サバ

2019年01月04日

萌月雲便りNo.6:のうさば

昨日の夕方、熊本で震度6弱の地震発生のニュースには驚きました。昼間ならまだ停電になっても外が明るいから様子がわかるけれど、日が暮れてしまうと気温も下がるし、本当に怖いです。まだしばらくは余震に注意が必要ですね。早く落ち着きますように。



「のうさば」という福岡の郷土料理を知りました。
「さば」とつくけど鯖料理ではなくて、ホシザメという小型のサメの干物から作るものでした。

http://www.city.munakata.lg.jp/w022/020/010/040/010/201501090032.html


以前「November」を「能面Bar」にしてしまったワタクシ、今回ももちろん「No! サバ」に変換ですよ……サバを獲りすぎてはいけない!って……そんな抗議行動はないでしょうが、No残業デーみたいな認識になってしまいました。イヤーね、おやぢって(;・ε・ )


ホシザメを調理した人のブログがありました。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/nak-weblog/entry-10402940772.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoAVgB


美味しいのか~自分でさばいたり調理するのはムリだけれど、食べてみたいかも(笑)



rohengram799 at 18:43|PermalinkComments(2)

2018年03月05日

桃月雲便りNo.2:ニベ

昨日は暑い!と感じる1日でしたね。昼過ぎに買い物に出かけたのですが、お天気がよかったからか、いつもガラガラなショッピングモールが大混雑でした(笑)



『江戸前の旬』という寿司マンガの話を以前も書いたと思いますが、少し前にダンナさんがまたコンビニでワイド版コミックを買ってきました。以前の「ウニ編」「サバ編」を一冊にまとめたので、30話分のスゴいボリュームでしたわ。お腹いっぱい!



第8話は「ニベ」。にべもない、と言いますが、ニベという魚がいるんですね。知らなかった!

「にべもない」とは愛想や愛嬌がない。思いやりがなく、そっけない・・・というような意味。由来・語源ですが、「にべ」とは「にべにかわ(鰾膠)」の略。海水魚ニベの浮き袋から作るにかわのこと。浮き袋を使ってグーグーと鳴くとか? 鰾膠は粘着力が強いことから、転じて、他人対して示す愛想、愛嬌の意となったそうです。




あと第7話の「イサキ」で、旬の父親が、カウンター席で言いあいになった、落ち目の女優とマネージャーの話を聞いて「詳しい事情までは知りませんが なんでもかんでも人のせいにしちゃいけません」という場面の後の言葉にグゥ~と己を反省しました。



辛い事が多いのは感謝を知らないからです
苦しい事が多いのは自分に甘えがあるからです……
行き詰まりが多いのは
自分の心が裸になれないからです!!



冬の間にカサカサになった手にはニベアを、心には輝くようなステキな言葉を塗り込みたいと思います!








rohengram799 at 09:00|PermalinkComments(6)

2012年11月01日

サバ雲便りNo.1:お元気ですか?

♪お元気ですか?幸福ですか?


11月になりました。今年もあと2ヶ月とは…全く早いものです。1並びの日なので、私もキリよく新しいお便りを発行することにしました~サバ便り!!


「さすが~魚屋のムスメ!!」ではなく~秋の雲に「いわし雲」「うろこ雲」「さば雲」の名称があり、そういえばフランス語で「サバ?」は「元気?」みたいな挨拶だったよなぁ…と思って、年内はサバで通すことにしました(((^_^;)


サバサバとサバイバルな展開にならない、おフランス的な内容を目指したいと思います!!←書きながらすでに意味不明( ̄▽ ̄;)


サバと言えば…グラシェラ・スサーナさんの『サバの女王』ってありましたよね。私『シバの女王』だと思っていました。訳詞はなかにし礼さん、だからセクシー系なんだと納得!「私はあなたの愛の奴隷」なんて幼い子が歌ってはいけない…(~_~;)


あと宝塚のショーで聞いたことがある『アドロ』や『時計(El Reloj)』も彼女が歌っていたのですね。晩秋にはちょっとせつなくいいかも…です!


♪お願いです お願いです お元気で そしてまた逢いに来て下さい…


今月もどうぞよろしくお付き合い下さいませm(__)m




rohengram799 at 18:35|PermalinkComments(13)
記事検索
月別アーカイブ