空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:ケロヨン

昨日は帰宅してから知念実希人さんの『仮面病棟』をイッキ読みしたので(なんかサクサク読めた)寝たのが日付が変わってからになってしまいました……眠い(=_=)



さてさて、たまにルーブル美術館展のコマーシャルが流れてあのフェルメールの《天文学者》の絵が出ますが、アレを見る度にワタクシ、酔っぱらいが薬局の前のケロヨン(カエル)に「アンタ、顔色が悪いね~」と話しかけるように、酔っぱらった異国の方が浴衣もしくはドテラをひっかけて地球儀相手に「オマエはまるくてかわいいね~いい子だ、いい子」と言っているように見えるのです……大変、申し訳ない……(◎-◎;)


私、フェルメールってフランスの画家だと思っていましたが、オランダの人なんですね。名前のイメージで判断してはいけませんな( ̄0 ̄;)


フェルメール作品で《地理学者》と《天文学者》が着ているのは「ヤポンス・ロック (=日本の着物)」と呼ばれた日本製の綿入れ半纏(丹前)らしいです。これは17、8世紀のオランダの富裕層や知識層の間で流行した衣装だそうです。

http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=youchinntamago&id=68172929


「フェルメール 着物」で検索してみると詳しいことが書いてあるサイトにもたどり着けるのではないかと…(;^_^A 『美の巨人たち』(テレビ)でも「地理学者」は取り上げられたようです。



『天文学者になればよかった』というさだまさしさんの歌があったので、タイトルにしてみましたが、天文学者って夢とロマンはあるけど、お金はなさそう~奥さんにガミガミ言われたら「星の金貨があるじゃないか」と言ってますます怒られそう(笑)



それでは皆さま、キラキラに輝くステキな1週間にして下さい(☆∀☆)!




♪男には飲ませるな~飲めばますますつけあがる~


昔、宝塚の男役トップの鳳蘭さんがマンズワインかなにかのコマーシャルでこんな歌を歌っていたような~(^o^)


前の話にも書いた北村薫さん、『飲めば都』という本が発売中!酔っぱらい編集者の女の子の恋物語。北村さんは私と同じで、甘いものが好きで酔っぱらう前に気持ちが悪くなるタイプだとか。


『酔っぱらい』のイメージは、ネクタイを頭に巻いておみやげは寿司の折り詰め…ですが(笑)今はコンビニスイーツでしょうか?


この話の主人公も酒を飲みすぎて記憶がなくなるタイプ……エピソードはいろんな人から聞いたほとんどが実話だそうですが、いやぁ、許せないわ!コチラはそれを信じるしかありませんが、本当にきれいに「ポポポ~ン♪」と記憶喪失になるものですか?


ウチのダンナも毎晩お酒を飲み、散らかして片付けないし、同じようなことをグダグダ言うので、家に帰りたくないんですよねぇ~アルコール専門病棟の看護師だったこともあるのに「アナタがお世話になったら?」なんてイヤミを言いたくなります(´д`)


お酒のコマーシャルは「女房酔わせてどうするつもり?」なんてオシャレなコピーもありますが、未成年は飲んではいけません!!飲酒運転は自転車もダメですからね!!


でもでも…時々、薬局の前にいるケロヨンに人生相談したりしたいなぁ、なんて思うワタクシにとっておきの酔っぱらいエピソードをきかせていただきたいですわ(*^^*)

↑このページのトップヘ