だいぶ前になりますが『終活ファッションショー』という小説についてブログ記事を書きました。

http://rohengram799.livedoor.blog/archives/50751768.html


エンディングノートも今では当たり前みたいになっていますが(書くかどうかは別にして) 「エンディングドレス」なるものが販売されているとは知りませんでした。

【エンディングドレス】
https://endingdress.com/



そして自宅供養墓なるものも。

https://tokyosankotsusya.jp/category9/

https://www.urabesekizai.com/takubo



時代とともに葬儀や供養は変化していくのは当たり前だと思いますが、あまりにもビジネスっぽくなると、う~ん( ̄~ ̄;) となりますね。


【お墓もサブスク時代】
https://ohaka.inory.jp/blogs/news/20210607