インク

2019年04月30日

サンブンのイチ〜平成と令和のあいだ〜

4月が終わるということは「1年の1/3が終わる」ということ………森博嗣先生のブログを読むまで気がつかなかった Σヽ(゚Д゚; )ノ


http://blog.fuyushoten.com/2019/04/blog-post_30.html?m=1



3分の1が脳内では「散文の1」に変換されて、自分の書いているものも「散文の1つ」なのだろーか?なんて考えたはじめてしまったので、号外的にブログ更新しています(´・ω・`; )





噛んであるから鉛筆は君のもの



作者は清水美江 (しみず・びこう/ 1894~1978)。本名は清水策治(しみず・さくじ)。埼玉県出身でした。



鉛筆を噛むクセのある人っていましたね。シャーペンを初めて使った時のと嬉しさとか、芯がバキバキ折れたり、万年筆のペン先を潰してしまったり、羽根ペンに憧れたり、インクをこぼして、あーッ(´Д`ノ)ノとなったり………結構、文房具関係の思い出ってあるかも。



しかしオトナになりすぎた今では「噛んであるから貴方は私のもの」と読み替えてしまう!………恋人の耳たぶを甘噛みして所有の印をつけるんですね、うふふ、そのお気持ち、わかりますよ、お嬢さん ヾ(o≧∀≦o)ノ゙



ああ〜!やっぱり平静ではいられないおやぢなワタクシの平成最後の夜です ヾ(*T▽T*)





rohengram799 at 19:48コメント(8) 

2010年09月07日

ひつじ雲便り192:あざやかに、あでやかに…想いを伝えます

最近はケータイで文章を書き込むことが多くなりました。手軽だし、文字がきれいで見やすい!!(笑) 


自分の字の下手さには「ず~ん!」と落ち込みはしますが、あの紙の上をミミズが這うかのように書く感じも、やっぱりイイんですよね(笑)だから手帳とペンはいつも持っています♪


パイロットからは『色彩雫』(いろしずく)という万年筆用インクが発売されています。全17色、50mlで税込1575円。色の名前は、日本の美しい自然や景色からつけられています。朝顔に露草、霧雨に紅葉、孔雀に躑躅に冬将軍…など。


明日は月の姿が見えない、新月ですが、「月夜」のインクで手紙を書くのもステキですね!!


「緑のインクで好きな人の名前を100回書くと願いがかなう」……そんな「おまじない」がありませんでしたっけ~?


まだまだ残暑きびしいですが、長い夜にそなえて、万年筆にインク、便箋を探しておくのも、ちょっとオトナな(笑)初秋の過ごし方かもしれません。


皆様は、誰を想いながら、インクや便箋を選ばれるのでしょう~気になる!!(^o^)/~~






rohengram799 at 09:02コメント(0) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード