コウノドリ

2015年11月07日

暁雲便りNo.16:オスカーより愛をこめて

最近のSoftbankのコマーシャルが酷い……セーラームーンにアトムにゴルゴ13にケンシロウ……原作ファンをバカにしているとしか思えない(特にゴルゴ!)……auに変えスマホデビューするべきか?とか考えてしまう(~_~;)



マンガつながりで……先月発売の『ダ・ヴィンチ』に青池保子先生の「エロイカより愛をこめて」の特集があり、懐かしくなって今発売されている分を大人買いしてしまいましたわ。途中まで持っていたのですが、ひとり暮らししていた時に兄が「借りていく」と言って持っていったきり30年近く返してもらっていないので……兄ちゃん、オレのエロイカはドコにあるの?


来年で連載開始40周年!なんですが、 ダンナから「おかーさんはいつから読んでいるの?」ときかれたので「連載開始から」と言ったら「えっ、おかーさんって小学生の頃から“ホモ好き”だったの( ̄□ ̄;)!!」と言われた………なんなんだ、その言い方は!


たしかにホモホモしい展開はありますが、あのくらいでは……ねぇ?……って誰に同意を求めている!? 美術品大好きな麗しい金髪の泥棒貴族ドリアン・レッド・グローリア伯爵(通称エロイカ)と「鉄のクラウス」ことNATOの情報将校である、クラウス・ハインツ・フォン・エーベルバッハ少佐の噛み合わない美に対する価値観(古今東西いろんな美術品が出てきてフムフムします)やスパイ社会や(コードネームがまた笑える)国際情勢など面白おかしく学べることがたくさんあるというのにぃ~! ちなみにドイツのエーベルバッハ市は日本人観光客がたくさん訪れる、ファンの聖地であります(笑)



そして昨晩は金曜ロードショーで「るろうに剣心」(映画)をダラダラと見ました。「るろうに」は流れ者や放浪者を意味する造語だそうな。ジャンプ連載中もなんとなくダラダラと読んでいましたが、登場人物の関係性がよくわからない。ああ、こんな人いたわ~みたいな。そして女優陣が可愛くないのが残念な作品……なんかイメージが違うんですよね。他のキャスティングもですが。志々雄さまの藤原竜也くんは演技力があるのでOK!(笑)


イケナイ!と思いつつもやはりツッコミを入れたくなってしまうのがオバチャンの性(さが)! 処刑場シーンでは斬首といいながら、ナゼ髪を切り、首をあらわにしない?(実際は斬首しなかったのでまぁいいのか?) 船内セットはどちらかというと舞台向きでは? 来年かな、宝塚で舞台化されるそうなので、そちらにいいかもなんて思ったり……。甲板での戦闘(?)場面は斬られ役の皆さまが巧すぎる!!(笑) 刀の重量感もないし(松平健とか里美浩太郎のようなどっしりした構えが欲しい)それを持つことの重み、責任感が言葉だけで薄っぺらいような……刀剣を大事に扱っている雰囲気もないし………変にアクロバティックなチャンチャンバラバラが続いてなんだかなぁ……歯こぼれしてんじゃないの?とか三人斬ったらもう使い物にはならないんじゃあ?とか……ラストもなんかパッとしなくて……そして一番困ったのが「緋村」と呼ぶ時にバナナマンの日村が頭に浮かぶことでした~! この映画がお好きな方がいたら大変申し訳ございません!



マンガ、小説、アニメの映画化って多いですが、別作品として楽しめるものってなかなかないですね。産婦人科医の「コウノドリ」は主人公がピアニストとして登場する時のヘアスタイルが酷すぎて泣けました( TДT)




タイトルは「愛をこめて」なのにグチグチ書いてしまいましたね……すみません(´;ω;`) 11月も1週間過ぎました。なんだか気忙しいですが、皆さま、お身体に気をつけてお過ごし下さいませ。





rohengram799 at 11:07|PermalinkComments(16)

2015年10月09日

暁雲便りNo.6:HaHaの朝

シフト変更があり、休みを楽しんでいるワタクシです……こんな毎日が続いて欲しい……働きたくない……宝くじが当たらないかな……(^^;)))


毎週買っている『モーニング』に連載中の産婦人科医でピアニストという主人公のマンガ『コウノドリ』がドラマ化(なんでもかんでもドラマになったり舞台になったりでちょっとウンザリもしますがすが)……このマンガを読むとお産って本当に命がけなんだなぁって思います。マタニティマークを悪用する人とか妊婦様と揶揄されるような人たちがいるのは残念ですけど…。


そして私がかなり気にいっていた『HaHa[ハハ]』というマンガが終わってしまいました……亘江(のぶえ)というワイルドな母が息子に自分の両親の話をからめて昔話をするんですけど、本人も母親も父親もかなりクセモノでメチャクチャなところも……。下関の大きな旅館の娘で仲居さんたちもたくさんいて、頑固親父にキセル姿が似合いすぎる偉大な母。



『亘江 人間はお金を稼ぐための生き物ではないわ  楽しく生きるために努力する生き物よ…』



自分もなぁ……子どもたちにこんな言葉を遺せる母親でありたいと思いました。マンガを読むのも億劫になることがありましたが、やっぱりこういうのに出逢うといいな、やっぱりたのしいな、好きだなって思いました。



楽しく生きるために努力する……そのためには資金がないとかなしいしなぁ……がんばろう……こんなワタクシ、岸田智史さんの『きみの朝』を口ずさんでいます。



♪かわろうとする魂と よどんでしまう魂と
ああ 体じゅう輝きながら 旅立ってゆけ朝に
モーニング モーニング きみの朝だよ
モーニング モーニング きみの朝だよ






rohengram799 at 12:51|PermalinkComments(18)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ