シロフクロウ

2015年01月10日

福雲便りNo.8:キセキのフクロウ~ホーッホッホッ(*^o^*)

『抱かれたし白ふくろふの子となりて』(森尻禮子)



シロフクロウは『ハリー・ポッター』で知名度がアップしましたね。普段あまり鳴き声をだすことがないとか……ですが、なわばりに他のフクロウが入ってきたときなどは「ホー、ホー」という声を出すそうです。のんきに鳴いている声ではなく、威嚇だったのか…(゜д゜)


その他に「リック、リック」や「クレ、クレ」という鳴き声、ネコのような「ミャー、ミャー」と鳴いたりもするとか……鳥というより猫に近い感じ、聞いたことがありますが、案外、鳴き声から('_'?) ちょっと横道にそれますが「烏猫(からすねこ・黒い色の毛の猫)」は江戸時代、労咳(肺結核)の者が飼うと病気が治るとする俗信があったそうです!!

 


さてさて、つい先ほど『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を読み終わりました。劇団キャラメルボックスが、2013年5月に舞台化していたんですね。知らなかった。


悪事を働いた少年三人組が一軒の廃屋に逃げ込むところから物語は始まります。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた(@ ̄□ ̄@;)!! 時空を超えて過去から投函されたのか? 三人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くことに。悩み相談の相手が自分たちの育った養護施設とゆかりのある人たちだということがわかるようになり……ミステリー&ファンタジー、最後はどうなるのかはご自身で(^◇^)


ワタクシの感想ですが……『時生』にちょっと近い物語でしょうか、過去と現在が混在している感じ。「感涙!」とかやたらに書いてありましたが、私はもうそんなにピュアではなくなったらしく……「東野圭吾さんらしい、ウマイ展開だよね」(^。^;) ナミヤ雑貨店のご主人のふざけた相談に対してのユーモラスな回答や文面から感じる生真面目さとか、悪ガキ三人組のそれぞれのキャラとか、登場人物のつながり(接点)とか、伏線とか……なんかあまりにもスムーズに読めすぎて、完成しすぎているというのかなぁ……ちょっと不満があっても、自分の気持ちにズキュン!とくるひとことがある作品の方がいつまでも覚えているものなんですよね。ツッコミながら読むのも楽しいというか……まぁコレはひねくれおやぢの戯れ言だと読み流して下さい(; ̄ー ̄A




rohengram799 at 21:55|この記事のURLComments(8)
記事検索