんな中、タイトルと表紙買いした、イギリスの作家フィル・ホーガンが書いた『見張る男』を読み終わりました。「見張る」といっても、探偵でも監視員でもないのです。彼の仕事は不動産仲介業。イギリスの小さな町で仕事をしているヘミング、彼は今までに売った家の合い鍵をすべて持ち(°Д°)家主のいない間に勝手に上がり込み(;・ω・)隠れて彼らを観察することが日課となっている・・・!Σ( ̄□ ̄;)


ある日、町で見かけたアビゲイルに一目惚れ、彼女の家の鍵を手に入れるために行動し、ついに殺人まで・・・! もう、ストーカーじゃないの?みたいな・・・不動産屋に不信感を抱く作品ですわ。文章は淡々と彼の仕事(?)というのか趣味を聞かされているよう。家に入ったらこんなことをするんだよ、とか。このように人の家はこんな感じで・・・と、引き出しを漁るのなんて当たり前、ビデオ撮影もしたり。幼い頃の諸行も「なんでコイツを放置したんだ!」と思う出来事で・・・コレが中途半端に入るのが、ちょっと詠みにくいかな。



ラストの「いいではないか? これがわたしなのだ。いくつもの計画の守護者。もちろん、わたし自身の計画はない。わたしは片隅にいて、聞き耳を立て、観察しているだけで幸せなのだ。そして、あなたの次の引っ越しをわくわくしながら待っている。わたしは背景に溶けこみ、あなたの空気を吸う。静かに家に入っていく。愛を届けるために。」・・・イヤイヤ、待たないで! あなたのは愛じゃない~!」とゾワゾワしてしまいました((( ;゚Д゚)))




見栄はる男もイヤですが、見張る男はもっとイヤ・・・彼の洞察力、行動力などは確かに素晴らしいのですが、それはもっと違う方向に行くべきだったと思います。


rohengram799 at 07:26|PermalinkComments(0)

2016年05月08日

香雲便りNo.9:ヒツジのソナタ

オスカル様が書いた『悪魔のソナタ』を読んでいます! オスカル様っていっても『ベルばら』のオスカル様ではなくてバイオリニストでもある作家さんなんですが(;^_^A



時は1888年、舞台はイギリス、エディンバラ。切り裂き魔に似た手口でバイオリニストが殺され、その事件を解明せねば……なんですが、時代も古いしイギリスの慣習もワカラナイので、雰囲気をつかむのにちょっと苦労しています。この時代が好きな人だったら、家の作りや服装などイメージ出来てサクサク読み進めることが出来るのでしょうけど。あと猟奇殺人なのでグロ系描写があって、あまり人にはすすめられないかなぁ……(ーー;)



「ハギス」という料理が出てくるのですが、これはスコットランドの伝統料理で、羊の胃袋に羊の肉や内臓を挽いたものや、大麦、カラス麦、ハーブなどを入れてゆでたもの。 缶詰もあるとか? 日本でも食べられるお店があるそうですが、見た目が……(-""-;) 写真満載で作り方とか書いてあるサイトもあったのですが、私的にはあまり……。だって胃袋ですからねぇ……加工して水筒にしている方がまだいいかな、と思ってしまいます(^。^;) 羊でなくても内蔵系のものは苦手。モツナベとか申し訳ないですが、勘弁して下さいですわ。


「イギリス」の食事はマズイ!と聞きますが、実際どうなんでしょう? フィッシュ&チップスはマンガで知ったくらい何も知らないワタクシ(以前、ミニストップで売っていたので食べたことがありますが、本場では油ギトギトなんですかね?)スコットランドの名物料理だからスコッチエッグ? ウェールズや北アイルランドの特色ある食べ物ってなにがあるのかしら(´・ω・`)?



あまり食べ物のことばかり考えていると、お腹がすいて眠れなくなるので、このへんでやめておきます~おやすみなさい(+.+)(-.-)(__)..zzZZ





rohengram799 at 23:20|PermalinkComments(10)

2010年06月22日

第145号:ボウリング場は禁煙ですか?

今日は、日本ボウリング場協会が1972(昭和47)年に制定した《ボウリングの日》です♪


1861(文久元)年、長崎外国人居留地に日本初のボウリング場が開設されたと、この日付けの英字新聞「The Nagasaki Shoping List and Advertiser」紙に掲載されたことに由来するみたいですよ。


今、公共施設では全面禁煙が多いですけれど、ボウリング場はどうなんでしょうか? イギリスでは、煙草一箱1000円以上にして、国民の健康的な生活の意識レベルをあげることに力を入れているみたいですね。パブも禁煙だそうです(-_-)



ウチの近くの商業施設二ヶ所は、ゲーセンとボウリング場がセットになっていて(((^^;)平日もわりとにぎわっています。


私が子どもの頃は、プロボーラーと言えば「中山律子」さんでした♪


いろんなプロスポーツがありますが、ボウリングが一番プロになりやすいとききましたが、本当なんでしょうか?




rohengram799 at 00:10|PermalinkComments(2)
記事検索
月別アーカイブ