空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

ケガエル

林鐘雲便りNo.4:カエルの話

6月をイメージするイラストによく見られるのは紫陽花、カタツムリ、傘にカエル……のような気がする〜というワケで、以前「ケガエル」というカエルについてちょっと書いた記憶がありますが、カエルの生態(?)や進化(?)について書かれた記事にふーむ、となったのでご紹介します。本文中にキモいカエル画像はないので、安心して読み下さいませ(((^^;)



http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/tenkijp/trend/tenkijp-12211

碧雲便りNo.18:おやぢ・ココロの図鑑

今夜から雨の予報が出ている関東地方、仕事に行くくらいしか予定のないワタクシですが、どこか楽しいお出掛けを考えている方々にはエーッ!ですね。なんかもう梅雨のはしりみたいで、どんどん季節がズレていき、四季もなくなるのかと心配になります。



晴れてほしい時のおまじないというとてるてる坊主ですが、もとは中国からの風習のようです。昔、北京に「晴娘(ニンチャン)」という名の美しい娘がいたそうです。 切り紙が得意で、皇宮のお后たちが買いに行かせるほど。しかしある年の6月、北京を大雨が襲います。 街は雨水であふれ、人々が様々なご祈祷で雨を静めようとしても一向にやむ気配はありません。


水で覆われてしまった街を見た晴娘はある夜、天に向かって祈りました。「どうかこの雨が止みますように」 すると、突然空から大きな声が……「晴娘よ、東海龍王がそなたを太子の妃にとご所望じゃ。もしも従わなければ北京を水没させようぞ」その声を聴いた彼女が「命に従って天に上ります。どうか雨を止めてください」と言うとその瞬間、大きな風が吹き、晴娘の姿は消えてしまいました。 そして雨はやみ、太陽が顔を出したそうです。これ以来、人々は大雨を止めるために犠牲になった晴娘をしのび、雨が降り続くときには切り紙で作った人形を門にかけるようになったとか。


下記の記事にある女の子の絵はとっても可愛いのに、この昔話を読んだ後ではちょっとせつない。そして「サオチンニャン」という発音に、一瞬えっ(;゜∀゜)となってしまうおやぢ心がなさけなや~!!


《掃天娘》

http://pengzi.maruzen.com/season02/saoqingniang.htm



お年頃の男性が気にすることのひとつに髪の毛がありますね。ウチのダンナも気にしていて「年齢を重ねた頭皮のニオイに デ・オウ 薬用スカルプケアシャンプー」を買ってきて使用していますが「かえって頭がかゆい( ´△`)!」と言っています。試しに使ったワタクシ、なんかハリとコシが出てボリュームアップしたような……。


「男性と女性では、基本的に頭皮の状態が異なります。男性の頭皮は皮脂の分泌が多いのに対して、女性の頭皮は乾燥している方が多いのです。シャンプーも、当然この特性に合わせて開発されています」というヘアケア関連の記事を読んで、ワタシって頭皮がギトギトなの!?とショックを受けています……身も心もおやぢまっしぐら!なんでしょうかρ(・・、)



「毛」といえば今はアンダーヘアのカツラもある時代(ビックリしました)カエルに毛深いタイプがいても驚いてはいけないのでしょう……その名も「ケガエル」!! 写真ではあんまりわからない……かな?


《ケガエル》

http://www1.seaple.icc.ne.jp/ryuhaku/ibook/kaeru/kaeru_k6.html



おやぢ・桃色ハート図鑑(笑)の最後は「ホウガンノキ」です。花はボケの花に似ているような気がします。実もなります。「ホ」を「コ」に置き換えたりするイケナイ大人にならないでね~(*^)/☆(+。+*)


《ホウガンノキ》

http://www.botanic.jp/plants-ha/hougan.htm




ではでは……これからおやぢらしく(?)『きんきら屋敷の花嫁』という本を読みたいと思います。皆さま、この記事のことはキレイに忘れて(笑)どうぞ楽しい1週間にして下さいませ(  ̄ー ̄)ノ




記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード